« クリスピードーナツ | トップページ | 中国株ショック? »

2007年2月27日 (火)

後藤アナ再び

(ニュース)

・菊地凛子 アカデミー賞助演女優賞逃す。

・Alcan Executive Officer「素材価格や電力料金の上昇で、向こう6ヶ月間の中国のアルミ生産は鈍化を余儀なくされる」

(市況)

「総じて堅調」      
 昨日の商品市場は総じて堅調であった。非鉄金属は略全てのメタルのファンダメンタルが強く(以前から指摘している通り)、総じて上昇する展開に、エネルギーもファンダメンタルの強さを映じて上昇を始めている。但し、裏腹であるが株式市場は若干調整色が出始めており、先々商品市場へマイナスのインパクトを与える可能性があるため、注意する必要があろう。

(ひとりごと)

この前大好きなNHKの「きょうの料理」を見ていた。   
   
この番組に初めて出演する料理研究家が、いろいろな明太子料理を披露していた。   
とんでもなくレベルの高い(苦笑)駄洒落を言う後藤アナウンサーは、初めての出演ということもあって大喜びであった。   
   
どんなシャレを言ったか覚えていないが、なんだか恩着せがましく   
「初めての出演とおっしゃるから、なごませてあげているんですよッ!!」   
と自分のレベルの高いシャレを自ら肯定していた。   
いと、みぐるし、である。   
   
ちなみに彼がどの程度のギャグを披露しているかといえば、   

「ここで、ジャーにジャーっつとあけるんですね」

とかいった、想像を超えるレベルのものである(もっと見てみたい人はコチラから→ http://ww6.enjoy.ne.jp/~are/gotou.html )。
彼の新人出演者へのシャレ責めは、長らく新入社員が入ってこなくて、やっと下が出来た!
と喜んでいる先輩のそれと、なんとなく似ている。
シャレで責めつつ、そのシャレによって自分との距離が少しずつ広がっていく悲哀。
後藤アナウンサーは、社会人生活の縮図なのだ。

さて。

その日の「きょうの料理」でなるほどな、と思ったのは

ペペロンチーノを作るときに、にんにくの「摩り下ろし」を、多めのオリーブオイルで「揚げる」

ということ。
確かにこれによって、にんにくの焦げを防止することが出来る。
摩り下ろしたにんにくは、刻みにんにくに比べて大きさが均一だからだ。
大量に油を使うが、盛り付けるときに油はきればいいし。

いろいろな意味できょうの料理は勉強になる番組である。
You don't miss it.

|

« クリスピードーナツ | トップページ | 中国株ショック? »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスピードーナツ | トップページ | 中国株ショック? »