« 株下落に関して(号外:ちょっとまじめに) | トップページ | 長男誕生 »

2007年3月 1日 (木)

ジャーマンドッグ

(ニュース)

・Q406インドGDP 前年同期比+8.6%(Q306 +9.2%)、市場予想+9.3%。   
・タイ中央銀行、政策金利を0.25%引き下げ4.5%に。   
・2月独失業者数 前月比▲79千人(市場予想▲40千人)、失業率9.3%(前月9.5%)、市場予想9.4%。   
・2月ユーロ圏景況感指数 109.7(前月109.2)、市場予想109.1。   
・米MBA住宅ローン申請指数 前週比+3.2%の626.1、購入指数+5.2%の401.3、借換指数+1.2%の1,943.5.   
・Q406米GDP改定値 前期比年率+2.2%(速報比▲1.3%)、市場予想+2.3%。ある程度市場予想の範囲内。      
・2月シカゴ購買部協会指数 47.9(前月48.8)、市場予想50.0。      
・1月米新築住宅販売 前月比▲16.6%の年率93.7万戸(12月改定 112.3万戸(速報比+0.3万戸))、市場予想▲3.6%の108万戸。94年来最大の落ち込み。気温低下の影響もあったか。 

・中国の輸出入データ(下のほう)が、情報端末の不具合で更新されていません。ご容赦下さい。      
・1月チリ銅生産 437,45Mt(前年同月420,440Mt)。BHP BillitonはSpence銅山(200KMt/年)の操業を2007年末に開始の見込み。      
・Xstrata Sudburyニッケル鉱山の労使交渉「一時的な合意」に至ったと発表。

・米在庫統計 原油在庫+1.4MB(市場予想+1.8MB)、ガソリン▲1.9MB(同▲1.5MB)、ディスティレート▲3.8MB(▲2.5MB)、稼働率+0.8(同+0.4%)。 
・Shell Gasoline Production Unit(Calfornia,処理量98.5KBD、FCC32.4KBD)を3月1日から5週間定修のため停止。      
・Valero 火災の影響を受けたCorpus Christi製油所(Texas, 170KBD→85KBDの稼働率低下を余儀なくされていた)を4月の早い時期に再開の予定と発表。
・Imperial Oil 火災の影響を受けたオンタリオの製油所の稼働率が50%に回復。 

(市況)

「まちまち」      
 昨日の商品市場はまちまち。
 株価調整の影響が心配されていたが、ロンドンクローズ後の下げを織り込めなかった非鉄金属がLMEで売られた以外は、中国株が持ち直したことやFRBバ議長が米経済の先行きに楽観的な見方を示したこと、米GDPの下方修正も一応市場予想の範囲内であったと受け止められたことなどから米株も持ち直し、商品市場も買戻しが優勢となった。エネルギーも軟調に推移していたものの反発している。米気象庁からラニーニャ現象の発生が指摘されたことから穀物は上昇している。
 昨日指摘した「株の落ち着きどころ」という意味では一応株価は落ち着いたようである。そうなると商品も買戻しが優勢になると考えられる。商品市場にとっては買い材料であるが、株が続落しなくて良かった、というところだろうか。ただ、本当に1日だけで問題が収束した、と言い切ってしまうのは抵抗はあるのだが。。。

(ひとりごと)
株、落ち着きましたね。ひとまず良かった。   
   
さて。   
   
皆さん、ドトールコーヒーって、行ったことあります?   
ジャーマンドッグって食べたことありますか?   
   
ドトールコーヒーが日本に出てきたのってもう20年以上前だったように記憶している。   
あの頃は外で食べるスナック系の食べ物といえば、「マクドナルド」か「ロッテリア」、「森永ラブ」のハンバーガー   
が主流であった。   
   
しかしここに彗星のごとく登場したのがドトールである。
あの頃スタンドで食べるものとして「ホットドッグ」は非常に目新しかった。
しかも「ホットドッグ」ではなく「ジャーマンドッグ」である。
子供の頃の私はここの中で「ドイツの犬だ」と思っていたが。
まあ、それはどうでもいいとして。

正直私、ドトールのジャーマンドッグにはひとこと言いたい。
美味しくて好きなんだが、

①微妙に大きい
②なぜ言わないとマスタードしか付けてくれないのか

の2点だ。
いつも思うんですけどね。
ジャーマンドッグって大きいんですよ。
相当口を大きく開けないと食べれない。
しかもパンがバゲットみたいに堅い。
つまりですね、寒い日だったりすると、唇や口の端が切れちゃうんですよね。
あと1センチ、いや5ミリ、直径が短ければこうした切ない事態にはならないはずなのだ。
それが証拠に、ジャーマンドッグを食べている女性を見たことがない。
恐らく口が切れてしまうからなのだ。

②に関しては、おじさん的にはいつも思うことだ。
おじさんはケチャップ味が好きなのだ。
レストランでナポリタンがあれば、それを食べるのだ。
マスタード、確かに好きだが、ケチャップあってのマスタードである。
しかも、お願いしても「遠慮がちに」しかケチャップをつけてくれない。

もっとつけろッ!!
あふれるぐらいにッ!!

と、思う。
こういうケチャップはこぼれてもいいのだ。
汚れても、カミさんに叱られるぐらいだし(本当か?)

以上、改善してくれないかなぁ。
と、歩いていて思った3月1日。

|

« 株下落に関して(号外:ちょっとまじめに) | トップページ | 長男誕生 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 株下落に関して(号外:ちょっとまじめに) | トップページ | 長男誕生 »