« 2007年2月25日 - 2007年3月3日 | トップページ | 2007年3月11日 - 2007年3月17日 »

2007年3月4日 - 2007年3月10日

2007年3月 9日 (金)

学校の授業って

(ニュース)

・フィリピン中央銀行 政策金利を7.5%に据置き。      
・1月独鉱工業生産 前月比+1.9%(前月改定+0.1%)、市場予想+0.4%。      
・米週間失業保険申請者数 前週比▲10千人の328千人(市場予想330千人)。      
・ECB政策金利を0.25%引上げ、3.75%に。景気拡大に地震。      
・BOE政策金利を5.25%のまま据置き。      
・1月日本機械受注 前月比+3.9%、市場予想+1.4%。予想を上回る伸び。

・米在庫統計 原油在庫▲4.8MB(市場予想+1.8MB)、ガソリン▲3.8MB(▲1.5MB)、ディスティレート▲1.3MB(▲2.8MB)、稼働率▲0.1%(▲0.3%)。 
・Exxon Mobil Rotterdam Refinery(188KBD)を電力不足の影響で停止。      
・Petro Canada Edmonton Refinery(135KBD)が火災。稼働率が低下。      
・武装勢力に攻撃されたナイジェリアのパイプライン(WariとKaduna製油所に直結)は3ヶ月以内に修理が終了する見込み。

(市況)

「総じてしっかり」      
 昨日の商品市況は株式市場が安定を取り戻しつつあることを受けて、総じて「しっかり」の展開であった。
 非鉄金属は株式市場の上昇を受けて水準を大きく切り上げ始めている。セクター別の騰落率では2月は非鉄金属が一番であった。この流れが継続しているといってよさそうである。エネルギーは小幅下落したものの、コチラも総じてしっかり、と言ってよさそうだ。貴金属は株の戻りを受けてファンドマネーが再流入していると言える。ソフトも総じて堅調であった。
 株が落ち着けば、年初から投機筋の物色対象になっていると考えられる、非鉄、貴金属、ソフトは顕著に上昇することになるのではなかろうか。

(ひとりごと)

すみません。昨日はカミさんの退院で休みました。      
それから、「コデルコ豚」と書いたつもりが「コベルコ豚」になっているところもありました。      
最近誤字が多くてすみません。

それから配信が遅くなりました。
自宅に財布から入館証から全て家に忘れてしまい、略、裸ん坊のままで駅に行ってしまったためです。      
子供が出来て、動揺してるんでしょうか。      
      
さて。      
      
やっと昨日我が子が病院から帰ってきた。      
彼からすれば、初めての我が家である。      
昨晩はお七夜だったので、自宅に双方の両親が集い、飯を食べた。      
      
当然、命名式もやった。      
まぁ、命名式、といっても半紙に筆で名前を書くだけなんですけどね。      
自分からすれば高校卒業の頃以来の書道。      
書き方も忘れているし、書き順も結構忘れている。      
日本の文字って、そういう意味では結構よく出来ていて、正しい書き順で書いたほうが綺麗に書けるのだ。      
ワープロ普及の弊害である。      
      
しかし、である。      
もう少し中学・高校の書道の時間にもっとまじめにやっていればよかった。      
正直私は字が下手なのだ。      
高校の頃は、別に半紙に書く必要なかったんだが、戦艦大和の絵を書いたり、似顔絵を書いたりしていた。      
まったく意味がないことなのであるが。      
ああいった授業の意味を、この歳になってやっと知るのである。      
      
似たケースでは結婚披露宴の場合があろう。      
このコラムの読者の方でも、「結婚披露宴に行ったら、芳名帳の横に筆と墨」しか置いていなかった、という経験をした方はいるのではなかろうか。      
あれって恥ずかしいですよね。      
受け付けの人が人が名前を書くのをじっと見てるし。      
      
学校はもっと、「具体的にどんな場面で必要なのか」を説明する必要があるんじゃないの?      
と子供の名前を筆で書いていて、思った。

| | コメント (0)

2007年3月 7日 (水)

イベリコ豚

(ニュース)

・Q406ユーロ圏GDP速報 前期比+0.9%(Q306改定+0.6%)、市場予想+0.9%。   
・Q406米非農業部門労働生産性改定 前期比年率+1.6%(速報比▲1.4%)、市場予想+1.5%。   
・Q406米単位労働コスト 前期比年率+6.6%(速報比+4.9%)、市場予想+3.2%。インフレ懸念が残存か。   
・1月米中古住宅販売 前月比▲4.1%(12月改定+4.5%(速報比▲0.4%))、市場予想▲1.2%。12月な温暖な気候の反動の可能性。   
・1月米製造業受注 前月比▲5.6%(前月改定+2.6%(速報比+0.2%))、市場予想▲4.5%。   
・FRBバーナンキ議長の講演では特段のコメントなし。   
・欧米はイラン問題に関して60日間の新たな期限を与えるという中国とロシアの提案に合意。   

・チリ CodelcoのRadomiro Tomic鉱山(300KMt/y)は3月2日の火災で稼働率が低下しているが後15日ほどで復旧する見込み。   
・ザンビア Luanshya銅山、労使交渉に伴う稼動停止で390Mtの生産に影響。      
・Xstrata UkのNorthfleet Smelter(2006年の鉛生産量:162KMt)は、オーストラリアMount Isa鉱山からの鉛供給停止によりフォースマジュールを宣言。

・IOCのGuwahati製油所(20KBD)に火災が発生。修理は4日程度で終了する見込み。      
・Exxon Mobilは6月と7月に、シンガポールのJuron地区緒製油所(309KBD)をメンテナンスのため停止の見込み。      
・EIA月報      
2007年石油需要見通し、Q107 86.8MBD(前回発表時比+0.3MBD)、Q207 84.8(同▲0.3MBD)、Q307 86.3(同▲0.1MBD)。   
2007年中国の石油需要 7.8MBD、2008年は8.3MBDと予想。      
OPEC10の1月の産油量は26.46MBD(前月比▲0.2MBD)。 

(市況)

「軒並み反発」      
 昨日の商品市況は軒並み反発した。昨日発表された経済統計は決して好調な内容ではなかったものの、株式市場が一時期の大幅下落から回復、反発したことを受けて心理的に買い安心感が広がったものと考えられる。為替の急速な円高進行にある程度歯止めがかかりアジア株に戻り基調が強まったことなどが背景として挙げられる。
 非鉄金属・エネルギーとも買い戻しが優勢。ソフトコモディティも戻り基調を強めたものの、前日比マイナスで引けた。今後も引き続き株価動向をにらみながら一進一退の展開が継続することとなろう。

(ひとりごと)

すみません。昨日も急に休んでしまいました。申し訳ないです。
読者の方から指摘があったが、

「痛みに耐えてよく頑張った」のは
カミさんと貴乃花であり、朝青龍ではない。

とのこと。
確かに、朝青龍ではなかった。すみませんでした。

さて。

とある非鉄関係の人と豚シャブを食べに行った。
そのお店はイデリコ豚のシャブシャブを出す店である。

店に行くまで、どんな料理が出てくるか知らなかったので、彼に聞いてみた。
そうしたら彼は力強くこういった

「コデルコ豚ですよ」

えッ!!
コデルコ豚ですか!?

そういわれるとどうも、ストで怠けていて、油っぽい豚のような気がする。
もしくは、体に必須の亜鉛とかがたっぷり入っているようにも思える。

こんな話で笑える人、そんなにいないんだろうなぁ。
多分2000年頃の日本で総勢1000人ぐらいしかいなかったと思う。
でも日銀の吉国統計資料をもとに計算すると、
2000年12月と2006年6月時点のデリバティブの想定元本の総額伸び率は、は実に1077%となっている。

これと略同じ伸び率で、非鉄業界の知識がある人が増えたと仮定すると、
コデルコの名前を知っている人は計算上では、11,770人になっているはずだ。

将来の目標は、日本国民全員が、コデルコ豚で笑ってくれる世の中にすることです。

| | コメント (0)

2007年3月 6日 (火)

ごめんなさい、今日も休みます

(ひとりごと)

すみません、連日。

今日はお父さん向けの「沐浴」講習があり、午前中出社できませんでした。

いつものレポートは明日から再開です。

今週は更新が不定期になりますので、ご容赦ください。

| | コメント (0)

2007年3月 5日 (月)

閨閥作りとは

(ニュース)

・2月米ミシガン大消費マインド指数確定 91.3(1月96.9(速報比▲2.0))、市場予想93.5。   
・米ポールソン財務長官「米経済は健全で景気減速は想定せず。米労働市場は健全。海外からの米国債投資を歓迎。インフレは抑制されている。」

・ザンビアの Luanshya Copper 鉱山、1,800人の労働者がスト開始(銅生産2,000Mt/y, コバルト100Mt/y)。      
・Southern Copper Corpは、ペルーのIlo Smelterのアップグレードが終了(700KMt/y)。      
・Xstrata Sudburyニッケル鉱山の労使交渉「一時的な合意」に至ったと発表。 

・アルジェリア ヘリル鉱業相「原油相場が標準的な状態にあるため、OPECは現行の生産枠を維持」      
・ジャパンエナジー 水島の二次装置の拡張工事は来月までかかる見込み。      
・Valero 火災の影響を受けたTexas City製油所の修理が今週中にも終了すると発表(処理量245KBD)。

(市況)

「総じて低下」      
 週末の商品市場は総じて下落した。
 株価調整が一旦落ち付いたと見られたものの、週末を控えた手仕舞い売りが先行し、再び不安定な状態となったことから商品市場でも手仕舞い売りが先行したものと思われる。金曜日は商品を問わず、殆どの商品価格がすいじゅんを切り下げている。今後については株式市場動向に注目せざるを得ない状況が続くと見られる。
 株アナリストのコメントを聞いていると今月一杯は株式市場が不安定な状態が続く、との見方が大勢のようだ。今週は米国で雇用統計等の比較的大きな指標の発表があるのでコチラにも注目したい。

(ひとりごと)

すみません。金曜日は予告無くお休みしてしまいました。

と、言いますのも、ついに待望の第一子(男子)が誕生したのです!!
おめでとう!!僕!!

予定よりも2週間も早い出産だったので非常に心配していたのだが
無事に生まれてくれて何より、であった。
自分の遺伝子を持った生物が存在していることが、非常に不思議に思える。

しかし、カミさんは頑張ってくれた。
本当に感謝している。

感謝しているので、病院から帰宅後、入院中のカミさんにメールをした。
内容は、

「痛みに耐えて、よく頑張った!! 感動した!!」

と、いうもの。
確かに、我が子は朝青龍に似ている、と思った。
やはり蒙古系なんだろうか。
横綱級に立派に育って欲しいものである。

ここで名前を披露するのはちょっと遠慮があるんで止めておくが、
我がチーム内では

油平(ゆへい)

が第一候補だったらしい。油売り的にはアリな名前であるが、一応鉄金属の仕事もしているので、

金平(きんぺい)

でも良かったかも知れない。
しかしみんな、華麗なる一族、見すぎ。

閨閥も作りませんからッ!!

| | コメント (0)

« 2007年2月25日 - 2007年3月3日 | トップページ | 2007年3月11日 - 2007年3月17日 »