« 思えば遠くへきたもんだ | トップページ | パチンコ ウルトラマン »

2007年4月11日 (水)

ヤッターマン

(ニュース)

・3月中国貿易黒字 68.7億㌦(前月112億㌦)、市場予想200億㌦の黒字。   
・金融政策決定会合で金利据置き決定。   
・2月仏鉱工業生産 前月比+1.1%(前月改定▲0.2%)、市場予想+0.6%。予想を上回る増加。   
・2月機械受注 前月比▲5.2%、市場予想▲0.4%。2ヶ月ぶりのマイナス。   
・中国温家宝首相来日。もっと仲良くなれるといいですよね。

・中国の3月銅・銅製品輸入は前年比+61%の307.74KMt(過去最高。前月は239.772KMt)に。スクラップ輸入は354.226KMt。   
・中国の3月期のアルミ関連品輸出は38.5KMt(前月比▲22%)、同輸入は105.6KMt(昨年8月以来の高い水準)。

・天然ガス価格が上昇。気温低下等で。但し在庫水準は過去5年平均を上回っている。      
・BP Texas City製油所の電力障害は生産に影響なしとコメント。      
・Valero Benicia製油所(36KBD、カリフォルニア、P5)を33日間、Paulsboro製油所(58KBD、ニュージャージー、P1) 

(市況)

「上昇」      
 昨日は概ね上昇(上記に掲載しているものの中では、TOCOM、IPE Gasoil、砂糖、大豆が下落)。エネルギーは予想通り一昨日の下げが大きかったことから買戻しが優勢となった。非鉄金属は上海での価格上昇に加え、LME在庫の減少に伴いイースター明けの買いで値を飛ばした。株式市場は新興市場株を中心に堅調に推移している。今朝方発表された機械受注(日本)は予想を上回るマイナスとなった。

(ひとりごと)

朝、ニュースを見ていたら面白いニュースをやっていた。   
何でも、   
「ヤッターマンが実写で映画化」   
されるらしいのだ。   

一応知らない人もいると思うので簡単に説明すると、財宝の地図が隠されたとされるドクロストーンをめぐり
ドロンボーという悪役3人組と、ヤッターマンという2人組が戦う
という話。
この話のキモは、ヤッターマンの使っている「ヤッターワン」という犬型ロボットと敵ロボットの対戦である。
このあたりも今から考えても結構斬新で、「メカのもと」なる骨を食べさせると、ミニロボットがヤッターワンの口から出てきて
敵を倒すのだ。

あの時は4歳か5歳だったと思うが、非常に楽しみにしていた番組の1つであった。
ニュースを見ていてびっくりしたのが、アンジェリーナ・ジョリーに「ドロンボー」の頭領である「ドロンジョ」役を打診していたこと。

製作者側も相当気合が入っているようだ。
恐らく監督やスタッフ、私と対して歳が変わらない人々なんだろうなぁ。
もし彼女が引き受けていたら、ヤッターマンの実写版、日本語じゃなくて英語で作るつもりだったんだろうか。
そんなヤッターマンは見たくないので、これでよかったのだろう。

でも、毎度思うけどこうした原作がある話の実写化って、難しいですよね。   
原作が面白いが故に、実写にすると失敗してしまうものも多い。   
あんまり言っちゃあいけないが、例えば「加山雄三のブラックジャック」とか。   
知ってます?   
   
この番組はオープニングから相当キテいて、リオのカーニバルの格好をした女性が踊りまくって   
その間から加山雄三演じるブラックジャックが登場する、という始まり方なのだ。   
まず、このあたりから相当不安になってくるのだが   
番組の内容は期待を裏切らない、原作からかけ離れたものであった。   
   
何歳の頃にやっていた番組か、もう覚えていないが   
ブラックジャックが好きだったので毎週見ていたのだが、原作のイメージと明らかにかけ離れた内容であったこともあって   
恐らく視聴率が悪かったのだろう   
ドラマの後半の回になるに連れ、お色気路線に方向転換し   
「子供の僕が見てもいいのだろうか」   
と軽く興奮しながら見ていた記憶がある。   

なので、ヤッターマンもちゃんと作ってね。

|

« 思えば遠くへきたもんだ | トップページ | パチンコ ウルトラマン »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思えば遠くへきたもんだ | トップページ | パチンコ ウルトラマン »