« ウルトラクイズ | トップページ | 若い娘とは »

2007年6月 1日 (金)

中華丼

(ニュース)

・世界銀行、2007年中国GDP伸び率を+10.4%に上方修正。   
・5月ユーロ圏小売業景気指数 48.4(前月54.6)、市場予想48.4。   
・米MBA住宅ローン申請指数 前週比▲7.3%の636.4、購入指数▲2.5%の427.0、借換指数は▲13.0%の1,874.6。   
・中国株大幅下落。株取引に関わる印紙税の引上げ(0.1%を0.3%に)が引き金に。   
・Q107インドGDP 前年同期比+9.1%(Q406改定値 +8.7%)、市場予想+9.5%。予想は下回るも、製造業の増産が寄与。   
・Q107スイスGDP 前期比+0.8%(Q406+0.5%)、市場予想+0.6%。消費が拡大。      
・5月独失業者数 前月比+3千人(市場予想▲20千人)、失業率9.2%(市場予想9.1%)。      
・5月仏消費者信頼賀来指数 ▲14(前月▲20)、市場予想▲19。サルコジ大統領の就任を好感。      
・米週間新規失業保険申請者数 前週比▲4千人の310千人(市場予想314千人)。      
・Q107米GDP改定 前期比年率+0.6%(速報比▲0.7%)。在庫投資、純輸出がマイナスに。個人消費は前期比年率+4.4%(速報比+0.6%)と好調。      
・5月米シカゴ購買部協会指数 61.7(前月52.9)、市場予想54。2年ぶり高水準。生産指数69.8(同62.2)、新規受注71.1(同56.5)。      
・4月米建設支出 前月比+0.1%(3月改定+0.6%(速報比+0.4%))、市場予想±0.0%。

・米在庫統計 原油在庫▲2.0MB(市場予想+1.0MB)、ガソリン+1.3MB(+1.4MB)、ディスティレート±0.0MB(+0.7MB、+1.1MB)、稼働率±0.0%(+0.5%)。      
・コロラド州立大学「今年は5つの大きなハリケーンが発生し、74%の確率で上陸する」      
・Shell、ナイジェリアの地域住民の破壊活動により150KBDの生産が停止に(以前再稼動したばかり)。      
・Shell、パイプライン漏れの影響で、ナイジェリアで77KBDの生産が停止。

・チリ、深刻な天然ガス不足で銅生産者向けの電力が停止される可能性(チリ電力会社GasAtacamaのコメント)。

(市況)

「総じて上昇」      
 昨日の商品市場は上昇した。在庫統計が予想比若干ブルであったこと、ナイジェリアの政情不安でエネルギーは上昇、非鉄金属は安値拾いの買いで上昇、貴金属はユーロ高の進行を受けて上昇、ソフトも堅調であった。株式市場も総じて上昇している。上海株下落のマイナスの連鎖が懸念されたが一応影響が軽微なものに留まったことから各商品市場にも買い安心感が広がったものと考えられる。

(ひとりごと)

今日、超長いですよ。

中華丼は曲者だ。
なぜって、丼、という名前をもらっているのにも関わらず、丼に入っていないから。

だって、そうじゃないですか。
チャーハン乗せるような皿の上に、ご飯とあんかけがかかっているだけじゃないですか。
なので、本来的には中華丼ではなく、中華皿、と呼ぶべきだといつも思っている。

それはさておき。

美味しいですよね、中華丼。
前の会社の後輩で、やたら中華丼が好きな奴がいたが、今でも昼に中華丼を食べているんだろうか。
いつもご飯大盛りにしていたな。そういえば。

それもさておき。
   
美味しいですよね、中華丼。   
「丼」といっているにも関わらずその正体は「皿」なので、比較的運営計画がゆるい食べ物である。   
以前、親子丼の時にも意見したが、ねっとり系の液体がかかっている丼ものは   
タレのしみ込みによって、ご飯とおかずのバランスがとりやすいからだ。   
   
但し難点は、「いろいろな具材が一緒くたになっている」ことであろうか。   
確かに、白菜のしゃきしゃき、もやしのポリポリ、きくらげのコリコリ、豚肉のしっとりもっちり、といったさまざまな歯ごたえと味を楽しめるところは良いといえば良い。   
しかしながら、ですよ。   
全部一緒に口に入れちゃうと、しゃきしゃきポリポリ、コリコリ、しっとり、落ち着かなくありません?   
よく考えてみると。   
   
そう、とにかく美味しそうなものは全部突っ込んでしまえ、という中国的な発想で作られているのだ。   
(実際のところは、東京の中華料理店で、客の要望で八宝菜をご飯に乗せたのが始まりだとか。なので、日本発の食べ物である)   
まるで、最近話題になった中国の遊園地のようなものである。   
   
とは言いながら、美味しいので食べてしまう。
まず、好みにもよるが、ぐるりとお酢を回しがけする。
その後、お酢のバランスが良くなるように、あんかけの方のみをお酢と混ぜる。
このとき、ポイントとしてご飯を一緒に混ぜてしまうようなことをしてはいけない
というのも、うっかりご飯にお酢をかけてしまうと、ご飯がお酢を大量に吸い込んでしまって酸っぱくなりすぎる可能性が高いからだ。
なので、あくまであんかけとお酢を混ぜるときには慎重にせねばならない。

その後、辛子を皿のふちに山盛りにする。
なぜ山盛りか、といえば
「食べている途中で辛子が足りなくなったときに追加しようとしても、既に皿のふちがある程度汚れてしまっているので、
「外の食堂だったりするとここで辛子を追加すると、『いやだ、あの人汚い』と、女の子の軽い軽蔑を受ける可能性が高い」。
ためである。

恐らく女の子から「思い切りのいい人なのね」と「汚い人ではないのね」と羨望のまなざしで見られること請け合いである(本当か?)
なので、そんなに使わない人でも思いっきり辛子を載せて欲しい。

で、辛子の使い方は、個人的には

「スプーンないしはレンゲに少しずつ載せて使う」

方法を推奨したい。
なぜって、辛子をあんかけに混ぜるのって難しいから。
それだけ。
でもこっちのほうが辛子がツンと効くので塩梅が宜しいと思います。

で。

「横目にうずらの卵をにらみつつ」お酢とあんかけと辛子のツンと来る辛さを楽しむのだ。
このうずら、1個しか載っていないところが、また、いい。
だって、食べちゃったらお仕舞なんですから。
うずらは唯一味の系統の違う食べ物であるため、食べるタイミングがまた難しい。
つまりですね「今まで運営計画と読んでいたものとはまた別の運営計画」
が要求されているわけですよ。

うずらを口に運んだときには、この上もない満足感があるが
もし結構早い段階で食べてしまうと、後はひたすら、しゃきポリコリしと、の行為を繰り返すのみで面白みがなくなるし
相当後ろのほうで食べてしまうと、中華丼を食べた、というよりも「俺、昼飯にうずらの卵食べた」という感じが強くなってしまうし
真中ヘンで食べても、なんていうんですかね。
例えれば
「ウルトラマンが怪獣と闘うシーンが30分番組の15分辺りにあって、残りの15分は流し」
みたいなものだ。
もしウルトラマンが毎回そういう番組だったら視聴率も上がらなかっただろう。
よってこれもお勧めできない。

そこで私はこの「怪獣との戦闘」は番組の後半10分、あ、いやいや、「うずらの口中投入」は後半3分の1のところで
を推奨したい。
そう、日本人も、中国人も、アメリカ人も、イギリス人もみんな「ドラマ」を求めているのだ。
しかしこの食べ方であれば、非常にドラマチックに中華丼を楽しめることになるはずだ。

なんてことを考えて食べ進んでいたら食べ終わった。
本当は丼じゃないんだけどね。

|

« ウルトラクイズ | トップページ | 若い娘とは »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウルトラクイズ | トップページ | 若い娘とは »