« 2007年1月28日 - 2007年2月3日 | トップページ | 2007年2月11日 - 2007年2月17日 »

2007年2月4日 - 2007年2月10日

2007年2月10日 (土)

お願い(記事ではありません!!)

すみません、記事ではありません。

昨晩、いつもつ使っていたPCのハードディスクが破損、保有していたアドレスから住所まで全て消失してしまいました....

恐縮ですが、昔の友人にコンタクトが取れる方法はこのブログしかないため、ブログを使って連絡しています。

ちなみにカミさんの保有していたアドレス・住所もなくなってしまいました...

で、住所・電話番号等をメールで教えてください(代わりのPCでメールだけは家内ともども使用可能になっていますので)

| | コメント (0)

2007年2月 8日 (木)

ホモチョコ

(ニュース)

・12月英製造業生産指数 前月比+0.2%(11月改定+0.2%)、市場予想+0.1%。   
・12月独鉱工業生産速報 前月比▲0.5%(11月改定+2.0%)、市場予想+0.5%。   
・米週間MBAローン申請指数 前週比▲0.2%の630.1、購入指数は▲0.8%の404.7、借換指数は+0.2%の1,943.4。   
・Q406米労働生産性速報 前期比年率+3.0%(Q306改定 +0.1%(速報比▲0.1%))、市場予想+2.0%。   
・Q406米単位労働コスト 前期比年率+1.7%(Q306改定+3.2%(速報比+0.9%))、市場予想+2.0%。

・LCHはTrading Marginを変更(下記。カッコ内は変更前のもの)。2月14日のLDNクローズ以降適用。      
アルミ $4,950/Unit($4,950/Unit)、アロイ $2,500/Unit($3,380/Unit)、NASAAC $3,200/Unit($3,400/Unit)      
銅 $13,750/Unit($18,750/Unit)、鉛 $4,500/Unit($3,100/Unit)、ニッケル $20,784/Unit($21,000/Unit)、亜鉛 $9,500/Unit($11,975/Unit)$4,950/Unit($4,950/Unit) 

・米在庫統計 原油在庫+▲0.4MB(市場予想1.2MB)、ガソリン+2.6MB(同+1.8MB)、ディスティレート▲3.6MB(同▲2.9MB)、稼働率+0.3%(同±0.0%)。
・米天然ガス在庫統計市場予想 ▲218BCF。      
・IEA 世界の石油需要は2011年まで平均年率+2.0%増加。バイオ燃料の生産が増加するものの中国の需要も伸びるため。2011年の石油需要は93.3MBD(前回発表時比▲0.4MBD)。      
米国の需要は経済の鈍化とバイオ燃料への切り替えによって385KBD減少すると予想。バイオ燃料の生産はここ2年間で1.5MBD(2006年は0.78MBD)。
2011年にNon-OPECサプライは1.4MBD減少(ノルウェーや英国等、産油量が減少している「成熟地区」からの供給減少)、Call on OPECは0.8MBD増加すると予測。
・EIA 2007年の石油需要成長は1.66MBD(前回発表時比+150KBD)、Non-OPECサプライ(含むアンゴラ)成長は1.0MBD(同▲100KBD)。
Q107のCall on OPECは30.2MBD(EIA見積)、現在の生産は28.5MBD。よってQ107には大幅な在庫の減少が予想される。OECD在庫は▲900KBDとなり、Q207に在庫積み増しは期待できない。

(市況)

「概ね下落。新規材料なく」      
 昨日の商品市場は概ね下落した。EIA統計の発表があったエネルギーは統計がブルな内容であったものの心理的な壁である60㌦を上抜け出来なかったことから反落、全体の地合いが悪化していると考えられる非鉄金属は値を切り下げた。昨日上昇したのは一部の貴金属とソフトコモディティのみであった。株式市場は米国株式が企業好決算を受けて続伸。新興国株はまちまち。ブラジルボベスパが大幅に水準を下げている。日本株は、G7で円安(というよりユーロ高)が議論される見込みであることから下落。 

(ひとりごと)

さて。   
   
今年の日本は暖冬で、殆どスキー場には雪がなかったみたいである。   
スキー人口も減っているので、スキー場は大変だろう。   

しかし、ブームってのは不思議だなと思うが、私が学生の頃であった1990年台は、なぜあれほどの人々がスキーに夢中
というか、スキー場に行くことに夢中になったんだろうか?
今でこそ疲れちゃうのでスキーに行くときは電車なんだけど
昔は必ず車であった。
松任谷由美とか、Zoo(あぁ、古い...)のCDを積み込んで。

それで

スキー旅行の間にカップルの関係が進捗する、というのが世の中の「きまり」であった。
まぁ、恋人達がステップアップしてゆくのに、ディズニーランドに行ったり、旅行したり、というのは必要である。
その中でスキーと海、というのは学生にとってはとても重要なイベントの1つであった。

でも

最近そういうところにいく若者が少なくなっているような気がする
今の若者はどういった場所で愛をはぐくんでいるのだろうか?
やっぱりスキーや海は厳然と人気があるんであろうか?

自分の両親の頃は「合ハイ」で仲良くなるのがフツーであったように、
スキーや海も過去の遺物なのだろうか。
と、考えるとやはりバレンタインデーやクリスマスは引き続き重要な日なのだ。

朝、半分寝ぼけてニュースを見ていたら

「最近巷では、『ホモチョコ』なるものが流行っている」

ホモチョコ!!!!

世の中、男性の女性化が進んでいる、と聞きましたがついにここまで来たのか...。
と、思ったら、違いました。

「友チョコ」

だそうです。
女の子が女の子にチョコを上げるのだ。

もったいないから、やめなさい

と、言いたい。

| | コメント (0)

2007年2月 7日 (水)

剣道

(ニュース)

・インドネシア中銀 政策金利0.25%引き下げ9.25%に。      
・12月製造業新規受注 前月比▲0.2%(11月改定+0.8%(速報比▲0.7%))、市場予想+0.5%。      
・豪中銀 政策金利を6.25%に据置き。    

・1月OPEC11生産量 ▲160KBD(ナイジェリアの輸出停止等で)。2月のナイジェリアの輸出は950KBD減少し2MBDとなる見込み。

(市況)

「概ね上昇」      
 昨日の商品市場は概ね上昇した。特段新規材料はなかったが、RK問題が若干落ち着いた非鉄金属は買戻しが優勢、北米の気温低下が続いているエネルギーは上昇を持続した。

(ひとりごと)

今朝方、カミさんが抱き枕で私を叩いてきた(まぁ、じゃれてきただけなんですが)。   
   

「面!」   

「胴!」

「しこ!」   
   

しこ!?

四股はねぇだろう。   
そんな恐ろしいところを叩かれたら、大変だと思われるが。   
   
朝、軽く笑った。

| | コメント (0)

2007年2月 6日 (火)

雷電池児童公園-その②

(ニュース)

・アメリカン・メタルマーケット誌「レッドカイトマネジメントは、LMEアルミニウム在庫の殆どを保有している」と指摘。真偽の程は定かではない。   
・BHP Billiton Cerro Colorado Copper Mine(115KMty)、労使妥結。      
・Singapore Tin Industries当初計画どおりの18KMtの錫生産に戻すと発表。当初、インドネシアからの供給減により33%カットの年12KMtにする予定であった

・アルジェリア ヘリル鉱業相「Q207に原油価格は下落するものの、バレル50㌦を上回る水準で推移するだろう」

(市況)

「まちまち」      
 昨日の商品市場はまちまちであった。ファンド大幅損失の可能性が報道された非鉄金属市場は買戻しの動きと、手仕舞い売りの動きが交錯し、まちまちの展開。エネルギーは一旦利食い売りで下値を固める展開となった。
 株式市場もまちまちであった。 

(ひとりごと)

答えは

「かんだちがいけ」      

です。      

読めないですよねぇ。
ということで、由来を調べてみたらでてました。
大体まとめると以下のような感じです。

雷電神社の横に「雷電池」があり、そこに大蛇が住んでいた。
しかしながら雨が降らずに池の推移が低下してしまったために、別雷電神社の池に移ってしまった。
そのために雨が降らなくなってしまい、困った村人が大蛇の移った雷電神社の池の水を持って雨乞いをしたところ
たちまち大雨が降ってきた。

というもの。
一応この雨乞い行事は結構大きなイベントらしく、4年に1回竜神をかたどった山車が町を練り歩くらしい。

ちなみに雷電神社は日本各地にあり、火雷神(ほのおいかずちのかみ)、大雷神(おおいかずちのかみ)、別雷神(わけいかずちのかみ)を祭っているらしい。
「らいでんじんじゃ」と読むところもある。とのことであった。
つまり、なんで「かんだち」と読むかは不明なのである(私が調べた範囲では)

うーん。
日本の地名は難しい。
ニンテンドーDSとかで、変わった地名の読み方ソフトがあっても面白いかも知れないな。

| | コメント (0)

2007年2月 5日 (月)

雷電池児童公園-その①

(ニュース)

・12月米製造業機械受注 前月比+2.4%(前月確報+1.2%(速報比+2.3%))、市場予想+1.9%。   
・1月米雇用統計 非農業部門雇用者数 前月比+111千人(前月確報+206千人(速報比+39千人)、市場予想+150千人。   
・1月米失業率 4.6%(前月4.5%)、平均時給 前月比+0.2%、前年比+4%(前月+0.4%)、市場予想 前月比+0.3%。   
・1月ミシガン大消費者マインド指数 96.9(12月確定91.7(▲7.3))、市場予想98.0。

・ブラジルのCBA Smelting Capacityを拡大、2ヶ月以内に405Mtyから475Mtyに。さらに2011年までに615Mtyに拡大の予定。
・ギニアのゼネスト、終了したかと思ったが「大統領の交代を求め、来週ストライキを再開する可能性」を示唆。      
・ロシアのChelyabinsk Zinc の亜鉛と亜鉛合金の2006年の生産は148,384Mt(前年比+27.5%)に。2007年は165KMt(前年比+11%)の計画。
・レッド・カイト・マネジメントが運用する金属トレーディングのファンド(運用資産1,210億円)が、1月24日までの1年間で運用資産の20%を失った。
 この数字は1人もしくは1社の投資家に示された非公式な見積もりとのこと(ウォール・ストリート・ジャーナルより)。

・イラクの1月の輸出は1.29MBD(12月1.44MBD)。      
・イラクの首都バグダッドで自爆テロ発生。少なくとも130人が死亡、負傷者は200名を越えた。      
・ロシアの1月の原油生産は、9.85MBD(前年比+4.5%)。      
・メキシコ湾Thunder Horse油田(250KBD)は2008年中旬に生産開始の見込み(度重なる延期)。      
・ナイジェリアのオイル関連業種労働者、業務の安全を求めてスト実施の可能性。

(市況)

「まちまち」      
 週末の商品市場はまちまちであった。ファンド大幅損失の可能性が報道された非鉄金属市場は、相場自体が膠着していたこともありファンダメンタルの本当に強いニッケル以外は大幅に下落した。エネルギーは気温低下予報と地政学的リスクの高まりなどをうけてショートカバーの買いが入り上昇。
 株式市場は米雇用統計が市場を下回る内容であったことから、利上げ懸念が遠のく一方で景気自体の回復が緩やかであるとの見方が広まったためか、一旦利食い売りが入り水準を切り下げた模様。

(ひとりごと)

世の中の人々は、現在のマーケットでヘッジ、やってるんでしょうか?      
消費者は「やりどき」のような気がするんですが....      

さて、仕事っぽい話はさておき。

週末ゴルフに行った。
スコアは聞かないで下さいね。
坂戸近辺のゴルフ場である。

今日はゴルフの話ではないんだが、鶴ヶ島インターを降りたあたり、非常に変わった地名が多い。
例えば、下のようなものである。

脚折

「あしおれ」と読むのかと思ったら「すねおり」が正しいらしい。
ワープロもキチンと変換してくれる。

そういった地名の中に以下のようなものがあった。

雷電池児童公園

らいでんいけじどうこうえん?
かみなりでんちじどうこうえん??

ちなみに上記の2つとも不正解なのですよ。
どう読むと思いますか?

ということで、続きは明日。

| | コメント (0)

« 2007年1月28日 - 2007年2月3日 | トップページ | 2007年2月11日 - 2007年2月17日 »