« イタリア度 | トップページ | なんにもない »

2007年4月 5日 (木)

ジャンケン

(ニュース)

・3月ユーロ圏サービス業景気指数 57.4(前月57.5)、市場予想57.5。   
・2月独製造業受注指数 前月比+3.9%(前月改定▲0.3%)、市場予想+0.5%。輸出増加に伴う外需が好調。   
・米MBA住宅ローン申請指数 前週比▲3.2%の649.5、購入指数▲2.0%の402.9、借換指数▲4.5%の2,098.3。   
・3月米非製造業ISM景況指数 52.4(前月54.3)、市場予想55.0。   
・アフマディネジャド大統領「記者会見後に英兵を解放」

・ザンビアは、鉱床発見後に銅生産を2011年までに2倍の1百万㌧/年に引き上げる見込み。      
・中国はHigh Grade Zincの輸出リベート5%を撤廃することを検討中(Reuters)。      
・IverniaはMagellan Lead Mineのフォースマジュールを宣言。2006年の粗鉛の生産は62KMt、2007年は95KMtへの増産が見込まれていた。   
・Peru Doe Run Resourcesの精錬事業労働者、道路を封鎖してストを決行中(亜鉛40KMt/年、銅60KMt/年)。

・ExxonMobil Beaumont製油所(348.5KBD、テキサス、P3)のCokingユニット、液漏れで閉鎖。      
・Lyondel Chemical Houston製油所(270KBD、テキサス、P3)の脱硫装置の故障の修復完了、生産には影響なし。    
・BP Whiting製油所(420KBD、インディアナ、P2)、電力障害で停止。      
・ConocoPhillips Sweeny製油所(216KBD、テキサス、P3)はコンプレッサーの故障で4月2日から停止。      
・Shell Deer Park製油所(340KBD、テキサス、P3)は定修で停止していたが、昨日再開。      
・Shell Pernis製油所(420KBD、ロッテルダム)電力障害の影響で複数のユニットが停止。

(市況)

「まちまち」      
 昨日の商品市況はまちまち。非鉄金属はファンダメンタルの強さを映じて続伸。エネルギーはベアな原油統計を受けて原油は下落、製品は上昇。貴金属はドル安の進行で上昇、ソフトコモディティはコーン・パルプが上昇、その他は下落であった。株式市場はマイクロソフト社の利益見通し改善等を好感して総じてしっかり。新興国株も上昇している。

(ひとりごと)

任天堂DSで始めて脳トレーニングをやってみた。      
え?      
結果ですか?
モチロン、20代でしたよ。
時々ですけど。

面白いので、88歳の祖母にもやってもらった。
結果から言うと70歳代の結果がでていた。大したものである。
しかしながら、実際のところは60歳代の結果が出ていてもおかしくなかったと思う。
なぜって。

あのソフト、画面を見ながらジャンケンするゲームが入ってんですよね。
例えば「パー」が出て「負けてください」って指示が出てるときには、マイクに向かって「グー」って言わなければならない、ってゲームなんですけど。

うちのばあさん、機械が反応しない、反応しないって言うんですよ。
なのでやってもらったところ、画面に「グー」がでて「負けてください」という指示。
それに対し、うちのばあさん、

「はさみ!!」

....ばあさん、それは反応しないよ。。。

|

« イタリア度 | トップページ | なんにもない »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア度 | トップページ | なんにもない »