« 2007年5月27日 - 2007年6月2日 | トップページ | 2007年6月10日 - 2007年6月16日 »

2007年6月3日 - 2007年6月9日

2007年6月 8日 (金)

アメリカ人

(ニュース)

・米MBA住宅ローン申請指数 ▲1.7%の625.3、購入指数+1.5%の433.6、借換指数▲6.3%の1,757.1。   
・Q107米労働生産性改定値 前期比年率+1.0%(速報比▲0.7%)、市場予想+1.0%。   
・Q107米単位労働コスト改定値 前期比年率+1.8%(速報比+1.2%)、市場予想+1.3%。   
・NZ中銀、政策金利を25bp引上げ8%に。   
・5月中国貿易黒字 前年同月比+50%の195億㌦、1~5月期は828億㌦の黒字(前年同期比+78%)。   
・ECB、政策金利を25bp引上げ4%に。利上げはインフレリスク抑制のため。短期的なインフレ見通しは原油相場で決まる。      
・ブラジル中銀 政策金利を50bp引き下げ12%に。      
・BOE、政策金利を5.5%に据置き。      
・インドネシア中銀、政策金利を25bp下げ8.5%に。      
・5月豪雇用者数+39.4千人、失業率4.2%。      
・米週間新規失業率 前週比▲1千人の309千人、市場予想312千人。労働市場は堅調。

・LME「LME指定倉庫在庫の25%以上を保有する2社以上の企業は他の企業に対して、一定の料金で現物を貸し出す必要があるが、この賃貸料を200㌦から20㌦に引き下げる」

・米在庫統計 原油在庫+0.1MB(市場予想+0.3MB)、ガソリン+3.5MB(+1.6MB)、ディスティレート+1.9MB(+0.8MB)、稼働率▲1.5%(+0.5%)。      
・(一昨日のニュース)トルコ軍がイラク北部のクルド人過激派を捜索するためにイラクに進行。      
・Marathon Canton製油所(73KBD、オハイオ、P2)、サルファーユニット稼動再開。      
・Valero Port Arthur製油所(325KBD、テキサス、P3)、プラント内の加熱装置が故障。      
・OPECハミリ議長「緊急会合開催の必要はない」

(市況)

「まちまち」      
 昨日の商品市場はまちまちであった。ファンダメンタルの強いエネルギーはベアな米統計、サイクロン問題をこなし堅調に推移、非鉄金属はレンジワークを続けており、小幅下落(ニッケルは新規制の影響もあって大幅に低下)。ソフトは再びコーンベルトの水不足が指摘されたことから上昇、貴金属は北朝鮮ミサイル発射のニュース等もあってドルが強含んだことから値を下げている。
 とにかく今月は欧米投資銀行の半期決算の月であり、各商品で手仕舞い売りの動きが活発化する可能性が高い。もちろんそのときの市場環境にも拠るが、特に株価動向を注視する必要があろう。

(ひとりごと)

昔、友人と一緒にディズニーワールドに旅行に行った事がある。
ディズニーワールドはアメリカ的に非常に大きく、山手線の敷地がすっぽり入るほど広大だ。
当然、ホテルもワールドの中に大量にあり、各ホテルにはプールがついている。

ある朝、友人と朝飯を食べた後、プールの脇でたたずむアメリカ人の会話を聞いた。

A「雨が降っているな」
B「そうだ。雨が降っている」
C「寒いな」
A「ああ、寒い」
B「今日は泳げないな」

なんて会話をしていた。
部屋に戻ると私の部屋の眼下にプールが見える。
凄い光景を目の当たりにした。
あの外人が泳いでいるのだ。
   
A「おい、寒いとかいってなかったか!?」   
B「ああ、寒いが俺を見ろ!!」   
C「なんだ?」   
B「寒いから、シャツを着て泳いでいるんだ!!」   
A・C「お前、頭いいな!!」   
全員「ha ha ha ha…..」

| | コメント (0)

2007年6月 6日 (水)

ゼロカロリー

(ニュース)

・5月ISM非製造業景況指数 59.7(前月56.0)、市場予想55.8。

・インド洋で発生したサイクロンは、大きな被害を出さずにアラビア半島を通過。

(市況)

「まちまち」      
 昨日の商品市場は総じて下落している。エネルギーはサイクロン通過で利食い売りが優勢となり下落、非鉄金属もテクニカルな売りに押された。ソフトコモディティは、大豆がパーム油価格の上昇を受けて連れ高となったもののその他のソフトコモディティは軒並み下落している。

(ひとりごと)

コーラに対して疑問がある。
この前、「ゼロカロリーのコーラ」なるものが発売された。
真っ黒な缶の奴である。

と、なると今までのダイエットコーラは一体どういう位置付けになるんだろうか?
よくよく缶を見てみると「0キロカロリー」と書いてある。
四捨五入しているんだろうか?
と、なると最大で499カロリーの糖分が含まれていることになる。

そうか。
最近太りだした理由がわかったよ。
カロリーが全く入っていないと思って飲んでいた、ダイエットコーラのせいだ。
きっと。
なので、今日からは明確にゼロを謳っているほうのコーラを飲むようにします。

ま、今日もあんまり面白い話でなくて、すみません。。。。
ネタ切れかなぁ。
でも蓄積してあるネタ帳からネタを使うのがためらわれるんですよね。
ケチといわれる所以なんだけどね。

| | コメント (0)

2007年6月 5日 (火)

ハニカミ王子

(ニュース)

・4月米製造業受注指数 前月比+0.3%(前月改定+4.1%(速報比+0.6%))、市場予想+0.7%。除く輸送機+0.7%(前月+2.4%)。   
・ハンカチ王子、ベストナインに選ばれる。   
・ヒゲ王子、何にも選ばれず。

・Nordic Aluminum(16KMt/年)、6月2日の火災は生産に影響を与えず。      
・世界の銅需要は+4.7%、銅鉱山の生産は+6.3%、亜鉛の需要は+4%、生産は+9.4%、ニッケルの需要は+1.5%、生産は+10%(ILZSG)      
・Codelco Radomiro Tomic銅山の労働者、経営側の暫定案に合意。

・CPCはTaoyuan製油所のディスティレーションユニットを10月からメンテナンスのため停止。      
・インド洋で強い勢力のサイクロンが発生、アラビア半島の東南に位置するオマーン政府は国家非常事態宣言を宣言。      
・ナイジェリアの石油天然ガス業界の上級職員は、燃料価格と付加価値税の引上げに抗議する主要労働組合の無期限ストを支持する考え。ヤラドゥア大統領が同項目の引上げ撤回しない限りは無期限ストを呼びかけ

(市況)

「まちまち」      
 昨日の商品市場はまちまちであった。ファンダメンタルが強い上、地政学的リスクの高まりが意識されたエネルギーは上昇。中国の供給過剰が実は幻想であった可能性が高いと市場で認識されている感のある非鉄金属は在庫減少等のファンダメンタルの好転もあり上昇した。ソフトコモディティは穀倉地帯への降雨予報で大幅に水準を切り下げた。貴金属はまちまち。株式市場は上海株を初めとする新興国株が調整。特にここの数日は上海とブラジルボベスパの動きがボラタイル。
 週次のパフォーマンスは、最もパフォーマンスが良かったのが鉛、2番目が上海銅、3番目が銀であった。最も悪かったのがRBOB。セクター別では貴金属、非鉄金属、主要国株式であった。最もパフォーマンスが悪かったのがエネルギーであった。

(ひとりごと)

個人的に「ハニカミ王子」というネーミングがあまり好きではない。
同じ「ハ」で始まるのとごろが良いので選んだんだろうが、
「はにかみ」という曖昧な動作を対象にしているので、どうも印象が弱いのだ。
やっぱり具体的に「ハンカチ」というものがあるほうがインパクトが強いのではなかろうか。

なんか他にないか、考えてみよう。
あ、いや、別にハニカミ王子でいいって、言う人は別に良いんですけど。
ハで始まって、しかもゴロ的には4文字にしたときに思いつく言葉。

歯磨き
歯並び
早起き
歯ぎしり
早引け
はんぺん
はなくそ
   
自分が思いついた中で「動作」じゃないのは   
   
はんぺん   
と   
はなくそ   
   
だけだ。   
やっぱりハニカミ王子でいいです。    
(by ヒゲ王子)

| | コメント (0)

2007年6月 4日 (月)

若い娘とは

(ニュース)

・4月独小売売上高 前月比+2.6%(3月改定▲0.3%)、市場予想+0.8%。4ヶ月ぶりの高い伸び。   
・5月ユーロ圏製造業景気指数 55.0(前月55.4)。   
・4月ユーロ圏失業率7.1%(前月は7.2%)。   
・Q107ユーロ圏GDP改定 前期比+0.6%(前期+0.9%)、市場予想+0.6%。   
・4月米個人消費支出 +0.5%(前月改定+0.4%(速報比+0.1%))、市場予想+0.4%。   
・4月PCEコア価格指数 前月比+0.1%(前月±0.0%)、市場予想+0.2%。      
・4月米中古住宅成約指数 前月比▲3.2%の101.4(前月改定▲4.5%(速報比+0.4%))、市場予想+0.3%。      
・5月米消費者マインド指数確定 88.3(4月確定87.1)、市場予想88.0。      
・5月米ISM製造業景況指数 55.0(前月54.7)、市場予想54.0。      
・5月米雇用統計非農業部門雇用者数 前月比+157千人(4月改定+80千人(速報比▲8千人))、市場予想+132千人。      
・5月米失業率 4.5%(前月4.5%)、市場予想4.5%。平均時給 前月比+0.3%の+6㌣(前月 +0.2%)、市場予想+0.3%。

・Grupo Mexico(世界第7位の生産者)6月10日から賃上げを求めてスト開始。スト対象となる鉱山は、Cananea銅山、 San Luis de Potosi亜鉛鉱山等。      
・LionOre(今年のニッケル生産量は43KMt、2012年には80KMtに)の買収合戦、Norilskに軍配。XstrataはBid価格を引き下げ。

・Chevron El Segundo製油所(200KBD、カリフォルニア、P5)、メンテナンスのため数週間稼動を停止。      
・Koch Corpus Christi製油所(300KBD、テキサス、P3)、キュメンユニットで液漏れ発生。      
・ExxonMobile Edmonton(195KBD、カナダ)、火災発生。

(市況)

「総じて上昇」      
 週末の商品市場は概ね上昇した。米雇用統計が予想を上回る好調な内容であったこと、同時にコアインフレ率も安定していることから株価が堅調に推移し、商品価格もセンチメントの好転を映じて続伸する展開であった。ユーロ安が進行したもののエネルギー価格の上昇を受けて貴金属も堅調であった。株式市場は上海株を除いて概ね上昇して引けている。

(ひとりごと)

ハンカチ王子、勝ちましたね。
凄いですね。
やっぱり山場で登板が回ってくる、ってのはスタァ、あいや、スターの証拠なんでしょう。

土曜日、新丸ビルに行ってみた。
私のオフィスのすぐそばにあるので、わざわざ行くほどの物でもなかったのだが
カミさんが行ってみたい、というので行くことにした。
まず、印象として、申し訳ないんだが前の丸ビルに比べると、ずっといい。

理由は、

授乳室とオムツ替えの部屋が各階に設置されていること
それと、基本的にお店で出されているものが外のテラスで食べられること
東京駅の地下駐車場が丸ビル・新丸ビルともに利用できること(これは丸ビルも同じ)

であろうか。
でも不満もたくさんあった。
まだオープンしたて、ということもあってお店が馬鹿みたいに混んでいる。
自分的にはすぐ入れるお店として認識していたバルバッコアも2時間待ちである。
それと、やたらと高い。   
一番印象的だったのは地下にあるパン屋。   
なんだか、卵かなにかが挟まったサンドイッチ(小)が650円もしていた。   
すぐ隣のお茶漬け屋の鯛茶漬けが(確か)750円であったことを鑑みると高すぎである。   
 
それと、可愛い我が子を連れているにも関わらず、誰も「可愛い」と言ってくれないことであろうか。   
これは子供を持って初めて分かったことであるが   
割と高齢な方々は子供を見て「可愛い、可愛い」といってくれるのだが   
若い人、特に女性は基本的には子供のことを「可愛い、可愛い」とは言ってくれないのだ。   
恐らくデートなんかしていたら、それどころではないのだろう。   
自分もそうだったし。   
当たり前といえば当たり前か。

そういうことを書くのはよしなさい、とカミさんに言われていたが、書くことがなかったので書いちゃった。

| | コメント (0)

« 2007年5月27日 - 2007年6月2日 | トップページ | 2007年6月10日 - 2007年6月16日 »