« 2007年4月29日 - 2007年5月5日 | トップページ | 2007年5月13日 - 2007年5月19日 »

2007年5月6日 - 2007年5月12日

2007年5月11日 (金)

飛行機に乗るとツイてない-その⑩

(ニュース)

・3月英製造業生産 前月比+0.6%(前月改定▲0.7%)、市場予想+0.5%。10年ぶりの高い伸び。   
・3月英鉱工業生産 前月比+0.3%。   
・BOE、政策金利を25bp引上げ5.50%に。   
・ECB、政策金利を3.75%で据置き。   
・米週間新規失業保険申請者数 前週比▲9千人の297千人(市場予想315千人)。   
・4月米輸入物価指数 前月比+1.3%(3月改定+1.5%(速報比▲0.2%))、市場予想+1.0%。除く石油では前月比+0.2%。      
・3月米貿易収支赤字 前月比+10.4%の639億㌦(前月改定579億㌦(速報比▲5億㌦))、市場予想600億㌦。石油輸入の増加と価格上昇が背景。

・ペルーの銅生産は先週の5日間のストライキの影響で成長率が鈍化する見込み。      
・インド National Aluminum(インド最大のアルミナ生産者、1.58百万㌧/年)は、東Orissa州の労働者が実施していたストライキが終了。      
・Newmont Miningがペルーに保有するMinera Yanacocha鉱山(2007年の金予想生産量1.6百万オンス)のスト終了。      
・European Nickelはトルコのプロジェクト(BHP Billitonに供給予定、20KMt/年)が遅延し、Q208またはQ308に操業の時期が遅延すると発表。      
以前もこのニュースを取り上げたが、環境に配慮し、政府からココやしの植林を義務付けられていた

・韓国Yeochun は装置の故障でナフサユニットを停止      
・ExxonMobil Beaumont(348.5KBD、テキサス、P3)、改質ユニットのメンテナンスを実施。      
・Totalがコンゴに保有する油田で火災発生、2人が死亡、60KBDの生産が停止。      
・Varelo Delaware製油所(82KBD、オハイオ、P2)、接触触媒装置の不具合で処理量を55KBDに引き下げ。      
・Statoilは2007年の生産見通しを1.3MBDから1.15~1.20MBDに引き下げ。新しい油田からの生産が思わしくないため。

(市況)

「エネルギーと非鉄は上昇、株価は大幅に調整」      
 昨日の商品市場はエネルギー・非鉄は上昇、貴金属・ソフトは下落した。株式市場は上海をのぞけば概ね下落している。

(ひとりごと)

たぶんダメだ、と思いつつ空港に着いた。   
まっすぐ航空会社のオフィスに。   
   
私「チケット、ありましたか?」   
職員「いや、まだみつかっていません」
私「そうですか....。ってことは帰れないって事ですか」
職員「そういう事になりますね....申し訳ない。でも話を聞くところに因れば、また明日こっちに来るらしいじゃないか」
私「ええ」
職員「いっそ、ミセスに荷物を全て持ってきてもらっては?」

って言われても....10日間の旅行ですよ。スーツケース2つ持ってきてもらうわけにいかないでしょ。
ホテルはとれるの?

職員「満室ですねぇ...年末ですから」

じゃあそんな提案するなッ!!
って、自分が悪いんですけどね。
と途方にくれていたら、1人の職員が駆け寄ってきた

職員「ありました!!」
   
ええッ!!どこにッ!!   
   
なんでも親切なシンガポール人が、空港で拾って届けてくれたらしい。   
名前も言わず、立ち去った、との事である。   
   
嗚呼!!   
きっと昨晩食べたのがフライドポテトだったから、バチが当たらなかったんだ。   
良かったー。   
もしタスマニア産サーモンを頼んでいたら、きっと帰国できなかったに違いない。   
   
今回の教訓。   
   
「バチは当たる」

| | コメント (0)

2007年5月10日 (木)

飛行機に乗るとツイてない-その⑨

(ニュース)

・米MBA受託ローン申請指数 前週比+3.6%の680.7、購入指数+2.6%の438.3、借換指数+4.9%の2,115.2。   
・FOMC、政策金利を5.25%で据置き。   
(FOMC声明要旨:Bloombergより)   
今年初めの経済成長はペースが減速し、住宅セクターの調整は継続。   
しかしながら、この先の経済は数四半期にわたり、緩やかなペースで拡大する可能性が高いようだ。   
      
最近のコアインフレの数値は幾分か上昇してきている。      
インフレ圧力は時間をかけて落ち着く可能性が高いものの、高水準にある資源利用がインフレ圧力を維持する可能性がある。      
      
委員会はこうした状況に鑑み、インフレが期待通りに鈍化しないリスクが引き続き、政策運営で最重要事項であると判断した。      
但し、将来の政策調整に関しては、今後の情報に基づいて決定される。

・AlcoaがAlcanの敵対的買収を宣言、BHP BillitonがRio Tintoを買収するとの噂、XstrataとNorilskがLionOreを巡り攻防、Bolidenは生産者の買収を検討。

・米在庫統計 原油在庫+5.5MB(市場予想+0.9MB)、ガソリン+0.4MB(+0.2MB)、ディスティレート+1.6MB(+0.5MB)、稼働率+0.8%(+1.0%)。      
・Frontier OilはCheyenne, Wyoming,の製油所を30日間停止するとコメント。      
・Valero Corpus Christi製油所(340KBD、テキサス、P3)でベンゼン漏れ発生。

(市況)

「エネルギーと非鉄は下落、株価は堅調」      
 昨日の商品市場はエネルギーは下落、非鉄は上昇、貴金属は下落、ソフトは上昇、といったまちまちの展開であった。エネルギーは米統計を受けて下落し、非鉄金属はGW中の上昇ピッチが急であったことから調整的な売りが継続、貴金属は米FOMCで金利が据置きとなりかつ将来のインフレリスクを警戒するコメントであったことからドルが買われ、結果下落した。ソフトは投機筋と思われる押し目買いで水準を切り上げる動きであった。

(ひとりごと)

結局何の収穫もないまま、ホテルに到着した。   
ホテルではクリスマスシーズンということもあって、ロビーで賛美歌を歌ったりしている。   
みんな心なしか浮かれている。   
   
そう、私を除いては。

周りのレストランもすべて閉まっているので、ルームサービスをとることにした。
なんだかメニューがやたら高い。

タスマニア産、サーモンのグリルが単品で3,000円だ。
パスタは2,000円。

でも、やはり日本人なのか、
「こういうときに贅沢をするとバチが当たる」
と思うらしく、自然と目は安い値段のものばかりに行ってしまう。

パンのみ

とか

ぺリエのみ

とか。
   
悩んだが、一番安いフライドポテト700円(単品。税サ別)を頼んだ。   
   
翌日、航空会社のオフィスに電話をしてみた。   
そもそも自分の英語がおぼつかないので、職員のしゃべるオージー英語は全く聞き取れない。   
以前、「おれおれ詐欺」に遭いかかったときの、バカなチンピラのように先方はやたらとゆっくりと話し始めた(この話はそのうち)。   
「あーなーたーはー、チャーンーギーくーうーこーうでー...(以下略)」   
   
さっぱり理解できません。。。。   
   
その後、転勤してきたばかりの私の同期に変わってもらったが、やはり通じない。   
結局「明日の夕方、空港にとりあえず来い」という話になって、終わってしまった。   
当然、提案も上手く行かない。何のために出張してきたのかわからない。   
精神力のなさを痛感し、力なく空港に向かった。   
(続く)

| | コメント (0)

2007年5月 9日 (水)

飛行機に乗るとツイてない-その⑧

(ニュース)

・3月独鉱工業生産速報 前月比▲0.1%(前月+0.4%)、市場予想±0.0%。   
・3月米卸売在庫 前月比+0.3%(前月改定+0.4%(速報比▲0.1%))、市場予想+0.4%。   
・3月米売上高 前月比+1.8%(前月▲1.0%)、同在庫比率1.14ヶ月(前月1.15ヶ月)。

・豪IrveniaはEsperance港からの輸出が差し止めとなっているが、Fremantle港からの輸出の可能性を模索中。

・ナイジェリアで武装勢力がパイプラインを攻撃、バイエルサ州の主要パイプライン3本が破壊された模様。      
・Total Port Arthur製油所(240KBD、テキサス、P3)の稼動を停止。

(市況)

「エネルギー以外は下落」      
 昨日の商品市場はエネルギー以外は概ね下落した。GW期間中に相場水準が大幅に切り上がった非鉄金属市場では利食い売りが優勢となったが、エネルギーはナイジェリア問題で上昇する展開であった。貴金属は米統計を受けてドル高が進行したことから下落、供給不安の遠のいたトウモロコシも利食い売りに押された。株式市場は概ね下落している。

(ひとりごと)

やっとのことでイミグレーションを通過。   
CAに言われたとおり、航空会社のオフィスに直行する。   
かくかくしかじかでこうなりました、って説明をしたところ、   
職員「ミスター申し訳ない。この予約は旅行代理店を通じて行っているので、旅行代理店で確認が取れなければ再発行は出来ない」   

マジ!?
とりあえず、代理店に電話してみる。誰も出ない。
暫くテープレコーダーのメッセージを聞いていたら、「緊急の場合はコチラに」という案内が出たので、そちらにかけてみる。
オフィサーが出た。

で。

またかくかくしかじかでこうなりました、って説明をしたところ、

オフィサー「直ちに警察に行け」
私「警察?」
オフィサー「そうだ。警察だ」
私「警察って、シドニーの警察?」
オフィサー「そうだ。シドニーの警察だ」
私「だって、俺、チャンギでなくしたのよ。それでもシドニーの警察に行くの?」
オフィサー「そうだ」   
私「何故!?」   
   
全く話がわからない。もう一度聞き返すと彼女はこういった。   
   
オフィサー「ミスター。よく聞け。物を落としたら、警察に行くんだよ」   
   
このやろう!!   
   
小学生じゃないんだぞ!!   
ひょっとして私の英語がまずいのかと思い、空港職員にお願いする。直に交渉してくれと。   
職員も怪訝そうな表情だ。   
携帯を手渡し、職員とシンガポールの旅行代理店との会話が始まる。   
ところが、職員は首をひねるばかり。   
電話が終わった。   
   
職員「ううん。ミスター。何だかよく判らないが、警察にいけ、といっているな。非常にややこしい事になっているので、明日、本社に電話してくれるか?」

マジ!?
シドニーに来て、国際たらい回しにあった。
涙ながらに空港を後にし、ホテルに向かう。
すっかり日暮れだ。
西に沈む太陽は、まさに私の今の気持ちそのもの。
果たして無事に帰れるのだろうか....。
お客さんに面談しに行く前から、帰ることばかり考えている。
(続く)

| | コメント (0)

2007年5月 7日 (月)

飛行機に乗るとツイてない-その⑦

(ニュース)

・4月ユーロ圏製造業景気指数 55.4(前月55.4)、市場予想55.7。   
・3月ユーロ圏失業率 7.2%(前月7.3%)。   
・4月独失業者数▲9千人の3,845千人(市場予想4,000千人)、失業率9.2%(市場予想9.1%)。   
・米MBA住宅ローン申請指数 前週比+0.6%の657.2、購入指数+4.0%の427.3、借換指数▲3.2%の2,015.8。   
・3月米製造業機械受注 前月比+3.1%(前月改定+1.4%(速報比+0.4%))、市場予想+2.2%、輸送機除く受注指数+1.9%(前月+1.9%)。   
・米週間新規失業保険申請者数 前週比▲21千人の305千人(市場予想325千人)。      
・Q107米労働生産性速報 前期比年率+1.7%(前期+2.1%)、市場予想+0.7%。      
・Q107米単位あたり労働コスト 前期比年率+0.6%(前期+6.2%)。      
・4月米非製造業ISM景況指数 56.0(前月52.4)、市場予想53.0。      
・4月米非農業部門雇用者数 前月比+88千人(前月改定+177千人(速報比▲3千人))、市場予想+100千人。2004年11月以来最小の伸び。逆に利下げの可能性?      
・4月米失業率4.5%(前月4.4%)、市場予想4.5%。      
・仏大統領選挙、右派のサルコジ氏が勝利。

・ペルー、70の鉱山労働組合、5日間のストの後、経営側の提案に合意。      
・豪Esperance港から出荷予定のニッケルコンセントレート20.5KMt(Lion Ore MiningとJubilee Mines NLのもの)が悪臭ないし粉塵等を材料に当局の監視下に。

・OPEC議長「世界の原油市場の供給は十分。原油相場高は製油所の不足が後押ししている」      
・OPECハドリ事務局長「需要は10~12月期に増加するので、必要であればこの時期に増産の可能性はある」      
・BP Whiting製油所(252KBD、インディアナ、P2)、6月にも再稼動(関係筋の憶測報道)。      
・Tesoro Wilmington製油所(98.5KBD、カリフォルニア、P5)、改質装置と脱硫ユニットのメンテナンスを実施の予定。      
・ベルギーオイル関連労働組合、経営側の提案に合意。

(市況)

「まちまち」      
 週末の商品市場はまちまちであった。エネルギーはポジション調整と季節要因で概ね下落、非鉄金属は夏場の定修前の需要増加と、米統計(機械受注)が好調であったことなどから飽きない薄い中大幅に上昇する展開となった。貴金属はユーロ高の進行を受けて引き続き上昇、ソフトも堅調であった。株式市場はまちまちであった。

(ひとりごと)

空「何で、今ひげを生やしている?」   
   
英語でこういった尋問を受けた事がないので、こっちはしどろもどろである。   
   
私「いや、あの、私はひげはどうでもいいんだけど、イチロー知ってますか」
空「イチロー?知らないな。何をする人だ」

しまった!また余分なことを言ってしまった!

私「いやあの、イチローは野球選手で」
空「野球とひげとなんの関係があるんだ」
私「いや、あの、えーと、カミさんが好きなんですよね」
空「イチローをか?ヒゲをか?」
私「ヒゲのほうです」
空「ははぁーん」
と、ニヤリと笑いながらいやらしそうな目つきをする。

空「わかるよ」

余計なお世話である。
結局イミグレーションを通過するまで30分近く費やした。   
全くもぅ。   
本チャンはこれからなのに...。   
(続く)   

| | コメント (0)

« 2007年4月29日 - 2007年5月5日 | トップページ | 2007年5月13日 - 2007年5月19日 »