« 2007年1月14日 - 2007年1月20日 | トップページ | 2007年1月28日 - 2007年2月3日 »

2007年1月21日 - 2007年1月27日

2007年1月26日 (金)

ついに何にも思いつかない日が来た!

(ニュース)

・Q406韓GDP 前期比▲0.8%(Q306 +1.1%)、市場予想+1.0%。      
・2006年中国固定資産投資 前年比+24.5%(1-11月+26.6%)、市場予想+26.3%。      
・12月中国小売売上高 前年比+14.6%(11月+14.1%)、市場予想+14.3%。通年 前年比+13.7%。      
・12月中国鉱工業生産 前年比+14.7%(11月+14.9%)、市場予想+15.0%。通年 前年比+16.6%。      
・12月中国GDP 前年比+10.7%の20兆9,400億元(前年+10.4%)、市場予想+10.2%。      
・12月中国CPI 前年比+2.8%(11月+1.9%)、市場予想+1.9%。通年 前年比+1.5%。      
・1月独IFO景況感指数 107.9(前月108.7)、市場予想109.0。      
・米週間新規失業保険申請者数 前週比+36千人の325千人(市場予想310千人)。クリスマス商戦終了後の調整の影響か。
・12月米中古住宅販売 前月比▲0.8%の622万戸(前月改定 +0.5%の627万戸(速報比▲1万戸))、市場予想625万戸。
・Xstrata Sudbury鉱山の労使交渉、以前、賃金交渉を開始していない。      
・12月中国の非鉄金属需要      
アルミ806KMt(前年比+25%)、銅340KMt(同+18%)、鉛209KMt(同+22%)、ニッケル23KMt(同+36%)、錫11KMt(同▲8%)、亜鉛263KMt(同▲6%)      
・2006年中国の非鉄金属需要      
アルミ8,170KMt(前年比+25%)、銅3,532KMt(同▲2.0%)、鉛2,257KMt(同+18%)、ニッケル189KMt(同+14%)、錫144KMt(同+20%)、亜鉛3,116KMt(同+4%)      
・2006年中国の非鉄金属輸入(単位:KMt)      
銅 101.34(前月比+29.59)、粗銅367.26(+31.5)、アルミ31.31(▲3.75)、アルミナ544.62(▲107.82)、鉛5.72(▲1.09)、ニッケル10.42(▲0.13)、錫1.08(▲0.44)、亜鉛55.25(+34.24)      

・2006年中国の非鉄金属輸出(単位:KMt)      
銅 3.44(前月比▲0.77)、粗銅0.03(+0.03)、アルミ80.27(▲16.48)、アルミナ0.47(▲2.92)、鉛58.68(▲13.34)、ニッケル2.87(+0.85)、錫2.82(▲0.19)、亜鉛81.91(+35.37)
・BHP Billiton, メキシコ湾での開発プロジェクト(原油200KBD、天然ガス170MCFD)が労働力・物品の不足等で当初予算を50%上回る見通しと発表。
・12月中国の石油製品生産
ガソリン1,284MBD(前年比+6%)、ディーゼル2,493MBD(同+18%)、ジェット燃料188MBD(同▲6%)、重油638MBD(同▲27%)、LPG793MBD(同+12%)
・2006年中国の石油製品生産      
ガソリン1,218MBD(前年比+9%)、ディーゼル2,389MBD(同+7%)、ジェット燃料250MBD(同+12%)、重油875MBD(同+4%)、LPG720MBD(同+3%)
・12月中国原油輸入2.72MBD(前年比+2.6%)      
・2006年中国の石油製品国内販売 前年比+36.2%。      
・OPECハミリ議長「米SPR積み増しが原油価格を下支え。中国も同様の動きを見せている」   

(市況)

「まちまち」      
 昨日の商品市場はまちまちであった。エネルギーは米統計がマイルドにベアな内容であったことから一旦利食い売りの動きが、非鉄金属は中国の強い経済統計を背景に上値を試す動きとなった。農産物はまちまちであった。
 米株式は下落。企業決算の悪化等が嫌気された様子。

(ひとりごと)今日は何にも思いつかなかったので、短いっすよ。   
昨日の雑感の中で「金平糖」がでてきたが、   
   
「こんぺいとう」って、打ち込んで漢字変換したら、
「コンペ伊藤」
と出てきた。

以上

| | コメント (0)

2007年1月25日 (木)

モテ男モテ女

(ニュース)

・Q406豪CPI 前期比▲0.1%(Q306+0.9%)、市場予想+0.2%。予想に反して下落。      
・Q406英GDP速報値 前期比+0.8%(Q306 +0.7%)、市場予想+0.7%。      
・米MBAローン申請指数 前週比▲8.4%の611.3、購入指数▲8.4%の402.7、借換指数▲9.6%の1848.8      
・ニュージーランド中銀政策金利を7.25%で据え置き。      
・ブラジル中銀政策金利を0.25%引き下げ、13.0%に。      
・Q406韓国GDP 前期比+0.8%、市場予想+1.0%。

・インドネシア Bangka地区のPT Koba Tin(Bangka地区第二位のSmelter)に警察が立ち入り検査。      
・中国Baosai Minerals GroupはAluminaの生産キャパシティを400KMt拡大の予定(これにより、600KMt/年に)。      
・Nalcoは30KMtのアルミナを入札でUSD352.73Mt FOBで売却。      
・中国Jiangxi Copper関係者「精錬銅の在庫は殆どない。現在メンテナンスの影響が出ている。今の在庫は1,000Mt程度」

・メキシコの12月原油資産は3.384MBD(前年比▲434KBD)      
・Alaska North Slopeの生産は先週の金曜日から14%低下。Valdez港のタンカースケジュールの影響で、同地区のタンクがキャパシティ一杯になっていることから。
・OPECハミリ議長、3月総会で減産の必要はない。
・米在庫統計 原油在庫+0.8MB、ガソリン+4.0MB、ディスティレート+0.8MB、稼働率▲0.5%。

(市況)

「上昇」      
 昨日の商品市場は軒並み上昇した。一昨日の地合いを引き継いでの上昇であった。エネルギーは米統計がマイルドにベアな内容であったものの、米国の戦略備蓄積み増し報道と寒波到来等を材料に結局上昇。非鉄金属は一昨日同様、個別材料で買われている色彩は強いものの総じて上昇、貴金属もしっかりであった。農産物は米一般教書演説は(農産物にとって)新味がなかったことから一旦利食い売りが入ったため、下落している。
 各国株式は堅調に推移している。

(ひとりごと)

この前とあるバーで飲んだときに、「男女とも、どうやったらモテるか?」のみに焦点を絞った雑誌がおいてあった。   
面白そうなので1冊拝借(あ、もちろん無料で配っていたんですけど)して、家で読んでみた。   
   
念のため言っておきますが、こんなフリーの雑誌を拝借してまでモテようとは思っていません(きっぱり)。   
   
で。

その中に、「こんなプレゼントいらない!!」コーナーがあった。
興味本位で読んでみると信じられないコメントがたくさん載っていた。
例えば、

「京都のお土産で金平糖をもらった。そんなものいらないから、もっと別のものなかったの?」

あのー、おそらくその金平糖って、緑寿庵の金平糖だと思うんですが...
でもですね、この店販売個数限定で、並ばないと買えないんですけど。
京都まで行って、わざわざ行列して買った彼の気持ちを考えると胸が痛む。
まあ、知らなかったんでしょう。でもですね、この他にも

「彼氏と買い物に行って、『あ、これ可愛い、欲しいな』といったら、誕生日にプレゼントしてくれた
でもあの時は可愛いと思ったけど、今は可愛いとちっとも思わないのでもういらない。」

えええええッ!!!
マジですか!?

今の世の中、女の子が「欲しい」って言うものを買っちゃダメなんでしょうか?
うーむ。
昔に比べて明らかに今の世の中はモテるために難しい世の中になっているようだ。

私の義理の母親は、結婚前、

「義理の父はデートの時に、たくさん菓子パンをくれたので、良い人だと思って結婚した」

らしい。
時代ですねぇ。
菓子パンをたくさんくれたので結婚しました、というのもどうかと思うが、人間これぐらいでよいのでは、と考えさせられてしまった。

| | コメント (0)

飛行機に乗るとツイてない再び-その③

(ニュース)

・中国の2006年固定資産投資は前年比+24%。      
・12月米景気選好指数 前月比+0.3%(11月改定±0.0%(速報比▲0.1%))、市場予想+0.2%。

・インドネシア政府 「錫輸出はMiningライセンスが必要。輸出に際し、Ingotは99.85%の純度が必要。輸出の際は1ヶ月以内に申請が必要。新しいルールは1月22日付けで発効している」      
・ギニアのゼネストに終焉の兆しなし。CBG(アルミナ生産量13MMt/年)の生産に影響が出ている状態が継続。 

・Xstrata Sudbury鉱山の労使交渉は「多少進捗(労働者サイド)」      
・ペルーの2006年の銅輸出は前年比+77%の60.3億㌦に(亜鉛は19.9億㌦)。      
・BHP Billiton Cerro Colorado銅鉱山(120KMt/年)の労働者は、賃上げ率がインフレ率+2.0%では低すぎ(7%の賃上げを要求)である、とコメント。
・米ボドマンエネルギー省長官「今後20年間で戦略備蓄を1,500MBに積みます計画(日量100KBD)」

(市況)

「上昇」      
 昨日の商品市場は上昇した。米国の戦略備蓄積み増し報道と寒波到来等を材料に、エネルギーは大幅に上昇。非鉄金属は個別材料で買われている側面はあるものの総じて上昇、貴金属は対ユーロでドルが下落したことなどを支援材料として軒並み高となった。農産物は米国のバイオ燃料使用拡大計画を背景として買われている。
 米株は一昨日の下落から反転、上昇に転じている(30日のサポートラインでサポートされた格好)。

(ひとりごと)

それでは、最後の悲劇を。オージーは陽気であるがゆえにおこった当然の結末です。   
   
やっぱり奴らも、さんざ飲んだ結果、眠くなったらしくふたりそろって寝付こうとしました。   
当然、そこまで太っているので、リクライニングしないと眠れません。
まず、男が、無事にリクライニングしました。

次に・・・・・・

多分「バキッ」ていう音と共に怪物はビジネスクラス並みにリクライニングし(即ち壊した)
私の両膝を破壊し、私が絶叫をあげるよりも大きな声で、怪物は恐怖の絶叫を上げ、機内のほぼ全員が起きたのでは?

更に次の瞬間、愛する妻の危機を理解した夫は、助けるために大きく後ろに体重をかけるものだからたまりません。
仮に固定された3席は、揃って、後ろに倒れることになり私の隣2名も同じ目に、かわいそうなのは、少女A。
アイマクスして寝込んでいたのが、急に後ろに倒れまさにスペースシャトルの発射時の状況に、その上、飛行機にいることを思い出したのか、パニックに陥って絶叫しました。

******
うーん。凄いですね。
さすがに私もここまではありませんでしたよ。
結局密閉された空間に人が、長時間押し込まれているため、こうしたドラマ?が生まれるんですな。

さあ、明日から普通の雑感に戻るんですが、これより面白いのは...難しいかも。
Mさん、寄稿ありがとうございました。

| | コメント (0)

飛行機に乗るとツイてない再び-その②

(ニュース)

・サンフランシスコ連銀総裁「米国は持続不能な長期的な財政赤字に直面しているものの、足許の財政赤字は懸念していない。インフレが鈍化しなければ非常に大きな懸念」      
・中国 曽副首相、戦略的な資源を買い入れるために外貨準備を活用する。鉱物資源のための備蓄メカニズムを構築したい。

・Codelco, 12月から地すべり事故の影響で停止しているChuquicamata鉱山の操業を来月再開の見通しと発表。      
・ギニアのゼネストに終焉の兆しなし。CBG(アルミナ生産量13MMt/年)の生産に影響が出ている状態が継続。      
・Xstrata Sudbury鉱山の労使交渉は継続中。      
・南ア Hillside, Bayside Smelter(BHP Billiton)、電力障害で生産停止(週末のニュース)。

・新日石、韓国SKと資本・業務で提携を発表。      
・IMFラト専務理事、2007年の原油相場見通しを、昨年9月に発表した水準から30%低い水準に見直し(52-54㌦程度、9月予想は75.5㌦)
(市況)

「まちまち」      
 昨日の商品市場はまちまちであった。エネルギーは寒波到来等を材料に、55㌦に迫る局面も見られたが、やはり10日移動平均レベルまで値を切り下げた。非鉄金属は堅調なファンダメンタルを背景に上昇。貴金属はしっかりであった。農産物は米週間輸出検証高が予想を下回ったことなどから軟調。
 堅調に推移していた株式市場は、新興国株が堅調であったものの、米株式は相場水準が極めて高いレベルまで上昇していることから、利食い売りが出た様子。独Dax等も下げている。株式市場の雰囲気が微妙に変化してきた可能性がある。

(ひとりごと)

怖ろしい夜でした。   
1.斜めなので、私の前のビデオモニターが、斜め。頬杖着いて見ると丁度良かった。   
2.斜めなので、ビールの缶がテーブルに止まらない。本当です。斜めにスーッと滑っていくんです。   
3.奴らは二人で機内のビールを飲み干した。(飲み干そうとした。)
4.結果、トイレに行こうとするのだけど、席からはずれないんです。だんなが協力しても。
「かぶ」を畑から引き抜くのに、じいさん・ばあさんだけでなく、色々な動物が協力する童話知ってます???それ、スッちゃんみんなで手伝って、はずした結果、見事に外れました。椅子が・・・・飛行機から・・・・A席の美少女ごと・・・・3席ごと・・・この怪物は立ち上がりました(作ってませんよ、本当です。)
席を固定しているネジごと引き抜きました(怪物のというより、だんなの底力だと思いますが・・・・)
5.結局ぬけた怪物はトイレに行きましたが、エコノミーのドアは折りたたみ式の内側に開ける奴・・・・入ったら、ドアが閉められなくて・・・・ファーストの方に案内されてた。

恐怖に怯える少女Aは、眠りたいけど隣は酒臭いわ、うるさいわ、煌々と灯りをつけているわ で寝れない。
後ろを振り向いた少女Aは、私の手にアイマクスが握りしめられているのに気付き、泣きそうな目で私を見た。見事なアイコンタクトである。
すっごく可愛いので次の瞬間には貸してあげていた。私は貸したつもりだったのだが、彼女は違ったらしく、返してくれなかった。まあいっか。

そして、皆が寝静まったころ、最後の最も悲劇的な事件は起こった。

(続く)

| | コメント (0)

2007年1月22日 (月)

飛行機に乗るとツイてない再び-その①

(ニュース)

・12月英小売売上高指数 前月比+1.1%(11月改定+0.2%)、市場予想+0.6%、前年比+3.7%(市場予想+3.2%)。      
・1月米ミシガン大消費マインド指数速報 98.0(12月91.7)、市場予想92.2(2004年1月以降、最高の水準)。 

(市況)

「しっかり」      
 週末の商品市場は軒並み上昇した。主要商品で下落したのはCbot Cornぐらいであった。その他に関してはエネルギー、非鉄金属、貴金属、ソフトとも上昇している。

(ひとりごと)

私の飛行機コメントに反応した読者の方が、非常に面白い雑感を送って下さったので、匿名で掲載します。   
   
私にとっての飛行機での事件は、   
「山よりもでかい女」です。   
シンガポールにいた時のこと、夜行で東京に・・・しかも、エコノミーで満席状態というつらい旅。   

私の前の列は、A席に美少女が(・・・あとで香港の娘ということがわかったが)、B・Cは空席
移ろうかなあ と思っていたら、機内アナウンス「最後のお客様の搭乗を・・・」
「バカヤロウ」こんな夜中に待たせるな!(まあ、いっか、酒飲んで寝よ。)と思った時、

乗って来ました。伸長180cmオーバーのオージーガイが、筋肉の塊・・・絶対こいつはラグビーやってる、ワラビーズだと思った。
でも、なんかぼやけて見えるんです、奴の輪郭が。酒かな、いや違う、何かいる、奴の後ろに。奴よりでかい。

見事な、蚤の夫婦でした・・・・・・・奴は推定185cm、100kg・・・しかし、かみさんは、185cm、200kgオーバー
私は小錦を直に見たことがない。しかし、奴のかみさんは、小錦の着ぐるみを着ていたに違いない。

3列席の真ん中に、奴が、通路側(私の前)に怪物が座った、いや座ろうとした。
入らない。あきらかにあふれている。
ところが、この怪物はジャージ(なんだろうと思う)を穿いている(というより下半身の肉周りに張り付かせている)。
何を始めるのかと思ったら、夫婦で左右の肉をつまみあげ始めた。(多分そこがケツ周り、あるいは胴まわりなんだろうが、)
丁寧に肉を持ち上げつつ、少しずつ席に腰をおろしていく。

つっかえが取れたのか、ズドンと怪物が椅子にくっついた(くっついたが正に正しい)。
その瞬間、A席の娘がシーソのように飛び上がった・・・ように見えた。
実際におちついてよくみてみたら、前3席が右側にひしゃげている。斜めなのである。

そして、その後、あの悲劇的事件がおきた。

(続く)

| | コメント (0)

« 2007年1月14日 - 2007年1月20日 | トップページ | 2007年1月28日 - 2007年2月3日 »