« 飛行機に乗るとツイてない再び-その② | トップページ | モテ男モテ女 »

2007年1月25日 (木)

飛行機に乗るとツイてない再び-その③

(ニュース)

・中国の2006年固定資産投資は前年比+24%。      
・12月米景気選好指数 前月比+0.3%(11月改定±0.0%(速報比▲0.1%))、市場予想+0.2%。

・インドネシア政府 「錫輸出はMiningライセンスが必要。輸出に際し、Ingotは99.85%の純度が必要。輸出の際は1ヶ月以内に申請が必要。新しいルールは1月22日付けで発効している」      
・ギニアのゼネストに終焉の兆しなし。CBG(アルミナ生産量13MMt/年)の生産に影響が出ている状態が継続。 

・Xstrata Sudbury鉱山の労使交渉は「多少進捗(労働者サイド)」      
・ペルーの2006年の銅輸出は前年比+77%の60.3億㌦に(亜鉛は19.9億㌦)。      
・BHP Billiton Cerro Colorado銅鉱山(120KMt/年)の労働者は、賃上げ率がインフレ率+2.0%では低すぎ(7%の賃上げを要求)である、とコメント。
・米ボドマンエネルギー省長官「今後20年間で戦略備蓄を1,500MBに積みます計画(日量100KBD)」

(市況)

「上昇」      
 昨日の商品市場は上昇した。米国の戦略備蓄積み増し報道と寒波到来等を材料に、エネルギーは大幅に上昇。非鉄金属は個別材料で買われている側面はあるものの総じて上昇、貴金属は対ユーロでドルが下落したことなどを支援材料として軒並み高となった。農産物は米国のバイオ燃料使用拡大計画を背景として買われている。
 米株は一昨日の下落から反転、上昇に転じている(30日のサポートラインでサポートされた格好)。

(ひとりごと)

それでは、最後の悲劇を。オージーは陽気であるがゆえにおこった当然の結末です。   
   
やっぱり奴らも、さんざ飲んだ結果、眠くなったらしくふたりそろって寝付こうとしました。   
当然、そこまで太っているので、リクライニングしないと眠れません。
まず、男が、無事にリクライニングしました。

次に・・・・・・

多分「バキッ」ていう音と共に怪物はビジネスクラス並みにリクライニングし(即ち壊した)
私の両膝を破壊し、私が絶叫をあげるよりも大きな声で、怪物は恐怖の絶叫を上げ、機内のほぼ全員が起きたのでは?

更に次の瞬間、愛する妻の危機を理解した夫は、助けるために大きく後ろに体重をかけるものだからたまりません。
仮に固定された3席は、揃って、後ろに倒れることになり私の隣2名も同じ目に、かわいそうなのは、少女A。
アイマクスして寝込んでいたのが、急に後ろに倒れまさにスペースシャトルの発射時の状況に、その上、飛行機にいることを思い出したのか、パニックに陥って絶叫しました。

******
うーん。凄いですね。
さすがに私もここまではありませんでしたよ。
結局密閉された空間に人が、長時間押し込まれているため、こうしたドラマ?が生まれるんですな。

さあ、明日から普通の雑感に戻るんですが、これより面白いのは...難しいかも。
Mさん、寄稿ありがとうございました。

|

« 飛行機に乗るとツイてない再び-その② | トップページ | モテ男モテ女 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飛行機に乗るとツイてない再び-その② | トップページ | モテ男モテ女 »