« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月31日 (水)

イスラム教徒

(ニュース)

・1月米消費者信頼感指数確報 110.3(前月確報110.0(速報比+1))、市場予想110   
・1月ユーロ圏小売業景気指数 47.9(前月52.1)   
・12月日本鉱工業生産速報 前月比+0.7%の109.5、市場予想+0.4%。   
・12月日本完全失業率 4.1%(前月4.0%)、市場予想4.0%。有効求人倍率1.08倍(前月1.06倍)。

・フェルプス・ドッジ 世界の銅需要成長は2007年は前年比+3.5%。2007年の需給は略バランス。      
・BHP Billiton Cerro Coloradは、経営側の労働条件を拒否。      
・12月チリ銅生産 528.59KMt(前年比▲4.5%)。2006年通年では5.37MMt(前年比+0.8%)と緩やか。度重なるストの影響等で。

(市況)

「まちまち」      
 昨日の商品市場はまちまちであった。エネルギーはテクニカルな買戻しも含めて大幅に上昇。端的に北米の気温低下が材料とされた様子。天然ガス価格の急騰が気になるところである。非鉄金属は新規材料なく、ダルな展開。ソフトはアルゼンチンの乾燥予報等で上昇した。
 株式市場はエネルギー価格の上昇等で、エネルギー関連株が買われた様子。但し、他株式市場を見てみても、全体的に堅調な地合いに変化はない様である。株式市場が好調なため株式市場に資金が流入しているのは分かるが、株の上昇が限界的な水準まで来た場合にはコモディティが投資先として再度見直される可能性があり、株価動向には常に目を配っておきたい。

(ひとりごと)

今朝の日経の8面。      

イスラム教の人口をグラフにしてあるのだが、わざわざあんなグラフにする必要があったんだろうか?      
軽く笑えます。

え?
昨日と比べて雑感短すぎですって?

そんなに毎日長く書けないのッ!!

| | コメント (0)

2007年1月30日 (火)

おでん-その②

(ニュース)

・ECBトリシェ総裁「G7通貨の過度な変動は望ましくない」   
・中国国家発展改革委員会「中国の石油・ガス需給は均衡へ。石油製品需給は逼迫の恐れ。原材料と燃料価格は大幅に変動するリスクがある。」

・米ブッシュのエネルギー政策に関し、エクソンは「米石油の70%を輸入に頼るその依存度の低下策として、エタノールに依存するのは見当違い」(GSのセミナーにて)
・イラン ハメネイ師「ガス版OPEC」構想でロシア イワノフと会談(日経)

(市況)

「下落」      
 昨日の商品市場は概ね下落した。エネルギーはレンジ相場の中、利食いに押された格好。非鉄金属はギニアのゼネスト終了の影響でアルミが急落したことがセンチメントを悪化させた様子。ソフトも同様に水準を下げた。一方で株式市場は堅調に推移している。

(ひとりごと)

TBSのホームページで、「華麗なる一族チェック」をやってみた。
私は、

長谷川京子

でした。やはり。

え?

さて。
   
おでんに関して、やっぱり反応を頂いた。      
あえて書いておかなかったのだが、やはり大根を強く押す人は多かった。      
      
実際のところテレビのドラマでは必ず、ステンカラーのコートを来たサラリーマンが、屋台のおでん屋で      
大根のちくわとはんぺんを頼むのが定番となっている。      
アルミ製のお燗器で温めた熱燗も欠かせない。      

酒飲みの人間からすれば、お酒は燗ではなく、冷で飲むのが良い、とされているわけだが、
私は個人的には熱燗の方が良い。出来るだけ熱く燗してあるのがポイントだ。
寒いときに熱い燗酒を何も食べずに腹に流し込むと、胃がカッと熱くなって食欲が増す。
フランス料理では食前酒に、ドライシェリーとか、シャンパンを頼むが、あれらの酒に比して
燗した酒の食欲増進作用は、比較にならないほど強い。
個人的にはワインが体に合っているらしく好きなのだが、熱燗があれば、そっちを選んでしまう。

大なり小なり酒を飲むと胃がやられてしまうが、汁を大量に吸い込んだ大根を流し込むと
(本当は医学的にそんなことはないんだろうが)、胃壁が大根のすった汁で潤される感じがして、非常に心地よい。
まさに黄金の組み合わせである。

家内と話をしていて驚いたのだが、九州出身の彼女の実家では、おでんに辛子をつけないんだそうだ。

もったいない

大根には辛子をたくさんつけて、酒とともに流し込むべきなのだ。
読者の方からやはり、と思って指摘されたのが「もち巾着」。
カミさんの好物でもある。
個人的な好みを言えば、やはりもちは水分を吸って、しっとりしているほうが良い。
なので、切り餅をあぶって食べるっていうのは私からすればNGである。

あとはいろいろご意見いただいた中では、
牛筋とか、じゃがいも、とか、変わったのではトマトというのもあった。

牛筋はちびまる子ちゃんにも出てくるとおり、東京では見られないものの、静岡のおでんには必ず入っている。
あの味の具材であれば、おでん汁はなるだけ濃い味のほうが良い。
銀座の名店「お多幸」のおでん汁ぐらいの味付けが良い、と思う(他の具を食べるときには甘すぎの感も否めませんが)。

じゃがいもも、出来るだけ汁を吸ったのに、辛子を大量につけて食べるのが好きだ。
辛子が辛すぎて鼻に来たときに、熱燗を流し込んで辛さを和らげるのがたまらない。
「阿吽の呼吸」とはまさにこのことであろう。

変り種のトマトってのは、試したことがないが、どんな味になるんだろうか?
察するに薄味の汁が合うように思う。

と、いちいち、具のことを説明していると本当にきりがない。
おでんは他の食べ物と違い、具材ひとつひとつに食べる人の思い入れが強い食べ物なのだ。
ポトフとか、シチューとかで具材1つ1つにコメントすることは結構難しいと思うし。

あ、皆さん普通、おでんの汁、っていったらどういう汁にしてます?
私はかつおと昆布で取った澄んだ色の出汁が好きなんですけど。

| | コメント (0)

2007年1月29日 (月)

おでん-その①

(ニュース)

・12月米製造業耐久財受注 前月比+3.1%(11月改定+2.2%(速報比+0.3%))、市場予想+3.0%。      
・12月米新築住宅販売 前月比+4.8%の112万戸(11月改定106.9万戸(速報比+2.2万戸))、市場予想105.2万戸。

・ギニアの18日間に及んだゼネストは終了。      
・Xstrata Sudbury鉱山のスト継続。      
・中国Lanping Zinc Smelter(120KMt/年)は電力障害の影響(川の水量不足)で稼働率40%程度の操業に。精錬亜鉛15KMt程度のロスに。

・Sullom Voeターミナルは通常どおりの稼動に復帰。

(市況)

「まちまち」      
 週末の商品市場はまちまちであった。エネルギーは米寒波到来等で上昇、非鉄金属は週末を控えた手仕舞い売りなどで下落に転じた。米株式市場は高安まちまち。
 今週は日米とも大きな経済統計の発表が予定されており、相場の転換点になる可能性もあって要注意である。

(ひとりごと)

昨日、家内の実家でおでんを食べた。   
昔の雑感で取り上げたことがあるような気もするんだが、改めておでんってのは面白い食べ物ですよね。   
   
おでんの明確な定義は内容であるが、基本的には

練り物が入っている

という基準が満たされていれば、おでんと呼んで差し支えないようだ。
特に練り物が極めて重要である。
私は練り物の中では、ちくわ麩が好きだ。
なぜか知らないが、好きなのだ。ちくわ麩を練り物と呼ぶべきか?には議論が分かれるところではあるが
私の家ではちくわ麩は欠かせない。

その他の練り物はいろいろあるが、地域特性が出るらしい。
代表的なのは、さつま揚げ、ちくわ、がんもどき、はんぺん、黒はんぺん等だ。

黒はんぺんは私が静岡で働いているときに出会ったものであるが、最近CMにも使われているようだ。
はんぺんに比べて歯ごたえがあって、非常に宜しい。
がんもどき、はこの前テレビでやっていて勉強になったが、精進料理で肉が食べれないので、「雁」に
味を似せて豆腐で作ったので、「雁もどき」というんだそうだ。
残念ながら私はがんもは好きではない。あまりにも歯ごたえがなさ過ぎるのが宜しくないのだ。
その観点からすると、フツーの白はんぺんも納得がいかない。

そのほかにも、「これは」という練り物ないですかね?
今日もオチなく、質問しておしまいにします。

| | コメント (0)

2007年1月26日 (金)

ついに何にも思いつかない日が来た!

(ニュース)

・Q406韓GDP 前期比▲0.8%(Q306 +1.1%)、市場予想+1.0%。      
・2006年中国固定資産投資 前年比+24.5%(1-11月+26.6%)、市場予想+26.3%。      
・12月中国小売売上高 前年比+14.6%(11月+14.1%)、市場予想+14.3%。通年 前年比+13.7%。      
・12月中国鉱工業生産 前年比+14.7%(11月+14.9%)、市場予想+15.0%。通年 前年比+16.6%。      
・12月中国GDP 前年比+10.7%の20兆9,400億元(前年+10.4%)、市場予想+10.2%。      
・12月中国CPI 前年比+2.8%(11月+1.9%)、市場予想+1.9%。通年 前年比+1.5%。      
・1月独IFO景況感指数 107.9(前月108.7)、市場予想109.0。      
・米週間新規失業保険申請者数 前週比+36千人の325千人(市場予想310千人)。クリスマス商戦終了後の調整の影響か。
・12月米中古住宅販売 前月比▲0.8%の622万戸(前月改定 +0.5%の627万戸(速報比▲1万戸))、市場予想625万戸。
・Xstrata Sudbury鉱山の労使交渉、以前、賃金交渉を開始していない。      
・12月中国の非鉄金属需要      
アルミ806KMt(前年比+25%)、銅340KMt(同+18%)、鉛209KMt(同+22%)、ニッケル23KMt(同+36%)、錫11KMt(同▲8%)、亜鉛263KMt(同▲6%)      
・2006年中国の非鉄金属需要      
アルミ8,170KMt(前年比+25%)、銅3,532KMt(同▲2.0%)、鉛2,257KMt(同+18%)、ニッケル189KMt(同+14%)、錫144KMt(同+20%)、亜鉛3,116KMt(同+4%)      
・2006年中国の非鉄金属輸入(単位:KMt)      
銅 101.34(前月比+29.59)、粗銅367.26(+31.5)、アルミ31.31(▲3.75)、アルミナ544.62(▲107.82)、鉛5.72(▲1.09)、ニッケル10.42(▲0.13)、錫1.08(▲0.44)、亜鉛55.25(+34.24)      

・2006年中国の非鉄金属輸出(単位:KMt)      
銅 3.44(前月比▲0.77)、粗銅0.03(+0.03)、アルミ80.27(▲16.48)、アルミナ0.47(▲2.92)、鉛58.68(▲13.34)、ニッケル2.87(+0.85)、錫2.82(▲0.19)、亜鉛81.91(+35.37)
・BHP Billiton, メキシコ湾での開発プロジェクト(原油200KBD、天然ガス170MCFD)が労働力・物品の不足等で当初予算を50%上回る見通しと発表。
・12月中国の石油製品生産
ガソリン1,284MBD(前年比+6%)、ディーゼル2,493MBD(同+18%)、ジェット燃料188MBD(同▲6%)、重油638MBD(同▲27%)、LPG793MBD(同+12%)
・2006年中国の石油製品生産      
ガソリン1,218MBD(前年比+9%)、ディーゼル2,389MBD(同+7%)、ジェット燃料250MBD(同+12%)、重油875MBD(同+4%)、LPG720MBD(同+3%)
・12月中国原油輸入2.72MBD(前年比+2.6%)      
・2006年中国の石油製品国内販売 前年比+36.2%。      
・OPECハミリ議長「米SPR積み増しが原油価格を下支え。中国も同様の動きを見せている」   

(市況)

「まちまち」      
 昨日の商品市場はまちまちであった。エネルギーは米統計がマイルドにベアな内容であったことから一旦利食い売りの動きが、非鉄金属は中国の強い経済統計を背景に上値を試す動きとなった。農産物はまちまちであった。
 米株式は下落。企業決算の悪化等が嫌気された様子。

(ひとりごと)今日は何にも思いつかなかったので、短いっすよ。   
昨日の雑感の中で「金平糖」がでてきたが、   
   
「こんぺいとう」って、打ち込んで漢字変換したら、
「コンペ伊藤」
と出てきた。

以上

| | コメント (0)

2007年1月25日 (木)

モテ男モテ女

(ニュース)

・Q406豪CPI 前期比▲0.1%(Q306+0.9%)、市場予想+0.2%。予想に反して下落。      
・Q406英GDP速報値 前期比+0.8%(Q306 +0.7%)、市場予想+0.7%。      
・米MBAローン申請指数 前週比▲8.4%の611.3、購入指数▲8.4%の402.7、借換指数▲9.6%の1848.8      
・ニュージーランド中銀政策金利を7.25%で据え置き。      
・ブラジル中銀政策金利を0.25%引き下げ、13.0%に。      
・Q406韓国GDP 前期比+0.8%、市場予想+1.0%。

・インドネシア Bangka地区のPT Koba Tin(Bangka地区第二位のSmelter)に警察が立ち入り検査。      
・中国Baosai Minerals GroupはAluminaの生産キャパシティを400KMt拡大の予定(これにより、600KMt/年に)。      
・Nalcoは30KMtのアルミナを入札でUSD352.73Mt FOBで売却。      
・中国Jiangxi Copper関係者「精錬銅の在庫は殆どない。現在メンテナンスの影響が出ている。今の在庫は1,000Mt程度」

・メキシコの12月原油資産は3.384MBD(前年比▲434KBD)      
・Alaska North Slopeの生産は先週の金曜日から14%低下。Valdez港のタンカースケジュールの影響で、同地区のタンクがキャパシティ一杯になっていることから。
・OPECハミリ議長、3月総会で減産の必要はない。
・米在庫統計 原油在庫+0.8MB、ガソリン+4.0MB、ディスティレート+0.8MB、稼働率▲0.5%。

(市況)

「上昇」      
 昨日の商品市場は軒並み上昇した。一昨日の地合いを引き継いでの上昇であった。エネルギーは米統計がマイルドにベアな内容であったものの、米国の戦略備蓄積み増し報道と寒波到来等を材料に結局上昇。非鉄金属は一昨日同様、個別材料で買われている色彩は強いものの総じて上昇、貴金属もしっかりであった。農産物は米一般教書演説は(農産物にとって)新味がなかったことから一旦利食い売りが入ったため、下落している。
 各国株式は堅調に推移している。

(ひとりごと)

この前とあるバーで飲んだときに、「男女とも、どうやったらモテるか?」のみに焦点を絞った雑誌がおいてあった。   
面白そうなので1冊拝借(あ、もちろん無料で配っていたんですけど)して、家で読んでみた。   
   
念のため言っておきますが、こんなフリーの雑誌を拝借してまでモテようとは思っていません(きっぱり)。   
   
で。

その中に、「こんなプレゼントいらない!!」コーナーがあった。
興味本位で読んでみると信じられないコメントがたくさん載っていた。
例えば、

「京都のお土産で金平糖をもらった。そんなものいらないから、もっと別のものなかったの?」

あのー、おそらくその金平糖って、緑寿庵の金平糖だと思うんですが...
でもですね、この店販売個数限定で、並ばないと買えないんですけど。
京都まで行って、わざわざ行列して買った彼の気持ちを考えると胸が痛む。
まあ、知らなかったんでしょう。でもですね、この他にも

「彼氏と買い物に行って、『あ、これ可愛い、欲しいな』といったら、誕生日にプレゼントしてくれた
でもあの時は可愛いと思ったけど、今は可愛いとちっとも思わないのでもういらない。」

えええええッ!!!
マジですか!?

今の世の中、女の子が「欲しい」って言うものを買っちゃダメなんでしょうか?
うーむ。
昔に比べて明らかに今の世の中はモテるために難しい世の中になっているようだ。

私の義理の母親は、結婚前、

「義理の父はデートの時に、たくさん菓子パンをくれたので、良い人だと思って結婚した」

らしい。
時代ですねぇ。
菓子パンをたくさんくれたので結婚しました、というのもどうかと思うが、人間これぐらいでよいのでは、と考えさせられてしまった。

| | コメント (0)

飛行機に乗るとツイてない再び-その③

(ニュース)

・中国の2006年固定資産投資は前年比+24%。      
・12月米景気選好指数 前月比+0.3%(11月改定±0.0%(速報比▲0.1%))、市場予想+0.2%。

・インドネシア政府 「錫輸出はMiningライセンスが必要。輸出に際し、Ingotは99.85%の純度が必要。輸出の際は1ヶ月以内に申請が必要。新しいルールは1月22日付けで発効している」      
・ギニアのゼネストに終焉の兆しなし。CBG(アルミナ生産量13MMt/年)の生産に影響が出ている状態が継続。 

・Xstrata Sudbury鉱山の労使交渉は「多少進捗(労働者サイド)」      
・ペルーの2006年の銅輸出は前年比+77%の60.3億㌦に(亜鉛は19.9億㌦)。      
・BHP Billiton Cerro Colorado銅鉱山(120KMt/年)の労働者は、賃上げ率がインフレ率+2.0%では低すぎ(7%の賃上げを要求)である、とコメント。
・米ボドマンエネルギー省長官「今後20年間で戦略備蓄を1,500MBに積みます計画(日量100KBD)」

(市況)

「上昇」      
 昨日の商品市場は上昇した。米国の戦略備蓄積み増し報道と寒波到来等を材料に、エネルギーは大幅に上昇。非鉄金属は個別材料で買われている側面はあるものの総じて上昇、貴金属は対ユーロでドルが下落したことなどを支援材料として軒並み高となった。農産物は米国のバイオ燃料使用拡大計画を背景として買われている。
 米株は一昨日の下落から反転、上昇に転じている(30日のサポートラインでサポートされた格好)。

(ひとりごと)

それでは、最後の悲劇を。オージーは陽気であるがゆえにおこった当然の結末です。   
   
やっぱり奴らも、さんざ飲んだ結果、眠くなったらしくふたりそろって寝付こうとしました。   
当然、そこまで太っているので、リクライニングしないと眠れません。
まず、男が、無事にリクライニングしました。

次に・・・・・・

多分「バキッ」ていう音と共に怪物はビジネスクラス並みにリクライニングし(即ち壊した)
私の両膝を破壊し、私が絶叫をあげるよりも大きな声で、怪物は恐怖の絶叫を上げ、機内のほぼ全員が起きたのでは?

更に次の瞬間、愛する妻の危機を理解した夫は、助けるために大きく後ろに体重をかけるものだからたまりません。
仮に固定された3席は、揃って、後ろに倒れることになり私の隣2名も同じ目に、かわいそうなのは、少女A。
アイマクスして寝込んでいたのが、急に後ろに倒れまさにスペースシャトルの発射時の状況に、その上、飛行機にいることを思い出したのか、パニックに陥って絶叫しました。

******
うーん。凄いですね。
さすがに私もここまではありませんでしたよ。
結局密閉された空間に人が、長時間押し込まれているため、こうしたドラマ?が生まれるんですな。

さあ、明日から普通の雑感に戻るんですが、これより面白いのは...難しいかも。
Mさん、寄稿ありがとうございました。

| | コメント (0)

飛行機に乗るとツイてない再び-その②

(ニュース)

・サンフランシスコ連銀総裁「米国は持続不能な長期的な財政赤字に直面しているものの、足許の財政赤字は懸念していない。インフレが鈍化しなければ非常に大きな懸念」      
・中国 曽副首相、戦略的な資源を買い入れるために外貨準備を活用する。鉱物資源のための備蓄メカニズムを構築したい。

・Codelco, 12月から地すべり事故の影響で停止しているChuquicamata鉱山の操業を来月再開の見通しと発表。      
・ギニアのゼネストに終焉の兆しなし。CBG(アルミナ生産量13MMt/年)の生産に影響が出ている状態が継続。      
・Xstrata Sudbury鉱山の労使交渉は継続中。      
・南ア Hillside, Bayside Smelter(BHP Billiton)、電力障害で生産停止(週末のニュース)。

・新日石、韓国SKと資本・業務で提携を発表。      
・IMFラト専務理事、2007年の原油相場見通しを、昨年9月に発表した水準から30%低い水準に見直し(52-54㌦程度、9月予想は75.5㌦)
(市況)

「まちまち」      
 昨日の商品市場はまちまちであった。エネルギーは寒波到来等を材料に、55㌦に迫る局面も見られたが、やはり10日移動平均レベルまで値を切り下げた。非鉄金属は堅調なファンダメンタルを背景に上昇。貴金属はしっかりであった。農産物は米週間輸出検証高が予想を下回ったことなどから軟調。
 堅調に推移していた株式市場は、新興国株が堅調であったものの、米株式は相場水準が極めて高いレベルまで上昇していることから、利食い売りが出た様子。独Dax等も下げている。株式市場の雰囲気が微妙に変化してきた可能性がある。

(ひとりごと)

怖ろしい夜でした。   
1.斜めなので、私の前のビデオモニターが、斜め。頬杖着いて見ると丁度良かった。   
2.斜めなので、ビールの缶がテーブルに止まらない。本当です。斜めにスーッと滑っていくんです。   
3.奴らは二人で機内のビールを飲み干した。(飲み干そうとした。)
4.結果、トイレに行こうとするのだけど、席からはずれないんです。だんなが協力しても。
「かぶ」を畑から引き抜くのに、じいさん・ばあさんだけでなく、色々な動物が協力する童話知ってます???それ、スッちゃんみんなで手伝って、はずした結果、見事に外れました。椅子が・・・・飛行機から・・・・A席の美少女ごと・・・・3席ごと・・・この怪物は立ち上がりました(作ってませんよ、本当です。)
席を固定しているネジごと引き抜きました(怪物のというより、だんなの底力だと思いますが・・・・)
5.結局ぬけた怪物はトイレに行きましたが、エコノミーのドアは折りたたみ式の内側に開ける奴・・・・入ったら、ドアが閉められなくて・・・・ファーストの方に案内されてた。

恐怖に怯える少女Aは、眠りたいけど隣は酒臭いわ、うるさいわ、煌々と灯りをつけているわ で寝れない。
後ろを振り向いた少女Aは、私の手にアイマクスが握りしめられているのに気付き、泣きそうな目で私を見た。見事なアイコンタクトである。
すっごく可愛いので次の瞬間には貸してあげていた。私は貸したつもりだったのだが、彼女は違ったらしく、返してくれなかった。まあいっか。

そして、皆が寝静まったころ、最後の最も悲劇的な事件は起こった。

(続く)

| | コメント (0)

2007年1月22日 (月)

飛行機に乗るとツイてない再び-その①

(ニュース)

・12月英小売売上高指数 前月比+1.1%(11月改定+0.2%)、市場予想+0.6%、前年比+3.7%(市場予想+3.2%)。      
・1月米ミシガン大消費マインド指数速報 98.0(12月91.7)、市場予想92.2(2004年1月以降、最高の水準)。 

(市況)

「しっかり」      
 週末の商品市場は軒並み上昇した。主要商品で下落したのはCbot Cornぐらいであった。その他に関してはエネルギー、非鉄金属、貴金属、ソフトとも上昇している。

(ひとりごと)

私の飛行機コメントに反応した読者の方が、非常に面白い雑感を送って下さったので、匿名で掲載します。   
   
私にとっての飛行機での事件は、   
「山よりもでかい女」です。   
シンガポールにいた時のこと、夜行で東京に・・・しかも、エコノミーで満席状態というつらい旅。   

私の前の列は、A席に美少女が(・・・あとで香港の娘ということがわかったが)、B・Cは空席
移ろうかなあ と思っていたら、機内アナウンス「最後のお客様の搭乗を・・・」
「バカヤロウ」こんな夜中に待たせるな!(まあ、いっか、酒飲んで寝よ。)と思った時、

乗って来ました。伸長180cmオーバーのオージーガイが、筋肉の塊・・・絶対こいつはラグビーやってる、ワラビーズだと思った。
でも、なんかぼやけて見えるんです、奴の輪郭が。酒かな、いや違う、何かいる、奴の後ろに。奴よりでかい。

見事な、蚤の夫婦でした・・・・・・・奴は推定185cm、100kg・・・しかし、かみさんは、185cm、200kgオーバー
私は小錦を直に見たことがない。しかし、奴のかみさんは、小錦の着ぐるみを着ていたに違いない。

3列席の真ん中に、奴が、通路側(私の前)に怪物が座った、いや座ろうとした。
入らない。あきらかにあふれている。
ところが、この怪物はジャージ(なんだろうと思う)を穿いている(というより下半身の肉周りに張り付かせている)。
何を始めるのかと思ったら、夫婦で左右の肉をつまみあげ始めた。(多分そこがケツ周り、あるいは胴まわりなんだろうが、)
丁寧に肉を持ち上げつつ、少しずつ席に腰をおろしていく。

つっかえが取れたのか、ズドンと怪物が椅子にくっついた(くっついたが正に正しい)。
その瞬間、A席の娘がシーソのように飛び上がった・・・ように見えた。
実際におちついてよくみてみたら、前3席が右側にひしゃげている。斜めなのである。

そして、その後、あの悲劇的事件がおきた。

(続く)

| | コメント (0)

2007年1月19日 (金)

飛行機に乗るとツイてない-その③

(ニュース)

・日銀、政策金利据え置きを決定(予想外)。      
・米週間新規失業保険申請者数 前週比▲8千人の290千人、市場予想314千人。      
・12月米消費者物価指数 前月比+0.5%(前月±0.0%)、市場予想+0.4%。コア指数 前月比+0.2%(前月±0.0%)、市場予想+0.2%。前年比+2.5%(前月+2.0%)、コア前年比+2.6%(前月+2.6%)。      
・12月米住宅着工 前月比+4.5%の164.2万戸(前月改定157.2万戸(速報比▲1.6万戸))、市場予想156.5万戸。      
・1月フィラデルフィア連銀指数 8.3(前月改定▲2.3(速報比+2.0))、市場予想 3.1。予想を上回る強い内容。

(市況)

「まちまち」      
 昨日の商品市場はまちまちであった。エネルギーはEIA、IEAのベアな統計・レポートを受けて下落、非鉄金属は特段材料がない中個別の動きとなった。
 注目していた日銀の金融政策決定会合では、予想外に金利が低い水準に据え置かれることとなった。これにより株価が上昇しており、商品市場よりも株式市場、といった動きが鮮明になる可能性が高い。

(ひとりごと)

自然の摂理で、食事で腹が満たされると人間眠くなるのは皆さんも経験があろう。   
やはり、国が変わってもこの摂理は変わらないらしく、黒人も眠り始めた。   
当然、縮こまることなく。   
今まで申し訳なさそうにしていたあの手は私のほうまでだらしなく延びてくる。   
   
しかも、私の股間の上に手が来るのだ。

「ああ、こんなところに手が..。」

と思うが、その頃私はマトモに英語がしゃべれなかった。
なので、「眠ってしまえばいいや」と思い我慢した。
ところが、この黒人、暫くするとヘンな声を出し始めた。
英語で言っていたけど、正確な文章は覚えていないので、日本語に訳して書きます。

「おぉ、おぉ、やめてくれ。うふふ」
「やめろって言っているだろ、ハニー」

Σ( ̄ロ ̄lll)  ええッ!!

そんな夢見てるの!?

この人、ずっと薄ら笑いを浮かべて楽しそうにしているのだ。
その間、彼の手は私の股間に!!

「お父さん、お母さん。私はいけない道に入ってしまうかも知れません」

と、思うと涙が出てきた。
目じりに涙をためながら、憎憎しく、黒人をにらみつける。
でも、起きないですよね。にらんだって。
向こうは「楽しい」夢を見ているんですから...。
と思ったら、隣に座っていた友人も眠り始め、私に寄りかかってきた。
もう、だめだ。

結局次の機内食がでるまで、このままであった。
それ以来、飛行機に乗るときには必ず通路側をお願いしている。

人に歴史あり。

| | コメント (0)

飛行機に乗るとツイてない-その②

(ニュース)

・12月独CPI確報 前年比+1.4%(速報比▲0.1%)、市場予想+1.5%。      
・12月英失業率 前月比▲5,500人(11月改定 前月比▲7,900人)、市場予想▲3,500人。      
・タイ中銀、政策金利を4.9%から4.75%に引き下げ。      
・12月東京消費者態度指数 一般世帯45.9(前月比▲2.8)、単身世帯47.6(▲1.9)、総世帯46.3(▲2.6)。      
・12月米CPI 前月比+0.9%(前月+2.0%)、市場予想+2.0%。      
・11月対米証券投資 684億㌦の買い越し(前月確報853億㌦(速報比+30億㌦))、市場予想750億㌦。      
・12月米鉱工業生産 前月比+0.4%(前月確報+0.1%(速報比▲0.1%))、市場予想+0.1%。

(市況)

「まちまち」      
 昨日の商品市場はまちまちであった。エネルギーはテクニカルに買戻しが入り、上昇。非鉄金属はLME在庫の水準を受けて個別商品ごと、まちまちの展開であった。 目先の注目材料は日銀の金融政策。今のところ利上げは見送られる可能性が高い。また、じりじりとFreightコストが上昇しており(Dirty Tunker Rate, World Scale とも上昇)、産油国からの荷動きが活発であることが伺われる。

(ひとりごと)

この黒人、本当にデカい。   
普通、飛行機の席に座るときに「どちらにひじ掛けの所有権があるか?」無言のうちに争いがあるのだが、   
この人、普通に座るとひじ掛けをはるかに越えて私のところまで手が来てしまうのだ。   
申し訳ないな、と思いつつカタコトの英語でお願いする。
   
「申し訳ないだが、手を引っ込めてもらえないだろうか?」   

彼は鬼のような形相で私をにらみつけてきた。

「殺される!」

と思ったが、あっさり、

「おお、ミスター申し訳ない。手がそちらに行かないように気をつけるよ」

と、快諾。
その後、信じられないぐらい小さく縮こまり始めた。

申し訳ないな...と思ったが10時間を超えるフライトである。
縮こまりながら機内食を食べ、酒も入り全員が就寝モードに入ったその瞬間、事件が起きた。
(続く)

| | コメント (0)

飛行機に乗るとツイてない-余談

(ニュース)

・11月インド鉱工業生産 前年比+14.4%(10月改定+4.4%)、市場予想+11.3%。      
・12月米輸入物価指数 前月比+1.1%、市場予想+0.6%。除く石油 前月比+0.4%。      
・11月米企業在庫 前月比+0.4%(10月改定+0.2%(速報比▲0.2%))、市場予想+0.4%。      
・11月米企業売上高 前月比+0.5%(前月▲0.2%)、在庫比率1.3ヶ月(前月1.31ヶ月)。      
・12月米財政収支 445億㌦の黒字(前年同月110億㌦の黒字)、市場予想256億㌦の黒字。      
・12月英PPI 前月比+0.2%(11月±0.0%)、市場予想+0.1%。      
・12月英CPI 前年比+0.6%(11月+0.3%)。前年比+3.0%(11月2.7%)、市場予想+2.9%。      
・1月独ZEW景況感指数 ▲3.6(12月▲19.0)、市場予想▲10.0      
・1月NY連銀製造業景況感指数 9.1(前月22.2)、市場予想19.3。      
      
・本日で阪神淡路大震災から12年。震災で亡くなった方のご冥福を心よりお祈りいたします。

(市況)

「まちまち」      
 昨日の商品市場はまちまちであった。エネルギーはファンダメンタルの弱さを反映して下落、非鉄は独ZEW指数の改善などを受けて上昇した。今のところ株式市場の方が好調であるため、こちらを選好している可能性が高い。
 目先の注目材料は日銀の金融政策。先週までは利上げ実施の可能性が高かったが、据え置きの可能性も高まってきており利上げ実施をある程度織り込んでいたことから金利が据え置かれたときの金融市場に与える影響を見定める必要がある。

(ひとりごと)

飛行機の話の続き。   
と、思ったけど、前回の雑感に反応した方からのメールの内容が面白かったので、披露することにする。   
続きはもうちょっと待ってね。   
   
********   
確かにウルトラマンのスペックは、
身長:40メートル
体重:3万5千トン

だから、隣に座ろうとした巨人が
身長:30メートル
体重:2万5千トン、でもおかしくないかもしれない。

しかし一世を風靡した「空想科学読本」の方法論を用いれば、明らかにおかしいことに気がつく。

即ち、身長が30メートルならば、身長2メートルの15倍だから、体積は15×15×15=3375倍
なのに、体重は2万5千トン=25百万キログラム=100キロ×25万倍
すると、比重は25万÷3374≒74倍

因みに、フツーの人体の比重は約1。
となると、その巨人は金(ゴールド)の3倍以上の比重を持つ物質でできていることになる。
勿論、そんな物質はこの地球上に存在しない。

逆に、もしゴールド製の巨人なら、フツーの体型より√3倍太い必要があります。
或いは、もしタンパク質とカルシウムでできているなら、フツーの体型より8倍強太る必要があります。
超メタボリック体型です。

尚、釈迦に説法かもしれませんが、空っぽのジャンボ機の重量でも200トン未満です。

以上

| | コメント (0)

2007年1月12日 (金)

飛行機に乗るとツイてない-その①

(市況)

「エネルギーは続落、非鉄は反発」      
 昨日の商品市場は非鉄が続伸、エネルギーが続落、という展開であった。エネルギーのベアセンチメントをブルに変える材料がない中、テクニカルな売りが相場を押し下げているようである(インデックス系の運用資金は引き続き流入している様子であるが、それを上回る売りが相場を下げている様子)。

(ひとりごと)

基本的に、飛行機に乗るとツイていない時が多い。   
あるとき、友人とアメリカに旅行に行くときがそうだった。   
そもそもエコノミーの座席は機体の真ん中の列が4人掛け、機体の脇が3人掛けになっているのは皆さんご存知の通りである。   
その時は、私が真ん中の席の、通路側から2番目の席であった。   
簡単に言えば、「立ったり、座ったり、身動きをとるのが出来ない席」である。   

こういうとき、「嗚呼、隣に人が来なければいいな」と思ったりする。
上手い具合に人が全然来ないので、お、これはラッキーと思っていた瞬間。
出発直前に乗り遅れた人が乗ってきた。

黒山のようにデカい黒人

が乗ってきた。まさか、この人がこの席に座るんじゃああるまいな?
と思ったら私の隣の席であった。
とにかく大きい。アメフトの選手の様である。推定身長30メートル、体重2万5千トン、あ、いやいや身長2メートル、体重100キロ、といった感じである。
こんな人がエコノミーに乗るべきではない。背の大きい人を乗せる特別席を作れ!とノースウェストに腹を立てていたら、とうとう私の隣に座った。
さっきも言ったとおり、この人も「身動きの取れない席」である。
(続く)

| | コメント (0)

2007年1月11日 (木)

レコード

(市況)

「エネルギーは続落、非鉄は反発」      
 昨日の商品市場はまちまちであった。非鉄金属は年初の大幅水準切り上げのショックから立ち直り買戻しが優勢となったが、エネルギーに関しては米在庫統計で製品在庫が市場予想を上回る大幅な増加となったことが嫌気され、水準を大幅に切り下げる展開であった。
 商品市場の大幅水準訂正に伴い、「同じリスクカテゴリー」に分類されると考えられる新興国株も調整を余儀なくされて(日本株も広義には新興国株に分類されている)おり、金融市場が落ち着きを取り戻すにはしばらく時間がかかりそうである。

(ひとりごと)

自分のブログを見ていて、過去の雑感を読んでみた。   
それと比べると最近の雑感は、かつての輝きがない様に見える。   
よく、推理小説家は、一生のうちに秀作は3つぐらいしか書けない、といわれるが、エッセーも1年書いたら限界なんだろうか?   

さあ、気を取り直して今日も行きましょう。   

最近、私の両親は非常に寛大であった、と思う。
子供の頃は本当にいろいろなことをした。

幼稚園生の頃、兄と突然、「レコードを作ろう」という話になったことがある。
最近はやりの天才少年みたいにギターが弾けたり、歌が歌えたりするわけではない。

どうやったか?

とりあえずボール紙をレコードの形に切ってみた。
きったボール紙をレコードプレイヤーの上に。
針を落とします。

何の音も出ない。

当たり前である。
レコードに溝があって、それが針を振動させて音になるわけだから、何の凹凸もないボール紙が音を出すわけがない。

そこで兄弟考えた。
溝をつければよいのだ

幼稚園生にしては頭が良かった、と思う。

で。

早速、コンパスの針の部分で溝をつけてみた。
溝をつけてレコードプレイヤーの上に。

あぁぁぁぁぁ、そんなことしたら...。

「ゴゴゴゴゴ.....」

(;゚д゚))))ガタガタブルブル

この世のものとも思えぬ雑音。
スピーカーも、レコードの針も当然だめになった。

しかしわれら兄弟は

「すごい!!地震のレコードが出来た!!」

といって大喜び。両親に聞かせたりしていた。

でも、怒られなかったんですよねぇ。。。
むしろ、誉められたりした。
自分が親だったら、子供は生きていないだろう。

と、自分の両親の偉大さに、この年になって気づいた。

| | コメント (0)

2007年1月10日 (水)

ひげそり

(市況)

「概ね下落」      
 昨日の商品市場は概ね下落した。米北東部の気温上昇によってエネルギーのセンチメントがベアになる中、商品市場全般に幅広く手仕舞い売りが入っている様子である。一方、エネルギーや非鉄金属、ソフトコモディティに流入していた資金は一旦安全試算の貴金属市場や、好調な株式市場に流入している様子である。この相場下落を受けて年金資金等の運用資金が中長期的な投資態度を変化させるとは考えていないが、マクロファンド等の足の速い資金は今のところは「下落サイド」にBetしている感を受ける。よって、商品市場はしばらくは下値を探る動きにならざるを得ないと考えている。

(ひとりごと)

昨日の雑感、1月1日の始まりについて、ウィキペディアで調べてみた。   
どうやら今の1月1日になったのは1873年の「改暦ノ布告」以降のことらしい。   
勉強になった。   

さて。   

この前秋葉原界隈を、任天堂DSを求めてさまよっていた。
いろいろな人に話を聞いたところ、「大手のお店では殆ど手に入らない」
という説と、「いやいや、大手のお店でも結構置いている」という説があったが、
私にとっては後者の方が正しい説であったようだ。
結局手に入らなかった。

打ちひしがれてとぼとぼと秋葉原の駅に向かって歩いていると、なにやらコンパニオンが宣伝している。
ふと看板に目をやると、新しい電動ヒゲソリの販促をやっているようだった。

ありましたよね。
ブラウンかなんかのコマーシャルで、朝通勤の人のヒゲを剃るやつ。
そんな感じで、道行く人にコンパニオンのお姉さんがヒゲソリを進めていた。

と、私がそのブースの前を通りかかったとき、1人のコンパニオンが近づいてきて、言った。

「どうぞ、新しいシェーバーです。ぜひお試しください!!」

(_´Д‘)
はぁ?

いえ、あのね、これ剃り残しじゃないのよ。
伸ばしてんのよ。
一応無駄な毛は処理して、形整えてんのよ。
普通の人はこんなに豪快に、剃り残さないのよ。

それとも、純粋に「剃った顔」を見たかったのだろうか?
恐るべしコンパニオン。

ま、剃っても3日で元に戻るんですけどね。
剃ってみても良かったかも。

| | コメント (0)

2007年1月 9日 (火)

ザビエルと元旦

(市況)

「大幅続落」      
 昨日の商品市場は続落した。今まで商品市場に流入していた投機筋が商品市場から退場しつつあることが背景にあるようである。センチメントが大幅にベアになったきっかけはこの時期の主要消費地である米北東部の気温上昇が挙げられよう。この相場下落を受けて年金資金等の運用資金が、中長期的な投資態度を変化させるとは考えていないが、今のところは投資対象として株式に目が移っている可能性が高いと考えているため、商品市場はしばらくは下値を探る動きにならざるを得ないと考えている。
 但し、年末年始で各商品のファンダメンタルが大きく変化したわけでなく、あくまでセンチメントの変化である点は強調しておきたい。

(ひとりごと)

ちょっと遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。   
今年もよろしくお願い致します。   
年末年始はいかがでしたか?   
   
さて。   

私、年末年始は両親と過ごしていた。
銚子の先にある犬吠埼で、日の出を見る、という企画である。
有難い事に宿泊しているホテルから日の出が見えるのだ。
非常に荘厳な瞬間。
当たり前といえば当たり前だが、日の出の数分前からだんだん明るくなってくる。
不思議な事に、空と海のラインが全く、というか殆ど、というか溶け合ってしまって曖昧になっている。
それが太陽が昇ってきた瞬間、空と海に切り分けられるのだ。
自然の偉大さを感じる瞬間であった。
一体何人の人々がこの日の出を見ているのだろうか?

はて?

ふと思ったが、いつどこでだれが、1月1日を元日、と定めたんだろうか?
ちょっと前に書いた西暦と皇暦(でしたっけ?)みたいに、いろいろな暦があったはずである。
いつから西暦にあわせることになったんだろうか?
マトモに考えた事がなかった。

やっぱり、ザビエルとかなんでしょうかね。

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »