« 2006年12月17日 - 2006年12月23日 | トップページ | 2007年1月7日 - 2007年1月13日 »

2006年12月24日 - 2006年12月30日

2006年12月29日 (金)

ゾディアック

(市況)

「エネルギーは小幅高、非鉄は上昇」      
 昨日はエネルギーは小幅上昇し、非鉄金属は一昨日の騰勢を受けて水準を切り上げたものの年末ということもあっての買い疲れか、引けに掛けて値を切り下げる展開であった。株式市場は小幅安。貴金属は引き続きイラン問題の緊迫化等を背景に上昇している。

(ひとりごと)

今日こそ仕事納めである。   
長いようで1年短かった。歳をとるごとに1年過ぎるのが早くなるのが、うれしくもあり、悲しくもあり。
 
昨晩TBSで小田和正の毎年恒例となったクリスマスの約束をやっていた。   
テーマはメッセージを伝えたい、であった。   
私も、少しでもコモディティマーケットのことを多くの人に知って欲しいと思い、このレポートを続けているが   
ちゃんと伝わっているだろうか。

さて、湿っぽい話はさておき。

来年の干支は猪。
ちなみに私は猪である。
あ、なんでもかんでも突っ込んでいく、ってわけじゃないですよもちろん。

で。

外国の人ってこの干支に凄く興味あるんですよね。
年毎に動物が決まっているのがやっぱり面白いらしい。
私の外国人の友人でこっち(アジア)で働いている人がいるんだが、3人の子持ちである。
2人が女の子、一番下が男の子。

当然、年末が近くなると、「来年の干支は何か?自分の干支は何か?」が話題に上ることがしばしばあるわけだ。
当然、インターナショナルスクールに通うこの3人も小学校・幼稚園で干支の説明を受けることになった。
で、そのことが自宅で話題になったらしい。

詳しく覚えていないが、女の子は2人は、羊と鳥か何かだった。
しかし、一番下の男の子の干支は「猪」であった。
中国では猪ではなく、「豚」である。

そのため、その男の子は相当泣いたらしい

「俺は、しょせん豚なんだ!!」

と。
いや、あのですね、そうだとすると私も豚なんですけど...。
そんなに嫌がらなくても...。
まぁ、確かに「Dragon」とか「Tiger」とかいった方がかっこいいですけどね。
でも中国では、高級な肉=豚、なのでそんなに悪くもないんですよ。多分。

と、干支のネタで今年は締めくくりたいと思います。

今年はお世話になりました。
2007年が皆様にとって幸せでかつ、すばらしい年になりますことを心よりお祈りいたします
来年も引き続きよろしくお願い致します。

| | コメント (1)

2006年12月28日 (木)

日経新聞商品欄

(市況)

「エネルギーは続落、非鉄は上昇」      
 昨日はエネルギーは続落し、非鉄金属はイラン問題の緊迫化や米住宅販売が改善したことが材料視され、上昇している。株式市場は米住宅販売が好調であったことから上昇し、史上最高値をを更新した。今のところ新興国(日本も含む)を含む株式市場が非常に好調なため、投機資金は商品よりも株式を選好している可能性が高い。年内、こうした資金が商品市場に入ってくるのは難しいかもしれない。 

(ひとりごと)

皆さん、今日の日経新聞の商品欄見てくださいね。   
とてもよいアンケートが載っています。   
なるほど、と思うのと同時にコモディティデリバティブが実はそれほど浸透していない事実に愕然としました。   
アンケートにある通り、実施した企業の大半が「上手くいっている」わけで、それほど悪いものではないと思うのですが。   
私も、もう少しこの商品が幅広く認知されるよう、努力していきたいと思っています。   
非鉄金属でアンケートを取ったら、また話は違うのかも知れませんが。

今年も残すところ今日と明日のみ、となった。
おそらく大半の会社は今日が仕事納めであろう。

明日も同じメッセージを書くと思いますが、

今年はお世話になりました。
2007年が皆様にとって幸せでかつ、すばらしい年になりますことを心よりお祈りいたします
来年も引き続きよろしくお願い致します。

| | コメント (0)

2006年12月27日 (水)

(市況)

「まちまち」      
 昨日はエネルギーは大幅に下落、非鉄金属はイラン問題の緊迫化を背景とした金高等の影響で強含んで引けた。

(ひとりごと)

夢を見た。   
基本的にヘンな夢しか見ないのだが、今回のは非現実的なくせにリアルなやつだった。   

ついに我が家に念願の子供が生まれる。   
女の子。   
しかしなぜか、

身長160cm

もあるのが生まれた。
ちなみにカミさんは158cmなので、身長を上回る子供を産んだことになるわけだ。
でも、これがかわいいんですよ。
どうかわいいかって、仲間由紀恵にそっくり(またかい)なんですよ。

当然、いろいろな男が結婚してくれって、言い寄ってくるんですが、

「生後3日なので止めといたほうがいいですよ」

って断る夢。

むーん。

どうも普通の夢を昔から見ないんですよね。
目がさめたら、カミさんが王貞治に変わっていて、無性に悲しくなって泣く夢、とか。
まぁ、ウチのお袋もヘンな夢ばっかりしか見てなかったので、おそらく遺伝なんだろうと思うけど。

え?お袋の見たヘンな夢ですか?
個人の話なのであんまり披露するのは何ですが、

ハワイ旅行に行くが、着陸はせず乗客全員がパラシュートで落下
そのパラシュートで落下してくる乗客を、ハワイ中の人がフラダンスで迎える

というものです。
血は争えない。

この調子だと来年も初夢が思いやられる今日この頃である。

| | コメント (0)

2006年12月26日 (火)

変換

(市況)

「クリスマス休暇で欧米主要市場は休場」      
 昨日はクリスマス休暇のため、欧米主要市場は休場。

(ひとりごと)

答えは「搗く」です。   
何で島って言う字が使われているんだか、よく分からないんですけどね。   
   
昨日のクリスマスは皆さんどうお過ごしでしたか?   
私は友人と忘年会兼クリスマス会をやっていたのだが、会が終わって12時頃、新宿駅を歩いていると、   
もどして倒れている若者がたくさんいた。
朝会社にくるときにも思ったが、昨日まであれだけ浮かれた飾り付けになっていたのが、
一夜にして厳かな正月の飾りに変わってしまっていた。

人に人生あり。クリスマスの若者に失恋あり。
まさに、兵どもが夢の後、といった感じである。

さて。

朝方テレビを見ていたら、笑える漢字変換大賞をやっていた。新聞にも出ていた。
1位に輝いたのが、「怪盗アンデス」だったらしい。
でも、皆さんも実験してみると分かりますが、普通、「かいとう」と入れた場合には「回答」と変換される。
「怪盗」は何回か変換して辞書に覚えこませておかなければならないのである。

この人は推理小説か、冒険小説作家か何かなのだろうか?
結局学習のさせ方によって、間抜けな変換になるわけなのだが、私のPCもあんまり賢くない。
上のレポート「11月(前年比+11%)、10月(同+5%)」って書こうとすると、必ず「同」は「銅」に変換されてしまうし。

ちょっと前になんだか凄い面白いのがあったんだけど、忘れちゃったなぁ....何だっけ?
皆さん、何か面白い変換があったら教えてください。

| | コメント (0)

2006年12月25日 (月)

サンタにお土産

(市況)

「まちまち」      
 週末の商品市場はまちまちであった。エネルギーは気温の上昇等を背景に、クリスマス前の手仕舞い売りで下落した。非鉄金属はニッケル価格の急騰などの影響で軒並み高となっている。米株式はクリスマス前で取引薄い中、大幅に下落している。センチメント悪化の引き金になる可能性があり、注意する必要がある。

(ひとりごと)

あだ名、募集したら結構素敵なのがきた。   
   
油番長   

いい、名前だ。気に入った。   
そのほかにも、

燃えろひげ

等の意見もあったが、個人的には油番長が最も良い。
これから名刺にそう書くことにしよう。

さて。

クリスマスいかがでしたか?
アラブっぽくても私はクリスマスが相当好きである。
例年はカミさんと外でツリーなどをみて夕食、という正しいカップルの過ごすクリスマスを過ごしていたのだが、
今年は通っている陶芸教室の「年末恒例餅つき大会」
に参加してみた。

実のところ餅つきは人生初体験である。
最近テレビでよくやっている「高速餅つき」みたいに出来るんだろうか?

と思ってやっていたら案外難しい。
そもそも杵自体が10キロ超はあるのだ。
まぁ、それを持ち上げるだけならいいんですけど、振りかぶってねらいを定めて餅にヒットさせなければならない。
やってみると分かるが、大体が大体、臼のへりにあたってしまい、木屑が餅に混入してしまうのだ。

上手い人がやると、非常にいい音がする。
本当になんていうんですかね、野球の投球練習でキャッチャーが出しているような音がするんですよ。
なんていうんでしょうか、餅にも「スイートスポット」が存在しており、明らかにスイートスポットをヒットしないと
音も悪いし、舌触りも悪くなるようだ。

若者4人のうち、2人が経験者でさすがにこの2人は上手かった。
しかし、齢60歳ぐらい、と思われるトクさん(本名分からず)はもっと上手かった。
何しろ剣道をやっているらしく、打ち込みが的確であった。

クリスマスは洋食を食べるもの、と自分では思い込んでいたが、皆で餅をついて過ごすクリスマスも悪いものではないな、と思った。
子供もたくさんいたし。
しかし子供はかわいいですね、発想が。

カミさん「サンタさんに何をお願いしたの」
こども「サメの図鑑」
カミさん「もらえるといいねぇ」
こども「うん。でもサンタさんにも何かお土産をあげないと」

うーん。いいですね。かわいいですよね。
お土産もらうサンタ、見てみたいですね。

「会社に帰って上司にしかられますので、こういったお心遣いは...」
「いや、サンタさん、そんな固いことは言わず。私の顔を立てると思って」
「いやー、そうですか、かえって申し訳ないな。北極に帰ってからトナカイと食べます」

とか言って。
今日は取り留めないな。

ちなみに、「餅つき」の「つき」の部分、どの漢字使うかご存知ですか?

| | コメント (0)

« 2006年12月17日 - 2006年12月23日 | トップページ | 2007年1月7日 - 2007年1月13日 »