« 2006年4月16日 - 2006年4月22日 | トップページ | 2006年4月30日 - 2006年5月6日 »

2006年4月23日 - 2006年4月29日

2006年4月28日 (金)

無免許で高速を走った話-最終回

(市況)

昨日の原油・石油製品相場は下落。中国が投資ブーム抑制のために金利を引き上げたことが、利食いのきっかけになった様子。その一方でバ議長は金利引上げ小休止の可能性について言及。中国はおそらく金利を引き上げても消費を落とすことはあるまい(資金を調達できる限り、投資は続ける。なんてったって10%を超える成長率を維持してるんだから)。

だが、2004年から中国が金融政策を変更したことはなく、そういった意味で「新しい要素」が市場にもたらされたことは大きい。

非鉄金属価格も下落。最大需要家中国の金利引上げが影響したと考えられる。来週から中国お休みだし、今日も軟調に推移かな。

(ひとりごと)

最近のテレビ番組みたいに、別の話にして引っ張ろうかなぁ。
と思いましたが、来週月曜日休みの方も多いと思うので、やっぱり最終回、書きたいと思います。
明日からGW入りの皆様。良い休日を!!

私を助けてくれるかと思った運ちゃん。あっさり走っていってしまった。

もう、自分の周りは時速100キロの世界。
人間馬鹿なもので、こうしたときでも「どうしたら追いつくのか」を考えてしまう。
カールルイスも、ベンジョンソンも、もう誰も追いつけないのに。

オイラひたすら走ったね。
それしかないし。
ポケットの中にはハンカチと20円しか入ってないし。
携帯のない時代だし。

と、必死に走っていたら、左手前方に「緊急電話」の緑色のボックスが。

「おお!!これだ!!」

と思って、そこに駆け寄ろうと思ったら、激しいクラクションの音が。
そうです。私、追い越し斜線の方の路肩を走っていたんです。
本当に緊急なのに...。

時々ありますよね、高速道路ではねられてしまった人の話。
高速で轢かれてしまう人たちは、こういう状況で轢かれるんだなぁ...となぜか妙な感傷に襲われつつ、我に返って必死に走る。
と必死に走っていたら自分の視界に青色の看板が。

「談合坂まで42Km」

談合坂は待ち合わせ場所....

フルマラソン?
もう本泣き。

でも不思議なことに結構頭は冷静で、「オリンピック選手は42キロを2時間ぐらい。休みながら走っても4時間ぐらいで着くか。で、今3時だから談合坂着は7時。夕飯時だな」
なんて考えたりする。
でも4時間走りっぱなしって....。
あの好きな子にお菓子を渡して喜んでもらったあの瞬間。
多分時間にしてあと2秒。
あの2秒のために、概ね7,200倍の苦痛な時間を過ごすことになったのだ。
しかもその間、車に乗っている人々は楽しい会話を...。
多分、私のことは話のネタになっているんだろう。

もう、何も考えられなくなった。
もう、だめかも。

と思ったとき、突然自分の横に車が止まった。

「早く乗れ!!」

たまたま忘れ物を取りに戻った、先輩の車があったのだ。
同乗していた同期の女の子が忘れ物をしてくれなければ、私は東京に戻れていなかった。

偶然だが、その忘れ物をした子と付き合うことになった。好きだった子ではなく。

しんりがくの実験で「吊橋の実験」ってあるけど、やはりドキドキしているときに出会う異性とは、つい付き合ってしまうものなのだろうか。
今ごろ、彼女、なにやってるんだろうな。

以降、無免許で高速を走ったことはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

無免許で高速を走った話-その2

(市況)

昨日の原油・石油製品相場は下落。米統計でガソリン在庫の減少幅が市場予想を下回る小幅な減少に留まったことが切っ掛け。今日の夜にバーナンキ議長のコメントもあるし、あえてニューロングを取りに行く動きもなく、当然といえば当然の結果であった。

一方、非鉄金属、特に銅は上昇。ファンダメンタルは引き続き強い。心理的なレジスタンスである3,500㌦を上抜け出来なかった亜鉛はテクニカルに売られた。だが、オーストラリアのBHPビリトンCannington Mineがメンテナンスの影響で、2006年の残りの期間の生産が20%程度減少する見込みである、と発表するなど新たな供給不安材料が出てきた。

非鉄金属の上値のメドがどこか?を言い当てることに殆ど意味がなくなってきた気がする...。

ちなみに一昨日、ジム・ロジャースが講演会で、「ソフトコモディティは上がるぞ。俺の娘にはオレンジジュースを買わせている。原油は200㌦まで上がる」といっていた。いつも同じこと言ってるんだけど、ポジショントークしまくりだ。そんなことして、いいのかなぁ...

(ひとりごと)

さて昨日の続きです。好きなこと話すために、お菓子を持って後ろの車に。
好きな子がいます。
お菓子を渡しました。
喜んでもらいました。
車が動き出しました。
「待って!!!」
といっても、無常にも車は何百メートルも前に。
その頃、携帯電話ないんですよ。財布も車においてきてしまったわけですよ。

で、私に残された唯一の選択。

「走る」

ですよね。やっぱり。
ってか、これしかないし。

ひたすら走りました。
ゴールデンウィークの高速道路を。
ほぼ半泣きで。
そしたら、いるんですね。地獄に仏って。

走ってる私の横を並走する1台のトラックが。
運転手が声をかけてきます。

「おーい、兄ちゃん!どうしたんだー!!」

はっと思って横を見る私。
そこには白いタオルを頭に巻いた(今で言えばラーメン屋の店員風)のお兄さんが。

運ちゃん  「何で走ってんだー!!」
私  「渋滞で車の外にいたら、急に流れ出したんです!!」
運ちゃん  「そうかー」

ひょっとして拾ってくれるのか....?

運ちゃん  「頑張れよー!!」

ええッ!!! Σ( ̄ロ ̄lll)
何にもなし!?

私は無事に東京に戻ってこれるんでしょうか...。

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

無免許で高速を走った話-その1

(市況)

昨日の原油相場は下落。ブッシュ大統領が、SPR(戦略備蓄)の積み増しを一時停止すること、ガソリン規制強化の緩和を指示したことなどが材料視された。だけど、中国も備蓄を今年末から開始の予定で、中期的には何の材料にもならないと思う。

ファンド破綻の噂が流れたが、その影響は極めて軽微であった。

非鉄金属は爆騰。ファンダメンタルが強いのは分かってるが、ここまで来ると、ねぇ。

(ひとりごと)

今日は私の35回目の誕生日である(でも、夜は統計なのでお祝いはなし。トホホ....)

なので、今日から数日間、前回評判の良かった連載物を開始します(多分連続3回)。

高速を無免許で走ったことがあるだろうか?
私、実はあるんですね。大学1年生の時に。
もう時効でしょ。
ということで、その秘密の話を披露したい。

新人歓迎合宿の帰り、昔は携帯電話なんてないので、「どの車に乗るか?」がとても重要であった。
やっぱり自分の目当ての女の子の車に乗りたいから。
だって、違う車になった瞬間、話すチャンスがなくなるわけですから(このメール、ウチの会社に勤めるサークルの後輩も読んでるんですよね...まあ、いいや)。
実際、車内で話をして仲良くなり、カップルになって結婚した先輩もいる。

で。帰り道、とんでもない渋滞に。全く動かない。
30分に100メートル、といったぐらいの完全なる渋滞である。

で。こういうとき、「好きな女の子の車に乗れなかった男」は頑張るんですよね。何とかコンタクトが取れるように。

で。私、ウチの車にあるお菓子をもって、一つ後ろの車に行きました。

好きな子がいます。

お菓子を渡しました。

喜んでもらいました。

車が動き出しました。

「待って!!!」

といっても、無常にも車は何百メートルも前に。渋滞が突如として完全に解消されたのだ。
遠ざかる車窓から私の好きな女の子が手を振っている。

「何で、手を振ってるんだろう...?」

なんて考えてる場合じゃない!
その頃、携帯電話ないんですよ。財布も車においてきてしまったわけですよ。

さあ、どうなる?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

毛むくじゃら

(市況)

昨日の原油・石油製品相場は下落した。需給関係の材料としては米コノコのBelleChasse製油所(239.4KBD)が再稼動したことぐらい。その他の材料としては、一部商品ファンドが価格高騰に耐えられず破綻した(おそらくショート振っていたんだと思うけど)こと。

今週末のバ議長の講演を控えて「金利引上げ懸念」が台頭する中、GW前ということもあり、行き過ぎた相場上昇が一旦調整した格好。

非鉄金属も同様だ。新規材料はないにも関わらず軒並み下げている。ファンド破綻の噂がプロフィットテイクの動きを加速したようである。

だが、基本的にはファンダメンタルが強いことは、忘れてはならない(イラン片付いてないし、製油所キャパシティ足りないし、銅山ストばっかだし)。

(ひとりごと)

去年ぐらいに、夕刊フジで見かけたヘンなニュースがある。
なんとなく他人事ではない気がして、抜粋してみた。

「マレーシア南部のジョホール州にある密林で、体長約3メートル、2足歩行する『毛むくじゃらの』巨大生物の目撃証言が相次いでいる。密林では長さ約50センチの足跡も発見されており、同州当局が未確認生物が存在する可能性もあるとみて、調査に乗り出すことになった。州公園管理当局は未確認生物が存在する可能性もあるとみて、公園内にビデオカメラを設置するなどし、調査に乗り出した。
同国では、密林の奥深くには「出っ歯の幽霊」と呼ばれる未知の生物がいると伝えられている。」

とのこと。でも、「出っ歯の幽霊」が毛むくじゃら、というのもどうもしっくりこない。思うに、出っ歯の幽霊と毛むくじゃらの巨大生物は、全く別のものなのではなかろうか。
しかし、活字にして「毛むくじゃら」という文字を見ると、どうも不思議な言葉だ。で。もっと詳しく調べたくなり、大好きな大辞泉で調べてみた。

[名・形動]毛深いこと。また、毛深くて気味が悪く感じられるさま。「―な(の)腕
◆歴史的仮名遣いは通常「けむくぢゃら」とするが、未詳。

一発で、大辞泉が嫌いになった。

気味が悪いとは、なんだ。好きで毛むくじゃらじゃないんだぞ。
ジョホールの国立公園に出現する巨大生物は可愛そうに。毛むくじゃらで、かつ、出っ歯だ。心中お察しします。

しかし、むかしは「けむくぢゃら」が正しかったんですね。うーん。変な感じ。

取り止めがないが、今日はこれで終わり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

飛行機

(市況)

相場は大幅に上昇した。もう、ファンドの買い以外の何者でもない。とりあえず相場は、「どれだけの価格上昇に消費者が耐えられるのか」を試しているようだ。

おそらく米国の消費はさほど落ちないが、IEAが指摘するように、補助金制度を導入しているアジア地区での消費が激減するリスクが高まってきた。G7で中国の貿易黒字、人民元対策が指摘されたことからアジア通貨高となるので、アジア域内では素材高騰の多少の緩衝材となりえるが、その効果も限定的であろう。

非鉄金属もファンドが買い。だが、原油と大きく違うのは本当にファンダメンタルが強くなってきていること。現物を取れない人々も出始めているようである。

当面、強い。足元、ステージが変わったことを投資家が受け入れはじめているようだ。

(ひとりごと)

この前飛行機に乗ったところ、結構かわいそうな事件が起きた。
着陸して、さあおりようと思ったところ、

「乗客の皆様にお知らせします。オキメグミ様(仮名)、オキメグミ様」

と突然アナウンスが入った。何かと思って耳を傾けると、

「行きの飛行機で紛失なさった結婚指輪が届いております。繰り返します、オキメグミ様....」

しかも飛行機を降りたところに「オキメグミ様 結婚指輪の忘れ物」と書いたプラカードを持った人が立って、「オキメグミさま~」と名前を呼んでいる。

嗚呼、あれだとたとえ本人でも取りには行けまい....。
念の為、ですが、日本の航空会社の飛行機での出来事ではありません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年4月16日 - 2006年4月22日 | トップページ | 2006年4月30日 - 2006年5月6日 »