« 2007年1月7日 - 2007年1月13日 | トップページ | 2007年1月21日 - 2007年1月27日 »

2007年1月14日 - 2007年1月20日

2007年1月19日 (金)

飛行機に乗るとツイてない-その③

(ニュース)

・日銀、政策金利据え置きを決定(予想外)。      
・米週間新規失業保険申請者数 前週比▲8千人の290千人、市場予想314千人。      
・12月米消費者物価指数 前月比+0.5%(前月±0.0%)、市場予想+0.4%。コア指数 前月比+0.2%(前月±0.0%)、市場予想+0.2%。前年比+2.5%(前月+2.0%)、コア前年比+2.6%(前月+2.6%)。      
・12月米住宅着工 前月比+4.5%の164.2万戸(前月改定157.2万戸(速報比▲1.6万戸))、市場予想156.5万戸。      
・1月フィラデルフィア連銀指数 8.3(前月改定▲2.3(速報比+2.0))、市場予想 3.1。予想を上回る強い内容。

(市況)

「まちまち」      
 昨日の商品市場はまちまちであった。エネルギーはEIA、IEAのベアな統計・レポートを受けて下落、非鉄金属は特段材料がない中個別の動きとなった。
 注目していた日銀の金融政策決定会合では、予想外に金利が低い水準に据え置かれることとなった。これにより株価が上昇しており、商品市場よりも株式市場、といった動きが鮮明になる可能性が高い。

(ひとりごと)

自然の摂理で、食事で腹が満たされると人間眠くなるのは皆さんも経験があろう。   
やはり、国が変わってもこの摂理は変わらないらしく、黒人も眠り始めた。   
当然、縮こまることなく。   
今まで申し訳なさそうにしていたあの手は私のほうまでだらしなく延びてくる。   
   
しかも、私の股間の上に手が来るのだ。

「ああ、こんなところに手が..。」

と思うが、その頃私はマトモに英語がしゃべれなかった。
なので、「眠ってしまえばいいや」と思い我慢した。
ところが、この黒人、暫くするとヘンな声を出し始めた。
英語で言っていたけど、正確な文章は覚えていないので、日本語に訳して書きます。

「おぉ、おぉ、やめてくれ。うふふ」
「やめろって言っているだろ、ハニー」

Σ( ̄ロ ̄lll)  ええッ!!

そんな夢見てるの!?

この人、ずっと薄ら笑いを浮かべて楽しそうにしているのだ。
その間、彼の手は私の股間に!!

「お父さん、お母さん。私はいけない道に入ってしまうかも知れません」

と、思うと涙が出てきた。
目じりに涙をためながら、憎憎しく、黒人をにらみつける。
でも、起きないですよね。にらんだって。
向こうは「楽しい」夢を見ているんですから...。
と思ったら、隣に座っていた友人も眠り始め、私に寄りかかってきた。
もう、だめだ。

結局次の機内食がでるまで、このままであった。
それ以来、飛行機に乗るときには必ず通路側をお願いしている。

人に歴史あり。

| | コメント (0)

飛行機に乗るとツイてない-その②

(ニュース)

・12月独CPI確報 前年比+1.4%(速報比▲0.1%)、市場予想+1.5%。      
・12月英失業率 前月比▲5,500人(11月改定 前月比▲7,900人)、市場予想▲3,500人。      
・タイ中銀、政策金利を4.9%から4.75%に引き下げ。      
・12月東京消費者態度指数 一般世帯45.9(前月比▲2.8)、単身世帯47.6(▲1.9)、総世帯46.3(▲2.6)。      
・12月米CPI 前月比+0.9%(前月+2.0%)、市場予想+2.0%。      
・11月対米証券投資 684億㌦の買い越し(前月確報853億㌦(速報比+30億㌦))、市場予想750億㌦。      
・12月米鉱工業生産 前月比+0.4%(前月確報+0.1%(速報比▲0.1%))、市場予想+0.1%。

(市況)

「まちまち」      
 昨日の商品市場はまちまちであった。エネルギーはテクニカルに買戻しが入り、上昇。非鉄金属はLME在庫の水準を受けて個別商品ごと、まちまちの展開であった。 目先の注目材料は日銀の金融政策。今のところ利上げは見送られる可能性が高い。また、じりじりとFreightコストが上昇しており(Dirty Tunker Rate, World Scale とも上昇)、産油国からの荷動きが活発であることが伺われる。

(ひとりごと)

この黒人、本当にデカい。   
普通、飛行機の席に座るときに「どちらにひじ掛けの所有権があるか?」無言のうちに争いがあるのだが、   
この人、普通に座るとひじ掛けをはるかに越えて私のところまで手が来てしまうのだ。   
申し訳ないな、と思いつつカタコトの英語でお願いする。
   
「申し訳ないだが、手を引っ込めてもらえないだろうか?」   

彼は鬼のような形相で私をにらみつけてきた。

「殺される!」

と思ったが、あっさり、

「おお、ミスター申し訳ない。手がそちらに行かないように気をつけるよ」

と、快諾。
その後、信じられないぐらい小さく縮こまり始めた。

申し訳ないな...と思ったが10時間を超えるフライトである。
縮こまりながら機内食を食べ、酒も入り全員が就寝モードに入ったその瞬間、事件が起きた。
(続く)

| | コメント (0)

飛行機に乗るとツイてない-余談

(ニュース)

・11月インド鉱工業生産 前年比+14.4%(10月改定+4.4%)、市場予想+11.3%。      
・12月米輸入物価指数 前月比+1.1%、市場予想+0.6%。除く石油 前月比+0.4%。      
・11月米企業在庫 前月比+0.4%(10月改定+0.2%(速報比▲0.2%))、市場予想+0.4%。      
・11月米企業売上高 前月比+0.5%(前月▲0.2%)、在庫比率1.3ヶ月(前月1.31ヶ月)。      
・12月米財政収支 445億㌦の黒字(前年同月110億㌦の黒字)、市場予想256億㌦の黒字。      
・12月英PPI 前月比+0.2%(11月±0.0%)、市場予想+0.1%。      
・12月英CPI 前年比+0.6%(11月+0.3%)。前年比+3.0%(11月2.7%)、市場予想+2.9%。      
・1月独ZEW景況感指数 ▲3.6(12月▲19.0)、市場予想▲10.0      
・1月NY連銀製造業景況感指数 9.1(前月22.2)、市場予想19.3。      
      
・本日で阪神淡路大震災から12年。震災で亡くなった方のご冥福を心よりお祈りいたします。

(市況)

「まちまち」      
 昨日の商品市場はまちまちであった。エネルギーはファンダメンタルの弱さを反映して下落、非鉄は独ZEW指数の改善などを受けて上昇した。今のところ株式市場の方が好調であるため、こちらを選好している可能性が高い。
 目先の注目材料は日銀の金融政策。先週までは利上げ実施の可能性が高かったが、据え置きの可能性も高まってきており利上げ実施をある程度織り込んでいたことから金利が据え置かれたときの金融市場に与える影響を見定める必要がある。

(ひとりごと)

飛行機の話の続き。   
と、思ったけど、前回の雑感に反応した方からのメールの内容が面白かったので、披露することにする。   
続きはもうちょっと待ってね。   
   
********   
確かにウルトラマンのスペックは、
身長:40メートル
体重:3万5千トン

だから、隣に座ろうとした巨人が
身長:30メートル
体重:2万5千トン、でもおかしくないかもしれない。

しかし一世を風靡した「空想科学読本」の方法論を用いれば、明らかにおかしいことに気がつく。

即ち、身長が30メートルならば、身長2メートルの15倍だから、体積は15×15×15=3375倍
なのに、体重は2万5千トン=25百万キログラム=100キロ×25万倍
すると、比重は25万÷3374≒74倍

因みに、フツーの人体の比重は約1。
となると、その巨人は金(ゴールド)の3倍以上の比重を持つ物質でできていることになる。
勿論、そんな物質はこの地球上に存在しない。

逆に、もしゴールド製の巨人なら、フツーの体型より√3倍太い必要があります。
或いは、もしタンパク質とカルシウムでできているなら、フツーの体型より8倍強太る必要があります。
超メタボリック体型です。

尚、釈迦に説法かもしれませんが、空っぽのジャンボ機の重量でも200トン未満です。

以上

| | コメント (0)

« 2007年1月7日 - 2007年1月13日 | トップページ | 2007年1月21日 - 2007年1月27日 »