« 2007年3月18日 - 2007年3月24日 | トップページ | 2007年4月1日 - 2007年4月7日 »

2007年3月25日 - 2007年3月31日

2007年3月30日 (金)

オシメ買い

(ニュース)

・3月ユーロ圏小売業景気指数 53.4(前月49.8)   
・アイスランド中銀 政策金利を14.25%で据置き。   
・米週間新規失業保険申請者数 前週比▲10千人の308千人、市場予想320千人。   
・Q406米GDP確定値 前期比年率+2.5%(改定値比+0.3%)、市場予想+2.2%。   
・Q406ニュージーランドGDP 前期比+0.8%(前期+0.3%)、市場予想+0.9%。   
・2月日本失業率 4.0%(前月4.0%)、市場予想+4.0%。   
・2月日本全国消費者物価指数 前年比▲0.1%、コアCPI 前年比▲0.1%(市場予想▲0.1%)。3月の東京都区部コアCPI 前年比▲0.1%。   
・3月日本鉱工業生産 前月比▲0.2%(市場予想▲0.7%)。      
・イラン政府、拿捕の英女性兵士の解放を撤回。

・Free Port 「銅供給は極めて限られており、中国の2007年の需要は堅調である」

・イラン ラリジャニ最高安全保障委員会委員長「英国が混乱と抗議の超えを上げイランに圧力をかけているが、これは何の結果ももたらさないだろう。この状態が続けば女性兵士の解放は困難になる。」

(市況)

「軒並み上昇、貴金属は下落」      
 昨日の商品市況は軒並み上昇した。エネルギーはイラン問題で緊張が高まっていることなどから続伸、非鉄金属もファンダメンタルズの強さを映じて錫を除き上昇している。貴金属は序盤利食い売りに押される格好で下落したが、原油価格の上昇等を受けて後半切り替えした(結果、前日比マイナスではあったが)。
 株式市場は米GDPの上方修正等を材料に上昇している。

(ひとりごと)

イラン問題が大変なことになっている。      
冷静に考えて戦争はありえない、と思うのだがもしホルムズ海峡が封鎖されたら昔のオイルショック以上のことが      
起きてしまうかも知れない。

そうすると、あのときに起こったようなトイレットペーパーの買いだめが起きるのであろうか?
だとすると、我が子の紙オムツも今のうちに買いだめしておいたほうが良いかも知れぬ。
米国が戦争を仕掛けると、我が子がオムツを濡らすことになるのだ。

さあ、薬局に急げ。

| | コメント (0)

ヤマちゃん

(ニュース)

・Q406英GDP確定値 前期比+0.7%(改定値比▲0.1%)、市場予想+0.8%。   
・米MBA住宅ローン申請指数 前週比▲0.2%の671、購入指数+0.1%の411.1、借換指数は▲0.5%の2,197.7。   
・2月米耐久財受注 前月比+2.5%(前月確報▲9.3%(速報比▲0.6%))、市場予想+3.5%。   
・英ブレア首相、英軍兵士解放をもt目、イランへの圧力を強化。   
・佐藤棋聖、棋王のタイトルを奪取。

・LME、モリブデン・コバルト取引上場の可能性を示唆。      
・Vale do Rio DoceのOntario Nickel鉱山は3月31日の労使契約の満期に備え、スト実施の可能性。

・インドネシア プル他皆、4月にLPGを12.6KMt輸入する見込み。3月と同じ水準。      
・BP Whiting製油所(420KBD、インディアナ州、P2)で火災発生。ガソリンユニットの修復にどれだけかかるかは不明。重油生産はメンテナンス中であったこともあり影響はない。      
・ChevronのEl Segundo製油所で小規模なオイル漏れ発生。      
・Motiva Port Arthur製油所(285KBD、テキサス、P3)は予定していなかった修復作業中。      
・Valero Sunray製油所(170KBD、テキサス、P3)は、100%稼動には2007年一杯かかる見通し(2月16日の火災で)。
・Citogo Corpus Christi製油所(45KBD、テキサス、P3)はフレアの影響で一時停止。

(市況)

「まちまち」      
 昨日の商品市況はまちまちであった。エネルギーはイラン問題の継続で高値を維持、非鉄金属は個別のファンダメンタルは強いものの米統計が予想を下回る内容であったことから総じて方向感のない展開であった。貴金属はイラン問題の影響で「有事の貴金属買い」が起きている可能性が高く上昇、ソフトコモディティは作付け面積減少観測を受けて大豆が上昇しているほかは横ばいであった。株式市場はバ議長発言を受けて軟調な展開であった。   

(ひとりごと)

佐藤棋聖が棋王のタイトルを取りましたね。      
応援しているので、非常にうれしいものがある。これで2冠。      
後は羽生に早く勝って欲しい。

さて。

ヤマちゃん、知ってますよね。
NOVAの。

最近言われるんですよね、「似てる」って。
昨晩も久しぶりに友人と飲んだら、似てるっていわれた。
会社でも「Yama-chan, I'm very very sorry, I said too much today」と言ってくれ、といわれるし。

そういわれた後に自宅に帰ると実家の母が遊びに来ていて、我が子に向かって言った。

パパにそっくりですね~

...我が子は将来ヤマちゃんみたいになってしまうんだろうか。

| | コメント (0)

2007年3月28日 (水)

サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ

(ニュース)

・3月独Ifo景況感指数 107.7、市場予想106.5(予想外の上昇)   
・3月米消費者信頼感指数 107.2(前月確報111.2(速報比▲1.3))、市場予想108.5。   
・米国がイランを攻撃との「噂」が早朝流れる。米国は即座に否定。   
・植木等さん、死去(80歳)

・Xstrata ニューカレドニアのKoniamboニッケルプロジェクトの生産は2010年末に開始の見込みと発表。

・ブラジルペトロブラスとイタリアEniはエタノール事業で協力する可能性を示唆。

(市況)

「まちまち」      
 昨日の商品市況はまちまちであった。エネルギーは特段新規材料がない中横ばい、非鉄金属は個別のファンダメンタルを映じて、というよりはテクニカルな売買でまちまち。貴金属はユーロ高が進行したものの、今晩のバ議長発言を控えてこちらもテクニカルな売買が中心であったと思われる。ソフトコモディティもまちまち、株もまちまち、といった展開であった。

 尚、朝方のWTI急上昇は一部報道でイランを米国が攻撃、といった「噂」が流れたため、としているものが見受けられたが実際の価格上昇はその報道がある前から起きており、足許の相場上昇でテクニカルに何らかの買い(システム売買による買い等)が起きたためと考えられる。尚、イラン問題は米国が即座に否定している。

(ひとりごと)

植木等さんがなくなった。      
1993年にハナ肇が亡くなり、クレージーキャッツ向けに歌詞を提供していた青島幸男もこの前亡くなっている。      
これで一時代を築いた3人がこの世からいなくなってしまった。
悲しい限りである。

植木等自体は私が生まれる前の人であるが、大学生の頃にスーダラ節が編曲されて売り出されているので、なんとなく身近である。
と、言うこともあってクレージーキャッツの音楽の方は、学生の頃によく聞いた。
歌詞が結構いいんですよね。サラリーマンの悲哀が出ていて。
例えば私が好きな「ドント節」の歌詞は以下のようなものであった

サラリーマンは 気楽な稼業ときたもんだ
二日酔いでも 寝ぼけていても
タイムレコーダー ガチャンと押せば
どうにか格好がつくものさ
ちょっくらちょいと パァにはなりゃしねえ
ドント 行こうぜ ドンとね...

うーん。
自分も含めて確かに会社にきていれば格好がつくといえば、つく。
ちょっくらちょいとパァにはなりゃしねえ、というくだりも言いえて妙である。
ゴマすり行進曲の歌詞も好きであった。

ゴマをすりましょう 陽気にゴマをね
口からでまかせ 出放題
手間もかからず 元手もいらず
すればこの世に 春がくる
偉い奴は おだてろ ゴマすってのせろ
それすれすれ ゴマすれ ホイホイ

こんな人、いるんだろうか、と思ったら実際会社にいたりした。
昔も今も、サラリーマンはお気楽なのであろうか。

と、思っていたら朝のテレビで昔の植木等のインタビューが放送されていたが、植木等自身は
「こういった軽薄な歌を歌っていいものか」ものすごく悩んだらしい。
まじめな人だったのだ。

そのコメントの後でさらに植木等がこう付け加えていた

「これからもサラリーマンにエールを送りつづけていきたい」

と。
植木等66歳の時のことである。
彼はそれこそ40年近くそのメッセージを伝えつづけて来た訳である。
1つの信念を持ち続けることの大切さを感じた。

私も「コモディティのデリバティブが製造業の皆さんの役に立つ」と信じて業務を続けている。
この気持ちは今後も持ちつづけて行きたいと思う。

| | コメント (0)

2007年3月27日 (火)

メヂカラ

(ニュース)

・2月米新築住宅販売 前月比▲3.9%の84.8万戸(前月確報 88.2万戸(速報比▲5.5万戸))、市場予想+5.4%の98.5万戸。2000年6月以来の低水準。

・豪Minara Resourcesは需要の増加に対応するため、9月までにその生産量を25%増加させる計画であると発表。Murrin Murrinの2,000Mtの検証が完了した後に決定するとのこと(年産20KMtに)。      
・BHP Billitonは、2007年の探鉱費用に71.3億㌦を投資すると発表(主にアジア、アフリカ、中国の需要増加が現状の供給量では満たせないため)。 
・Vale do Rio Doceは、ニューカレドニアのGoro Project完了までに30億㌦以上の費用がかかり、フル稼働まで3年かかる見通しと発表。完成予定はQ408。
・ペルーの2月の輸出は、銅(354百万㌦、前年比+20%)、亜鉛(221百万㌦、前年比+100%)の影響で、合計17.8億㌦(前年比+23%)に増加。   
・Xstrataはオーストラリア、チリ、ペルーの新規鉱山開発等を通じて銅生産を1百万㌧/年増加させる計画。 

・Holly Energy のWest Bountiful製油所(26KBD、ユタ、P4)、火災のため稼働率低下。      
・Valero Wilmington製油所(135KBD、FCCキャパシティ54KBD、カリフォルニア、P5)、メンテナンスに遅れ。      
・イランは国連安保理の追加制裁決議に対し、今後も核開発を継続することを表明。      
・IEAマンディル事務局長「原油価格は現在非常に高い水準にあり、OPECは増産するべきだ。消費国は消費量を減らす必要がある」   
・豪Woodside Cossak Pioneer地区の生産(1000KBD)を一時的に停止。サイクロンKaraの接近で。同様にLegendre地区(7KBD)、Multineer Exeter地区(55KBD)も生産停止に。 

(市況)

「軒並み上昇」      
 昨日の商品市況は軒並み上昇した。ファンダメンタルの強さと株式市場の安定を映じて、非鉄金属・エネルギーは騰勢を強めている。昨年4月に急上昇他状況と価格の動きがなんとなく類似している。ユーロ高を映じて貴金属は上昇、ソフトコモディティは米輸出関連統計がベアな内容であったことや天候の好転で作付けが進むと見られたことから、投機筋の利食い売りに押された。

(ひとりごと)

夜、どうしても子供が起きてしまう。      
ミルクを飲むので、2時間とか3時間おきに目が覚めるのは仕方のないことなのだが      
それ以外にも原因不明のぐずりがあるから大変である。      
まぁ、このあたりはどの親でも経験することなのだろうから、取り立ててウチが大変、というわけではないと思う。      
      
とはいっても。      
      
やっぱり子供もママに抱っこしてもらっているほうが良いらしく、私が抱いてもあまり泣き止まない。      
という話を会社でしていたところ、とある商品を勧められた。      
ぬいぐるみなのだが、おなかのボタンを押すと、胎児が母親のおなかの中にいたときと同じ音がでて      
子供も安心、両親も安心、皆で安眠、というスグレモノである。      
ちょっと高かったが買ってみた。      
      
実験してみると確かに効果はテキメンで、我が子もガクッとなってあっという間に眠りに落ちる。      
これは凄い。      
これでパパもママも安眠できる、と思った。      
      
しかしながら、である。      
      
夫婦で夕飯を作っている最中にぐずりだしたので、当該商品の活躍の出番か、と思い      
ぬいぐるみのおなかのスイッチを押そうと、ベビーベッドに近づいた。      
ぬいぐるみは子供に音がよく聞こえるように、枕もとにおいてある。      
      
ボタンを押そうと手を伸ばす私。      
      
ところが、我が子がこの父親の動作に気づいた。      
泣きながら、切なそうにぬいぐるみのボタンを押そうとしている私の手をじっと見ているのだ。      
まるで、      
      
「頼むから押さないで!」      
      
と懇願しているようだ。      
      
「それを押したら、俺、眠っちまうよ!!」      
      
といわんばかりに淋しく、かつ、切ない顔をするのだ。      
いとおしい、という感情は、こういうときに生まれるのだ、と知る瞬間である。      
      
以前、実家の飼い犬が遊んでいたおもちゃを取り上げたとき、似たような目をされたことがある。      
犬と我が子を同列に扱ってはいけないのだが、言葉がしゃべれない、ということで目での表現力が増すようである。      
まさに「目力(メヂカラ)」      
      
女性雑誌で取り上げられていた「目力」とは、別ですが、こっちのほうが強力だ。      
切ない目力特集ってのはどうですかね?      
      
え?意味が違うって?   

| | コメント (0)

2007年3月26日 (月)

ホイコーロー - レシピ①

(ニュース)

・2月米中古住宅販売 前月比+3.9%の669万戸、市場予想630万戸。      
・女子フィギアスケート 安藤美姫・金メダル、浅田真央・銀メダル。よく頑張った!!      
・白鵬 お手つきで朝青龍を下し、2回目の優勝(ちゃんと取り組みして欲しかった...)。

・チリ Codelco CEO「中国の想像を越える新規建設により、銅需要は来年まで拡大し続ける公算」      
・ICSG 銅の鉱山キャパシティは2011年までに+4.6%増加し、21.2百万㌧/年の生産が可能になる見込み。南アとアフリカは2.5百万㌧/年となる見込み。

・中国CNPC幹部、中国の石油需要は2010年までに29%増加する可能性。石油需要は455百万㌧(9.14MBD)、うち輸入は250百万㌧に達する見込み。 
・ExxonMobil のTorrance製油所(155KBD、カリフォルニア、P5)はサルファーユニットの修復に失敗。低稼働率での稼動が続く見込み。   
・イランで英海軍兵士15名がイラン軍に拘束される。

(市況)

「まちまち」      
 週末の商品市況はまちまちであった。テクニカルな手仕舞い売りが終了したと考えられるエネルギーは上昇、非鉄金属は上げ幅が大きかったこともあって一服、貴金属はドルが強含み推移したことから売られた。ソフトコモディティはファンドの手仕舞い売り等で水準を下げる展開であった。
 CFTC建玉はエネルギーはショートポジションの縮小を通じて軒並みネットロング幅を拡大、貴金属はロング筋の手仕舞いでネットロング幅を縮小、非鉄金属はロング幅の増加でネットショート幅を縮小している。ソフトは作付けの遅れが指摘されている大豆のみネットロング幅を拡大している。
 週間騰落率では、先週はニッケル・鉛・Comex銅の上昇率が顕著であった。セクター別でも非鉄金属・貴金属が上位。パフォーマンスが悪かったのがエマージングであった。

(ひとりごと)

安藤美姫が優勝した。      
怪我とかマスコミの追っかけとか、いろいろあったみたいだけど本当によく頑張ったと思う。      
まだ19歳ですよ。      
コモディティの仕事している人の大半の人の半分ぐらいの年齢ですよ。      
テレビを見ていて一人泣いてしまった。      
      
さて。      
      
週末は中華料理を作った。      
カミさんの要望によるものである。      
といっても和洋折衷であるが。      
昨日作ったのはホイコーロー飯。      
私のレシピは以下の通り。超、適当に作ったが結構美味しかった(個人的には納得)。      
      
(材料)      
豚ロース肉 150グラム(どこの部位でも良い。この日はスーパーで豚ロースの薄切りが安売りだったのでこれを使った)      
キャベツ 1/4玉(火がとおり難いので、芯の固いところは外す)      
にんじん 1/2本(革を向いて、拍子木型の薄切りに)      
ピーマン 2個(芯を抜いて、5ミリ幅の短冊切りに)      
きくらげ 好きなだけ      
卵 2個(2人分)      
にんにく スライスを5枚程      
(合わせ調味料)      
テンメンジャン 大さじ3      
薄口しょうゆ 小さじ1      
オイスターソース 大さじ1      
トウバンジャン 小さじ2      
田舎味噌 小さじ1      
みりん 小さじ1      
砂糖 小さじ2      
中国黒酢 お好みで      
      
(作り方)      
まずフライパンに油を引き、にんにくを低温でいためる。      
次に、豚肉をいためて皿に移しておく。      
その後、残った油でピーマンとにんじんをいためる。      
しんなりしてきたらキャベツときくらげ、豚肉を投入。      
日本酒を適当に回しいれて、蓋をして1分ほど蒸す。      
      
蓋を取ってみてキャベツがしんなりしてきたら、合わせ調味料を投入。      
全体的に合わせ調味料がなじんだら、中国黒酢を鍋のふちから回しがけして風味を出す。      
      
ご飯を皿にもり、いためたホイコーローをのせる。      
その上に半熟の目玉焼きをのせて、完成。      
      
頂きます。      
      
この目玉焼きが乗っているところが実は結構ポイントで、      
食べるときに崩して黄身をまぶしながら食べるのが美味しい。      
昨日は砂糖を控えめにしたが、ご飯にあわせるならば結構甘めにしても美味しいと思う。      
(そのときはトウバンジャン等を多めにいれて、辛味を強くしたほうが良いと思うけど)。      
味をさっぱりさせたかったので、日本酒で蒸し焼きにしたが、中華風を望むなら紹興酒を使ってもいいかもしれない。      
      
この料理の良いな、と思ったのは余った野菜で作れるところであろうか。      
ご興味のある方、是非お試しあれ。

| | コメント (0)

« 2007年3月18日 - 2007年3月24日 | トップページ | 2007年4月1日 - 2007年4月7日 »