« 2007年5月6日 - 2007年5月12日 | トップページ | 2007年5月20日 - 2007年5月26日 »

2007年5月13日 - 2007年5月19日

2007年5月18日 (金)

我が子

(ニュース)

・4月ユーロ圏消費者物価指数 前年比+1.9%(前月と同じ)、市場予想+1.8%。   
・米MBA住宅ローン申請指数 前週比▲0.8%の675.5、購入指数は▲1.4%の432.3、借換指数は±0.0%の2,115.5。   
・4月米住宅着工件数 前月比+2.5%の152.8万戸(3月改定149.1万戸(速報比▲2.7万戸))、市場予想148万戸。   
・4月米鉱工業生産 前月比+0.7%(前月改定▲0.3%(速報比▲0.1%))、市場予想+0.3%。設備稼働率81.6%(前月改定81.2%(速報比▲0.2%))   
・1-4月中国固定資産投資 前年比+25.5%。3月の1-3月の23.3%から加速。   
・米週間新規失業保険申請者数 ▲5千人の293千人(市場予想315千人)。      
・Q107日本GDP一次速報 前期比+0.6%、年率+2.4%(前期改定+0.5%)。設備投資は▲0.9%とマイナスに転じている。

・中国政府は銅輸入に監視、輸入関税2%、17%のVATを課税することを検討中(チリとはFTAが結ばれているのでこの対象外)。      
・銅の供給は需要を280KMt上回る見通し。2006年は330KMtの供給超過(ICSG)。      
・4月の中国の銅生産、電力向けが+17%の274KMt、自動車向けアルミ生産は+38%の974KMt、アルミナ生産は+65%の1.7百万㌧。

・ConocoPhillips Borger製油所(146KBD、テキサス、P3)、CCUとボイラーの定期点検。      
・BP Texas City製油所(115KBD、テキサス、P3)、定期メンテナンスのため閉鎖の予定。      
・Murphy Oil Meraux製油所(125KBD、テキサス、P3)、小規模修理のため稼動停止。      
・ペンシルベニア州レディングからNY州バッファローにガソリンを油送するパイプラインが事故のため閉鎖。

(市況)

「まちまち」      
 昨日の商品市場はまちまちであった。非鉄金属は、中国国内の銅供給が著しく増加しているという思惑から銅価格が大幅に調整したことを受けて水準を切り下げる展開であった。一方エネルギーはテキサス製油所でのトラブルを受けてガソリン価格が高騰したことから大幅に上昇する展開となった。ソフトコモディティは変わらず、貴金属はドル高の進行で小幅安であった。株式市場は引き続き安定しているをは言いがたい状況が続いている。

(ひとりごと)

我が子を見ていると楽しい。   
ほほえましい。   
目に入れても痛くない、という格言もよく分かる。   

で。

よくよく観察してみると、ある傾向が見られた。
足が結構強くて、始終足をバタバタさせているのだが
首が右を向いているときは右足が
首が左を向いているときは左足が
動くのだ。

ふと、思った。

と、いうことは、この状態で歩き出すとすると、首を左右に振りながら歩く、ということになるのか?
ちょっと不安になった平日の夜であった。

| | コメント (0)

2007年5月16日 (水)

ネギトロ丼

(ニュース)

・1-4月中国CPI 前年比+3.0%(3月+3.3%)、市場予想+3.1%。   
・4月英生産者物価 前月比+0.5%(前月+0.6%)、市場予想+0.5%。   
・4月中国小売売上高 前年比+15.5%(前月+15.3%)、市場予想+15.1%。所得増加や株価の上昇で個人消費堅調。   
・3月日本機械受注 前月比▲4.5%(前月▲5.2%)、市場予想+1.5%。予想外のマイナス。   
・トムソン、ロイターを買収で合意。   
・Q107独GDP速報 前期比+0.5%(前期改定+1.0%)、市場予想+0.3%。      
・Q107仏GDP速報 前期比+0.5%、市場予想+0.7%。      
・Q107ユーロ圏GDP速報 前期比+0.6%(Q406+0.9%)、市場予想+0.5%。      
・5月NY連銀製造業景況指数 8.0(前月3.8)、市場予想8.0。      
・4月米消費者物価指数 前月比+0.4%(前月+0.6%)、市場予想+0.5%。      
・3月対米証券投資 676億㌦の買い越し(前月581億㌦の買い越し)、市場予想710億㌦。      
 米中長期国債投資 351億㌦の買い越し(前月169億㌦の買い越し)      
 政府機関債 155億ドルの買い越し(前月20億㌦の買い越し)      
 日本の米国債投資55億㌦の純増(保有総額6,123億㌦)      
 OPECの米国債投資は22億㌦の純増、英国は261億㌦の純増、カリブ諸国は180億㌦の純増

・中国の2007年のアルミニウム需要は9.4%像の37.6百万㌧になる見通し。需給は575KMtの供給超に(CRU)。      
・4月チリの銅輸出は前年比+33%の32.8億㌦に。中国の需要増加で。      
・亜鉛の世界供給は6.9%増加の11.4百万㌧、需要は4%増加の11.45百万㌧に(ILZSG)。      
・鉛の世界供給は3.8%の8.21百万㌧、需要は4.1%増加の8.26百万㌧に(ILZSG)。      
・中国の1~4月の銅・銅製品の輸入は前年同期比+61%の1.08百万㌧に。4月の同輸入は304.672千㌧。      
・中国の1~4月のプライマリーアルミの輸出は▲53%の192.245千㌧、4月の同輸出は50.85千㌧。

・米在庫統計市場予想 原油在庫+0.1MB(小職予想±0.0MB)、ガソリン+1.0MB(+0.1MB)、ディスティレート+1.2MB(+1.1MB)、稼働率+0.75%(+0.5%)。      
・Shell、ナイジェリアのパイプライン設備を地域住民に占拠される。フォースマジュールを宣言(170KBDの生産が停止)。      
・IEA「夏前のOPECからの生産増加無くして、エネルギー市場をどのようにして均衡させるのか予測できない」      
・OPECハミリ議長「世界の原油供給は十分であり、9月前に臨時総会を開催する必要性はない」

(市況)

「上昇」      
 昨日の商品市場は略全ての商品が上昇した。個別商品のファンダメンタルの強さもあるが、昨日に関して言えば相場のセンチメントに大きな影響を与えると見られる米国株式市場が回復したことで、買い安心感が広がったためと見ている。
 週次のパフォーマンスでは、先週最もパフォーマンスが良かったのがRBOB、2番目が上海A株、3番目がヒーティングオイルであった。最も悪かったのがトウモロコシ。セクター別では新興国株の上昇が最も顕著で、次いでエネルギー、各国株式となっている。最もパフォーマンスが悪かったのが非鉄金属であった。

(ひとりごと)

ネギトロ丼も美味しいですよね。   
大好きな丼モノの1つである。   
お店によって載っているものが微妙に違うが、概ね   
   
トロのすき身+ネギ

の組み合わせである。
但しネギも2種類あって、
万能ネギ、ないしはあさつきの小口切りが載っているもの
と、
普通の長ネギのみじん切りが載っているもの

がある。
個人的な好みを言えば、あさつきの小口切りが載っている方が差し障りがないが、長ネギのみじん切りが載っているほうが味は良い、と思う。
但し、長ネギのみじん切りの場合にはどうもあさつきの場合に比べてネギ臭くて宜しくない。
それを緩和するためにしその細切りを合わせているときもあるが、個人的にはしその香りは食べ物の味を大幅に損ねるので、余り好きではない。

食べ方も結構悩む
ネギトロ自体の分量は、他の丼モノと違って比較的食べる量の調整が容易である。
よって、ネギトロ自体を食べることに関する、運営計画を気にする必要は余りない。
ネギトロに数枚、マグロの切り身が載っている場合には大問題ではあるのだが。   
   
ネギトロ丼を食べるときの最大の問題点は   

「醤油を如何にかけるか?」   

に集約されると思う。   

例えば海鮮丼などとは異なり、「具材を箸で取り、醤油を付けて食べる」という動作が基本的には出来ないからだ。   
つまり、ネギトロ丼を食べる場合には、醤油を直に、かつ、適量かける必要があるのだ。   
   
   
次の問題はわさびである。   
通常、ネギトロ丼の場合は、ネギトロの上にわさびが載せられていることが多い。   
つまりここで   

(i)わさびに醤油がかからないようにどけるのか
(ii)ネギトロに混ぜ込んでしまうのか
(iii)動かさないでそのままにし、醤油がかかっても気にしないか

といった選択をせねばならないのだ。   
   
ところがここでむかーし、紺野美沙子がコマーシャルで   

「わさびは醤油に付けません」

といっていたのが思い出される。

確かに魚を美味しく食べようと思ったらわさびは別にしておき、少しずつつけながら食べるのが望ましい、と思う。
そうなると今度は丼ものを食べるときに必ず取り上げられる「運営計画」に支障をきたすことになる。
殆ど親指一つまみ分ぐらいしかないわさびを、適量づつネギトロに合わせて食べていかねばならないのだ。
これは天丼やカツ丼の運営計画に比較すると、格段に難しい。

よって私は例によって、

「時間があるときは小皿にわさびを移し、醤油をネギトロに直がけし、少しずつわさびを付けて食べ、時間がないときには残念ではあるが、小皿にわさびを移し、醤油で溶いてしまったものをかけて食べる」

という手法をとっている。
平日、昼飯で食べるときは明らかに時間がないので後者を選択することが多く、週末カミさんと食べるときには前者を選択することが多い。

醤油が適量まぶされたネギトロを、箸で垂直に丼に突き刺して同時に酢飯を掬い取り、食べる。
口の中に甘やかなネギトロの味と、ネギの軽い刺激と鼻に抜けるわさびの香りを楽しみつつ、全てが渾然となって喉を通り抜けるあの快感。
その後、一口かじるガリが口の中を新たにしてくれ、もう一口食べたい、という気持ちになる。

醤油をかけるまでは一大作業であるが、かけ終わった後は、単純作業の繰り返しだ。
そして、この作業があまりに単純であるが故に、他の丼モノよりも明らかに早く食べ終わってしまう。

「嗚呼、もうなくなった....もう一杯食べようか?」

と思えるぐらいのタイミングで全てのものが胃の中に収まってしまう。
非常に罪な食べ物である。

次は親子丼かしら。

| | コメント (0)

ネギトロ丼

(ニュース)

・1-4月中国CPI 前年比+3.0%(3月+3.3%)、市場予想+3.1%。   
・4月英生産者物価 前月比+0.5%(前月+0.6%)、市場予想+0.5%。   
・4月中国小売売上高 前年比+15.5%(前月+15.3%)、市場予想+15.1%。所得増加や株価の上昇で個人消費堅調。   
・3月日本機械受注 前月比▲4.5%(前月▲5.2%)、市場予想+1.5%。予想外のマイナス。   
・トムソン、ロイターを買収で合意。   
・Q107独GDP速報 前期比+0.5%(前期改定+1.0%)、市場予想+0.3%。      
・Q107仏GDP速報 前期比+0.5%、市場予想+0.7%。      
・Q107ユーロ圏GDP速報 前期比+0.6%(Q406+0.9%)、市場予想+0.5%。      
・5月NY連銀製造業景況指数 8.0(前月3.8)、市場予想8.0。      
・4月米消費者物価指数 前月比+0.4%(前月+0.6%)、市場予想+0.5%。      
・3月対米証券投資 676億㌦の買い越し(前月581億㌦の買い越し)、市場予想710億㌦。      
 米中長期国債投資 351億㌦の買い越し(前月169億㌦の買い越し)      
 政府機関債 155億ドルの買い越し(前月20億㌦の買い越し)      
 日本の米国債投資55億㌦の純増(保有総額6,123億㌦)      
 OPECの米国債投資は22億㌦の純増、英国は261億㌦の純増、カリブ諸国は180億㌦の純増

・中国の2007年のアルミニウム需要は9.4%像の37.6百万㌧になる見通し。需給は575KMtの供給超に(CRU)。      
・4月チリの銅輸出は前年比+33%の32.8億㌦に。中国の需要増加で。      
・亜鉛の世界供給は6.9%増加の11.4百万㌧、需要は4%増加の11.45百万㌧に(ILZSG)。      
・鉛の世界供給は3.8%の8.21百万㌧、需要は4.1%増加の8.26百万㌧に(ILZSG)。      
・中国の1~4月の銅・銅製品の輸入は前年同期比+61%の1.08百万㌧に。4月の同輸入は304.672千㌧。      
・中国の1~4月のプライマリーアルミの輸出は▲53%の192.245千㌧、4月の同輸出は50.85千㌧。

・米在庫統計市場予想 原油在庫+0.1MB(小職予想±0.0MB)、ガソリン+1.0MB(+0.1MB)、ディスティレート+1.2MB(+1.1MB)、稼働率+0.75%(+0.5%)。      
・Shell、ナイジェリアのパイプライン設備を地域住民に占拠される。フォースマジュールを宣言(170KBDの生産が停止)。      
・IEA「夏前のOPECからの生産増加無くして、エネルギー市場をどのようにして均衡させるのか予測できない」      
・OPECハミリ議長「世界の原油供給は十分であり、9月前に臨時総会を開催する必要性はない」

(市況)

「上昇」      
 昨日の商品市場は略全ての商品が上昇した。個別商品のファンダメンタルの強さもあるが、昨日に関して言えば相場のセンチメントに大きな影響を与えると見られる米国株式市場が回復したことで、買い安心感が広がったためと見ている。
 週次のパフォーマンスでは、先週最もパフォーマンスが良かったのがRBOB、2番目が上海A株、3番目がヒーティングオイルであった。最も悪かったのがトウモロコシ。セクター別では新興国株の上昇が最も顕著で、次いでエネルギー、各国株式となっている。最もパフォーマンスが悪かったのが非鉄金属であった。

(ひとりごと)

ネギトロ丼も美味しいですよね。   
大好きな丼モノの1つである。   
お店によって載っているものが微妙に違うが、概ね   
   
トロのすき身+ネギ

の組み合わせである。
但しネギも2種類あって、
万能ネギ、ないしはあさつきの小口切りが載っているもの
と、
普通の長ネギのみじん切りが載っているもの

がある。
個人的な好みを言えば、あさつきの小口切りが載っている方が差し障りがないが、長ネギのみじん切りが載っているほうが味は良い、と思う。
但し、長ネギのみじん切りの場合にはどうもあさつきの場合に比べてネギ臭くて宜しくない。
それを緩和するためにしその細切りを合わせているときもあるが、個人的にはしその香りは食べ物の味を大幅に損ねるので、余り好きではない。

食べ方も結構悩む
ネギトロ自体の分量は、他の丼モノと違って比較的食べる量の調整が容易である。
よって、ネギトロ自体を食べることに関する、運営計画を気にする必要は余りない。
ネギトロに数枚、マグロの切り身が載っている場合には大問題ではあるのだが。   
   
ネギトロ丼を食べるときの最大の問題点は   

「醤油を如何にかけるか?」   

に集約されると思う。   

例えば海鮮丼などとは異なり、「具材を箸で取り、醤油を付けて食べる」という動作が基本的には出来ないからだ。   
つまり、ネギトロ丼を食べる場合には、醤油を直に、かつ、適量かける必要があるのだ。   
   
   
次の問題はわさびである。   
通常、ネギトロ丼の場合は、ネギトロの上にわさびが載せられていることが多い。   
つまりここで   

(i)わさびに醤油がかからないようにどけるのか
(ii)ネギトロに混ぜ込んでしまうのか
(iii)動かさないでそのままにし、醤油がかかっても気にしないか

といった選択をせねばならないのだ。   
   
ところがここでむかーし、紺野美沙子がコマーシャルで   

「わさびは醤油に付けません」

といっていたのが思い出される。

確かに魚を美味しく食べようと思ったらわさびは別にしておき、少しずつつけながら食べるのが望ましい、と思う。
そうなると今度は丼ものを食べるときに必ず取り上げられる「運営計画」に支障をきたすことになる。
殆ど親指一つまみ分ぐらいしかないわさびを、適量づつネギトロに合わせて食べていかねばならないのだ。
これは天丼やカツ丼の運営計画に比較すると、格段に難しい。

よって私は例によって、

「時間があるときは小皿にわさびを移し、醤油をネギトロに直がけし、少しずつわさびを付けて食べ、時間がないときには残念ではあるが、小皿にわさびを移し、醤油で溶いてしまったものをかけて食べる」

という手法をとっている。
平日、昼飯で食べるときは明らかに時間がないので後者を選択することが多く、週末カミさんと食べるときには前者を選択することが多い。

醤油が適量まぶされたネギトロを、箸で垂直に丼に突き刺して同時に酢飯を掬い取り、食べる。
口の中に甘やかなネギトロの味と、ネギの軽い刺激と鼻に抜けるわさびの香りを楽しみつつ、全てが渾然となって喉を通り抜けるあの快感。
その後、一口かじるガリが口の中を新たにしてくれ、もう一口食べたい、という気持ちになる。

醤油をかけるまでは一大作業であるが、かけ終わった後は、単純作業の繰り返しだ。
そして、この作業があまりに単純であるが故に、他の丼モノよりも明らかに早く食べ終わってしまう。

「嗚呼、もうなくなった....もう一杯食べようか?」

と思えるぐらいのタイミングで全てのものが胃の中に収まってしまう。
非常に罪な食べ物である。

次は親子丼かしら。

| | コメント (0)

2007年5月14日 (月)

食べ放題

(ニュース)

・3月インド鉱工業生産 前年比+12.9%(前月改定+10.8%)、市場予想+10.4%。伸びが加速。   
・4月小売売上高 前月比▲0.2%(3月改定+1.0%(速報比+0.3%))、市場予想+0.5%。   
・4月米生産者物価 前月比+0.7%(前月+1.0%)、市場予想+0.6%。コア指数(除く食品・エネルギー) 前月比±0.0%(前月±0.0%)、市場予想+0.2%。エネルギー価格の上昇が要因。   
・3月米企業在庫 前月比▲0.1%(2月改定+0.2%(速報比▲0.1%))、市場予想+0.3%。   
・3月米企業売上高 前月比+1.4%(2月+0.3%)、売上高在庫比率1.27ヶ月(前月1.29ヶ月)。   
・4月米小売売上高 前月比▲0.2%(3月改定+1.0%(速報比+0.3%))、市場予想+0.4%。

・ConocoPhillips Ferndale製油所(96KBD、ワシントン、P5)で小規模な火災発生。      
・カナダImperial Oil Nanticoke製油所(118KBD、オンタリオ)、電力供給停止で稼動停止。      
・Koch Corps Christi製油所(300KBD、テキサス、P3)、2つのユニットが稼動停止。      
・Valero Texas City製油所(245KBD、テキサス、P3)、緊急火災警報の発令で稼動停止。今月3回目。

(市況)

「上昇」      
 週末の商品市場は略全ての商品が上昇して引けている。週末を控えた買戻しが優勢になったと考えられるが、一部のアジア株を除いて株価が木曜日の下落から一転、買戻しが優勢となったことから市場に買い安心感が広がったものと見られる。ソフトコモディティは大幅に上昇。特に大豆とトウモロコシの上昇が顕著(需給報告で2007年~2008年の在庫が予想を下回ったことなどが材料視された)。

(ひとりごと)

昨日、とんかつ屋にカツを食べに行ったんだが   
結構悩んだ。   
   
悩んだ、といっても私ではなく、カミさんが悩んでいたのだが   
理由は下記のようなもの

久しぶりにカツ丼を食べてみたい
カツ丼にはレタスのサラダと味噌汁がついているが、お替り自由ではない
カツ定食だと、キャベツと味噌汁、ご飯がお替りし放題である

念のために言っておきたいが、カミさんは食い意地が張っていて、「飯を大量に食べたい」わけではなく
キャベツと味噌汁(しじみの味噌汁なので体に良い)をたくさん摂取したいだけなのだ
産後、ということもあって体に気を遣っているのである

しかしながら、私からすればどうでもよい。
そこまでキャベツと味噌汁が飲みたいのなら、カツ定食を頼めばよいのだ

ところがここで、カミさんのわがままが炸裂。

キャベツのお替り自由と、味噌汁のお替り自由を、サービスで
   
...   
お店はOKしてくれた。   
お店に迷惑になるのでこの店の名前は出せないが、主婦とは恐ろしいものである、と思った。   
   
さあ、今週も頑張りましょう。 

| | コメント (0)

« 2007年5月6日 - 2007年5月12日 | トップページ | 2007年5月20日 - 2007年5月26日 »