« 2006年5月7日 - 2006年5月13日 | トップページ | 2006年5月21日 - 2006年5月27日 »

2006年5月14日 - 2006年5月20日

2006年5月19日 (金)

(市況)

昨日の原油・石油製品相場は上昇。金利引上げ懸念による低流動性市場でのキャッシュ化の動きが一巡したため、個別個別の材料で物色された。原油・石油製品については根源にある夏場の供給不足発生懸念が材料。在庫のカバー率も過去5年平均を下回っているし。

非鉄金属は、ファンダメンタルの強い銅・亜鉛・ニッケルが物色された。生産する必要のある製造業が現物手当てのために現状の価格を受け入れようとする動きが出始めているようである。

(ひとりごと)

ひょっとしてもう入梅なのだろうか。
毎日雨が降っている。
昨日電車に乗っていて、乗客を見回したとき、ふと思った。
「同じ傘を持っている人がいない」
注意深く見ると、ビニール傘を持っている人は結構少なく、かつ、同じビニール傘ではない。
世の中そんなに傘を生産している会社がたくさんあるんだろうか?
傘って多品種少量生産のものだっただろうか?
日本にある傘って、1億種類近くあるってこと?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

発泡酒

(市況)

原油・石油製品相場は下落。米統計は略市場予想の範囲内であったが、米CPIが前月比+0.6%とインフレの兆候を示す内容であったことから、追加利上げの思惑で米株式市場が調整、投機筋のマインドを冷え込ませ、下落した。

とはいえ、先週から続いている低流動性市場からの退場の動きが継続しているのみであり、「明確な下げトレンドに入った」というわけではなさそうである。

非鉄金属も同様の理由で下落。だが、ニッケルについてはステンレス需要の回復により現実に現物の供給が困難な状況になりつつあり、個別要因で買い進まれた。

暫くはテクニカルにまちまちな動きとなることが予想される。

(ひとりごと)

私はほぼ毎晩酒を飲んでいる。
絶対に肝臓が悪くなっていると思うけど。
個人的にはワインが良いのだが、コスト対比でカミさんがビールを薦めることが多い。
通常の大きさの缶1本である。

で。個人的には発泡酒ではなくビールの方が良いのだが、①カロリーの問題、②値段の問題、から発泡酒を買ってみた。
発泡酒って美味しくない、と思っていたので、どうもカミさんに丸め込まれた感があった。
でも、結構美味しいんですよね。発泡酒。
昔の発泡酒と明らかに違う。
特に夏場、暑くなってくると若干薄めでさらっとしている方が飲みやすいことに気づいた。
皆さんはビール派ですか、発泡酒派ですか?

追伸
話題のにせバジルであるが、昨日見てみたら、もう2枚小さい葉が出てきた。
バジルかどうかを確かめるには葉をちぎって匂いをかげばよいのだが、①すぐ横にローズマリーが生えていて、そちらの匂いが強いこと、②葉が4枚しかないので、(どうせ後で食べちゃうのに)心苦しいこと、から確かめられない。
いつかこの紙面で結果をお知らせするまで、この葛藤は続く。
でも、多分ただの雑草だよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

カレーうどん

(市況)

原油・石油製品相場は総じて小動き。原油は期近もののみ、Brentの限月交代に絡む買戻しで上昇した。期先は下落。一旦、米株安も落ち着いた感もあり、夜間の米在庫統計や、米CPIを控えて神経質な動きになると考えられる。

非鉄金属は上昇。朝方LMEのマージンコール引き上げの報道を受けて大幅に下落していたが、LME銅在庫が4,925Mtの大幅減少となる中、米鉱工業生産が市場予想を上回る前月比+0.8%、稼働率81.9%(2000年7月以来の水準)となったことから、上げ幅を拡大した。

当面、原油・石油製品は弱く、非鉄は総じて強い、という先週の状況に逆戻りである。いずれにせよ、今晩の米在庫統計には注目したい。

ちなみに昨年の1発目のハリケーン、「アーリーン」が発生したのは6月1日である。

今日から天気予報もチェックしないと...

(ひとりごと)

私、カレーが好きである。
男も女も嫌いな人はいないだろう(と思う)。
わが社の社員食堂では略毎日、カレーが販売されているが時々、カレーうどんが提供されることがある。
カレーうどんもカレーに並び、好物の一つだ。そもそもカレーに出汁をあわせよう、という発想がすばらしい。

で。
以前、チームの人間とカレーうどんを食べていたとき、私が持っていた箸が床に落ちてしまった。
自分でもどうやったのかわからないのだが、箸を拾おうとしたら、手がカレーうどんの椀に引っかかり、カレーうどんを激しくこぼしてしまった。
しかも自分のスーツのパンツの上に。大量に。
こぼしたのが水だったらいい。でもカレーである。だんだん痒くなってきた。
まさかパンツを脱いで、本当のパンツ一丁で仕事をするわけにも行かない。
ということで、着替えるために一旦家に帰ることにしました。

で。電車に乗りました。すごくカレーの香りが漂います。
まぁ、嫌な匂いではないのであまり皆顔をしかめているわけではないのですが、当然の人間の心理として、

「どこから香ってくるんだろうか?」

と思うわけだ。

で、私の方から匂っていることを確認後、

「ああ、やっぱり」

という顔をするのだ。

ああ、やっぱりじゃない!!違うんだ!!
と言っても、皆私のことをインド人だと思ったんだろうな(私の顔を知らない方は、ブログのプロフィールをどうぞ。こんな顔です)

ということで結論。
カレーはこぼした後、電車に乗ると日本人だと思われないことがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

人生ゲームM&A

(市況)

昨日の原油・石油製品相場は下落。米国株式・債券相場が、週末発表になった米CPIを背景とする追加利上げ懸念の台頭で、下落した為、エマージング市場を含む「流動性の低い市場」でのキャッシュ化の動きが活発化したためである。個別の材料があったわけではない。

原油・石油製品について言えば先週末発表されたIEAの月報で原油需要が米国・FSUを中心に減速する見通しが示されたことから、「原油の供給は足りていて、製品の供給に懸念があるが、今のところ製品の生産状況には問題がない」というファンダメンタルに回帰して、下落基調を強めている中での米株調整であったことから、非鉄金属比で下げ幅が大きかった。

非鉄金属も高値警戒感が強まる中、こうした手仕舞い売りに押されて下落した。しかしながら基本的な需給がタイトである現状になんら変化はなく、下値では押し目買いがしっかりと入り、下げ幅を限定している。

今週はバ議長の講演が2回あり、この講演の中で米金融政策の先行きに対してどのようなコメントがなされるか、がポイントとなろう。

暫くは神経質な動きになると思うが、需給をめぐる状況に変化はないことから、やはり下げ幅は限定されると考えている。

今までは「どこまで上がるか、売るのを我慢する」という展開であたったが、今は「どこまで下がるか、買うのを我慢する」展開である。

(ひとりごと)

人生ゲームM&Aをやってみた。
私の後輩ではしこいヤツがいて、販売中止になる前に購入していたのだ。
で、思いましたね。面白いんですが、

「金銭感覚マヒしまくり」

です。

このゲームでは、世の中に飛び出す前に、下積み時代があってその下積み時代に資金を貯める仕組みになってる。
で、ショートトラックみたいな形のコマをぐるぐる回って、給料を貰うのだが、その給料は1週あたり10億円である。
10億円ですよ。多分私達が3回か4回ぐらい生まれ変わらないと手に入らない資金が、トラック1週で手に入るわけですよ。

ゲームの始めの頃は、
「え、10億円か...。ちょっと貰いすぎ?」

とか言っていた人間が、ゲーム後半になると、

「おれ、1兆5,000億円しか持ってない」

に変わるのだ。しかも、結構あっさり大手自動車会社とか、IT企業とか買えちゃうのだ。
確かに企業コンツェルンを作って防御してゆく、という過程は非常に面白いし、「なるほど、こうやって買収が進むのか」とためになることも多い。
でも、ねぇ。ちょっとやりすぎの気も。
結局このゲーム、ルーレットの運が一番でかいんですよね。

友人がやっているのをみていたが、IT企業を買い、放送を買い、野球場まで購入したが、最終的には人生最大の賭けで、一文無しになっていた。
どこかで見た話。聞いた話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

小田和正と腰

(市況)

原油・石油製品価格は下落。木曜日の上げ幅を略吐き出す形で下落した。欧州時間早朝に発表されたIEA統計で、世界の石油需要が前回調査時比▲220KBDとなったことや、米統計でCPI(含むエネルギー)が前月比+2.1%、前年比+5.9%となったことを受けて米債・米株が調整したことが材料視された。まぁ、行き過ぎの感じが出ているのも事実であるし。

これによって予想通り、相場は10日移動平均線でサポートされるまで下落することとなった。本日はこの10日移動平均線を挟む展開になろう。これを下抜けた場合、心理的なサポートラインである70㌦を目指すことになると見る。

非鉄金属も下落。特段材料ない中、米経済指標でインフレの兆候が見られたためだ。だが、原油・石油製品に比べて押し目買い意欲は旺盛で「それほど下がっていない」というのが正直な印象。

(ひとりごと)

今回の日経新聞のボーナス一覧で、素材・運輸関連の方々のボーナスが、原材料価格上昇の影響で、軒並み低下していた。
こういう記事を読むと真剣に、デリバティブ等を用いたリスクコントロールの開始を検討して欲しい、と心から思ってしまう。

すみません。さて、ひとりごとに戻りましょう。

皆さん、週末はいかがだっただろうか。
私は久しぶりにゴルフに行ってきた。
ゴルフから帰って、カミさんに、
「スコアはどうだった?」
「うん...?腰が痛い」

Σ( ̄ロ ̄lll) はッ!!
答えになってない。
そもそもこういうこと聞かれて、つい、腰の話しちゃいませんか?まだ35歳だけど。

そうそう。腰と歳のことを考えていたら、このコマーシャルのことを思い出した。
このCMの歌、小田和正が歌っているんだけど、この人今年還暦かなんかなんですよね。そういえば。
でも小田和正、何歳まで歌うのか。

年齢的にはウチの会社の常務や社長が歌っているようなものなのだが。
本当に凄い。
有名な話だがゴルフに関しても、ニューセントアンドリュースのメンバーで、シングルらしいし。
コンサートに行って、「腰が痛いねぇ」といっているのも聞いたことがないし。
反省から始まる週の始まりであった。

CMはこちらから↓
http://www.hajime-cha.jp/top.html

PS
週末に甥が生まれた。血は繋がっていなくてもうれしいものである。
雑草疑惑のバジルが力弱く枯れていた。
若干悲しくなったが、カミさんが大量に水をやったところ、今朝方復活していた。
やはり本当の雑草なのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月7日 - 2006年5月13日 | トップページ | 2006年5月21日 - 2006年5月27日 »