« 2007年5月20日 - 2007年5月26日 | トップページ | 2007年6月3日 - 2007年6月9日 »

2007年5月27日 - 2007年6月2日

2007年6月 1日 (金)

中華丼

(ニュース)

・世界銀行、2007年中国GDP伸び率を+10.4%に上方修正。   
・5月ユーロ圏小売業景気指数 48.4(前月54.6)、市場予想48.4。   
・米MBA住宅ローン申請指数 前週比▲7.3%の636.4、購入指数▲2.5%の427.0、借換指数は▲13.0%の1,874.6。   
・中国株大幅下落。株取引に関わる印紙税の引上げ(0.1%を0.3%に)が引き金に。   
・Q107インドGDP 前年同期比+9.1%(Q406改定値 +8.7%)、市場予想+9.5%。予想は下回るも、製造業の増産が寄与。   
・Q107スイスGDP 前期比+0.8%(Q406+0.5%)、市場予想+0.6%。消費が拡大。      
・5月独失業者数 前月比+3千人(市場予想▲20千人)、失業率9.2%(市場予想9.1%)。      
・5月仏消費者信頼賀来指数 ▲14(前月▲20)、市場予想▲19。サルコジ大統領の就任を好感。      
・米週間新規失業保険申請者数 前週比▲4千人の310千人(市場予想314千人)。      
・Q107米GDP改定 前期比年率+0.6%(速報比▲0.7%)。在庫投資、純輸出がマイナスに。個人消費は前期比年率+4.4%(速報比+0.6%)と好調。      
・5月米シカゴ購買部協会指数 61.7(前月52.9)、市場予想54。2年ぶり高水準。生産指数69.8(同62.2)、新規受注71.1(同56.5)。      
・4月米建設支出 前月比+0.1%(3月改定+0.6%(速報比+0.4%))、市場予想±0.0%。

・米在庫統計 原油在庫▲2.0MB(市場予想+1.0MB)、ガソリン+1.3MB(+1.4MB)、ディスティレート±0.0MB(+0.7MB、+1.1MB)、稼働率±0.0%(+0.5%)。      
・コロラド州立大学「今年は5つの大きなハリケーンが発生し、74%の確率で上陸する」      
・Shell、ナイジェリアの地域住民の破壊活動により150KBDの生産が停止に(以前再稼動したばかり)。      
・Shell、パイプライン漏れの影響で、ナイジェリアで77KBDの生産が停止。

・チリ、深刻な天然ガス不足で銅生産者向けの電力が停止される可能性(チリ電力会社GasAtacamaのコメント)。

(市況)

「総じて上昇」      
 昨日の商品市場は上昇した。在庫統計が予想比若干ブルであったこと、ナイジェリアの政情不安でエネルギーは上昇、非鉄金属は安値拾いの買いで上昇、貴金属はユーロ高の進行を受けて上昇、ソフトも堅調であった。株式市場も総じて上昇している。上海株下落のマイナスの連鎖が懸念されたが一応影響が軽微なものに留まったことから各商品市場にも買い安心感が広がったものと考えられる。

(ひとりごと)

今日、超長いですよ。

中華丼は曲者だ。
なぜって、丼、という名前をもらっているのにも関わらず、丼に入っていないから。

だって、そうじゃないですか。
チャーハン乗せるような皿の上に、ご飯とあんかけがかかっているだけじゃないですか。
なので、本来的には中華丼ではなく、中華皿、と呼ぶべきだといつも思っている。

それはさておき。

美味しいですよね、中華丼。
前の会社の後輩で、やたら中華丼が好きな奴がいたが、今でも昼に中華丼を食べているんだろうか。
いつもご飯大盛りにしていたな。そういえば。

それもさておき。
   
美味しいですよね、中華丼。   
「丼」といっているにも関わらずその正体は「皿」なので、比較的運営計画がゆるい食べ物である。   
以前、親子丼の時にも意見したが、ねっとり系の液体がかかっている丼ものは   
タレのしみ込みによって、ご飯とおかずのバランスがとりやすいからだ。   
   
但し難点は、「いろいろな具材が一緒くたになっている」ことであろうか。   
確かに、白菜のしゃきしゃき、もやしのポリポリ、きくらげのコリコリ、豚肉のしっとりもっちり、といったさまざまな歯ごたえと味を楽しめるところは良いといえば良い。   
しかしながら、ですよ。   
全部一緒に口に入れちゃうと、しゃきしゃきポリポリ、コリコリ、しっとり、落ち着かなくありません?   
よく考えてみると。   
   
そう、とにかく美味しそうなものは全部突っ込んでしまえ、という中国的な発想で作られているのだ。   
(実際のところは、東京の中華料理店で、客の要望で八宝菜をご飯に乗せたのが始まりだとか。なので、日本発の食べ物である)   
まるで、最近話題になった中国の遊園地のようなものである。   
   
とは言いながら、美味しいので食べてしまう。
まず、好みにもよるが、ぐるりとお酢を回しがけする。
その後、お酢のバランスが良くなるように、あんかけの方のみをお酢と混ぜる。
このとき、ポイントとしてご飯を一緒に混ぜてしまうようなことをしてはいけない
というのも、うっかりご飯にお酢をかけてしまうと、ご飯がお酢を大量に吸い込んでしまって酸っぱくなりすぎる可能性が高いからだ。
なので、あくまであんかけとお酢を混ぜるときには慎重にせねばならない。

その後、辛子を皿のふちに山盛りにする。
なぜ山盛りか、といえば
「食べている途中で辛子が足りなくなったときに追加しようとしても、既に皿のふちがある程度汚れてしまっているので、
「外の食堂だったりするとここで辛子を追加すると、『いやだ、あの人汚い』と、女の子の軽い軽蔑を受ける可能性が高い」。
ためである。

恐らく女の子から「思い切りのいい人なのね」と「汚い人ではないのね」と羨望のまなざしで見られること請け合いである(本当か?)
なので、そんなに使わない人でも思いっきり辛子を載せて欲しい。

で、辛子の使い方は、個人的には

「スプーンないしはレンゲに少しずつ載せて使う」

方法を推奨したい。
なぜって、辛子をあんかけに混ぜるのって難しいから。
それだけ。
でもこっちのほうが辛子がツンと効くので塩梅が宜しいと思います。

で。

「横目にうずらの卵をにらみつつ」お酢とあんかけと辛子のツンと来る辛さを楽しむのだ。
このうずら、1個しか載っていないところが、また、いい。
だって、食べちゃったらお仕舞なんですから。
うずらは唯一味の系統の違う食べ物であるため、食べるタイミングがまた難しい。
つまりですね「今まで運営計画と読んでいたものとはまた別の運営計画」
が要求されているわけですよ。

うずらを口に運んだときには、この上もない満足感があるが
もし結構早い段階で食べてしまうと、後はひたすら、しゃきポリコリしと、の行為を繰り返すのみで面白みがなくなるし
相当後ろのほうで食べてしまうと、中華丼を食べた、というよりも「俺、昼飯にうずらの卵食べた」という感じが強くなってしまうし
真中ヘンで食べても、なんていうんですかね。
例えれば
「ウルトラマンが怪獣と闘うシーンが30分番組の15分辺りにあって、残りの15分は流し」
みたいなものだ。
もしウルトラマンが毎回そういう番組だったら視聴率も上がらなかっただろう。
よってこれもお勧めできない。

そこで私はこの「怪獣との戦闘」は番組の後半10分、あ、いやいや、「うずらの口中投入」は後半3分の1のところで
を推奨したい。
そう、日本人も、中国人も、アメリカ人も、イギリス人もみんな「ドラマ」を求めているのだ。
しかしこの食べ方であれば、非常にドラマチックに中華丼を楽しめることになるはずだ。

なんてことを考えて食べ進んでいたら食べ終わった。
本当は丼じゃないんだけどね。

| | コメント (0)

2007年5月30日 (水)

ウルトラクイズ

(ニュース)

・マレーシア中銀、政策金利を3.5%に据置き。   
・5月米消費者信頼感指数 108.0(前月確報 106.3(速報比+2.3))、市場予想105.0   
・5月独CPI 前年同月比+2.0%(4月+2.0%)、市場予想+2.0%。   
・4月日本鉱工業生産速報 前月比▲0.1%、出荷指数 前月比+0.9%、在庫指数 前月比+0.5%、在庫率指数 前月比▲0.2%。

・チリ コデルコ労働者が、El Teniente銅山の入り口を封鎖。
・BP Toledo製油所(160KBD、オハイオ、P2)、再稼動に失敗。

(市況)

「まちまち。しかしながら総じて軟調」      
 昨日の商品市場はまちまちであったが、総じて軟調な印象を受けた。エネルギーはナイジェリアのスト回避や製油所の再稼動を受けて水準を切り下げた。非鉄金属はまちまちであったが、総じて軟調であった。コーンベルトでの降雨予報が発表されているトウモロコシ・大豆は下落、貴金属はまちまちであった。株式市場もまちまち。

(ひとりごと)

この前テレビに「アルミニスト」なる人が出演していた。
アルミ業界の中では有名な人であるが、こういう人が経済番組ではなく、タモリ倶楽部に出演していることに微妙に誇りを感じてしまった。

で、思うんですけどね。
これだけ商品市場動向が取り沙汰されていてですね。
個人の人も商品ファンド買ったりしているわけですよ。
皆、そろそろ気になりませんか?
誰が新の「コモディティ王」かって。

だから、ぜひ

「コモディティ油田ないしは鉱山ないしは農園 横断ウルトラクイズ」

を是非企画してもらいたい。
会社対抗で。
高校生クイズのように3人一組で。   
エネルギー担当、金属担当、ソフト担当の3人組で。   
司会も福留さんに復帰してもらって。   
機内100問ペーパークイズも、機内15時間模擬トレード、とかにして。
泥んこクイズの泥も、重油に替えて。
バラマキクイズは是非チュキカマタ鉱山で。   
   
面白そうじゃ、ありません?   
だって、アルミのみで番組が成立しているわけですよ。   
視聴率はどれぐらい取れるか知らないけど   
よくよく考えたら日本全国製造業なんだから、結構、反響大きいんじゃないですかね。   
   
福留さんに   

「さあ来いヒゲ、5秒間」   

とか、言われてぇぇぇぇぇぇ
ウルトラハットもかぶりてぇぇぇぇぇぇぇ

| | コメント (0)

2007年5月29日 (火)

心を開いて

(ニュース)

・メモリアルデーのため、欧米主要市場休場。   
・ZARDの坂井泉水さん、事故で亡くなる。   
・松岡農林水産大臣、自殺。

・ICSG「2月の精錬銅消費は生産を51KMt上回った」

・ナイジェリア石油労働組合は、政府が賃上げで組合側と合意したことを受けて、2日間にわたるストライキを中止。      
・米イランは27年ぶりに大使級協議を開催。

(市況)

 メモリアルデーのため、欧米主要市場休場。

(ひとりごと)

昨日、ZARDの坂井泉が亡くなった。
事故、とのこと。

私、実はバツイチで、一時著しい人間不信に陥ったことがある。
そのとき、多くの友人や先輩が私を支えてくれた。
友人とは本当にありがたいものだ、と思う。

と、同時にZARDにも助けられた。
そのときにちょうどZARDがベストアルバムを出したのでよく聴いていたのだが、
そのときの歌にこんなのがあった。
心を開いて、という歌である。

私はあなたが想ってるような 人ではないかも知れない
でも不思議なんだけど あなたの声を聞いていると
とっても優しい 気持ちになるのよ
このままずっと 忘れたくない
現実(いま)が想い出に変わっても
言葉はないけどきっとあなたも
同じ気持ちでいるよね   

私自身、自分の心を閉ざしかかっていたのだが、
この歌のおかげもあって、そうならずに済んだ。

同じ日、松岡大臣が自殺して亡くなった。   
そこまで思いつめなくて良かったのではないか、と思う。   
彼も心を開いて、素直になっていればよかったのではなかろうか。   
そこまで人の世の中は冷たいものではない、と思うし、思いたい。   
   
と、つらつらと思いつつ子供を抱いていたら、
昨日、生まれて初めて声を出して笑った。   
真っ直ぐ、強く生きて欲しいと思う。   
   
今日は湿っぽくてすみません。

| | コメント (0)

2007年5月28日 (月)

Enjoy!天狗

(ニュース)

・Q107独GDP確報 前期比+0.5%(Q406 +1.0%)。   
・5月独IFO景況感指数 108.6(前月108.6)、市場予想108.8。過去2番目の高い水準。   
・OECD、「インド経済は中銀が受け入れ可能と考える水準を上回るインフレ率を背景に、予想を上回る減速となるリスクがある」   
・米週間新規失業保険申請者数 前週比+15千人の311千人(市場予想305千人)。   
・4月米耐久財受注 前月比+0.6%(3月確報 前月比+5.0%(速報比+0.7%))、市場予想+0.6%。   
・4月米非国防資本財受注 前月比+1.2%(3月+4.4%)、非国防耐久財受注 前月比+0.6%(3月+5.2%)。      
・4月新築住宅販売 前月比+16%の年率98.1万戸(前月確報 84.4万戸(速報比▲1.4万戸))、市場予想+86万戸。過去14年で最大の増加率。      
・Q107英GDP改定 前年同期比+2.9%(速報比+0.1%)、市場予想2.8%。      
・4月米中古住宅販売 前月比▲2.6%の599万戸(前月確報 615万戸(速報比+3万戸))、市場予想612万戸。      
・北朝鮮、日本海にミサイル発射。

・Vale do Rio doce のVoisey Bay Millが短い期間であったが停止。      
・中国貿易統計更新。      
・CodelcoのSub-Contract労働者は、賃上げを巡ってストライキを3つの主要鉱山で検討中。      
・NDRCは地方自治体に対し、エネルギー消費型の企業に対し、税金や電力料金のメリットを供与することを停止するように要請。      
 国の方針にそぐわない場合、アルミニウム、銅、鉄、石炭、電力発電といったプロジェクトは認可させない。

・BP Whiting製油所(200KBD、インディアナ、P2)、ガソリン生産が最大に。      
・ConocoPhillips Belle Chasse製油所(247KBD、ルイジアナ、P3)、再稼動。      
・Statoil、Kalundborg油田の生産再開。      
・Preem Petroleum(スイス) Gothenburg製油所(125KBD)、定期メンテナンス終了。      
・BP Prudohoe Bay油田(アラスカ、400KBD)のパイプ来漏れの修繕はこの週末までに終了する見込み。

(市況)

「概ね上昇」      
 週末の商品市場は概して上昇した。エネルギーはイランやナイジェリアの地政学的リスクの高まりと、ピークシーズンのガソリン需要(米国)の高まりを受けて堅調に推移した。非鉄金属は中国の貿易統計で引き続き中国の需要が旺盛であることが確認されたため、安値拾いの買いで軒並み上昇している。ソフトコモディティは、コーンベルト地帯の降雨不足を背景としてしっかりの展開。貴金属は北朝鮮のミサイル発射のニュース、原油高を受けた買いにより上昇している。株式市場は日本株式を除いて大幅に上昇している。
 CFTCの建玉は、原油がネット8,889枚のロング幅拡大(ショート幅縮小の影響大。地政学的リスクの高まりの影響か)、RBOBが▲2,174枚とネットロング幅を縮小した(ロング筋の手仕舞い)。ヒーティングオイルはロング幅を拡大、前週比+3,070枚のロングとなっている。

(ひとりごと)

なんだか気温もボラタイルですねぇ。
お天気のトレーダーの方も苦労しているんじゃないでしょうかね。

さて。

全然関係ないことだが、会社内の人間から「天狗」の由来について聞かれた。
物知り博士、というわけではないのだが頼まれた以上は少し調べないと、ね。
調べてみると、天狗はそもそもは中国の妖怪らしい。
妖怪ってのも結局は、「不思議な自然現象は、何か超自然的な存在が起こしていると『思いたい』とする人間のあこがれ」が作るものである。
そもそも中国では、流星や彗星の尾が流れる様子を示したものであるらしく
その彗星の「尾」が狐の「尾」に似ていることから「天狗(アマキツネ)」と呼ばれたのが起こりらしい。

ところがこの天狗が本来の意味からは離れ、宗教的な意味合いを強めていく。
高下駄を履いて、かえでの扇を持ち悪さをし、たびたび宗教家と戦い負ける、というキャラに変わっていく。
天狗に「該当する」と考えられる表現はウィキペディアによれば今昔物語に既に見られるらしい。
しかし、今の天狗の姿形になったのは鎌倉以降のことらしい。   
昔、手塚治か誰かの漫画で、「天狗は日本に漂流した外国人」のこととした創作を呼んだことがあるが、実際のところ歴史を紐解けばこちらの方がしっくりくる気がする。   
確かに当時の日本人に比べれば力は強いし、鼻は高いし、日焼けで赤くなっている人も多かっただろし。   
言葉も通じないから、家の食べ物を盗んだり、鶏を〆て食べたりしたんだろうし。   
   
ということで、個人的には「天狗外国人説」を独断と偏見で支持している。   
ちなみに「居酒屋の天狗」はどうして「天狗」にしたのかはよく分からない。   
当チームのトレーダーはいまだに「天狗祭り」と称して1日に天狗をはしごし、サイコロステーキのみを食べ歩いているそうだ。   
ま、どうでもいい話ですが。

| | コメント (0)

« 2007年5月20日 - 2007年5月26日 | トップページ | 2007年6月3日 - 2007年6月9日 »