« 2006年4月2日 - 2006年4月8日 | トップページ | 2006年4月16日 - 2006年4月22日 »

2006年4月9日 - 2006年4月15日

2006年4月14日 (金)

キシリトール

(市況)

 昨日の原油相場は上昇した。イラン大統領「欧米は、怒れ。そして怒りの余り死ぬがいい」と発言したこと等、中東情勢がやっぱり緊迫していることから、週末のロングホリデーを控えて逆に買い持ちを増やしたと見られるためだ。

 非鉄金属も大幅に上昇、銅・亜鉛価格は市場最高値を更新した。基本的な需給が逼迫していることと、投機資金の流入が継続していることが材料である。

今日はしかし、コメントすることが余りないな...東京を除く全ての市場がお休みだし。

(ひとりごと)

最近、隣の席に座っているS君と、ガムをシェアしている。私は昨年タバコを止めたため、ガムを食べる料が著しく増えた。
買っているのは宣伝になってしまうが、キシリトールっていうそのままズバリの「歯を強くする」ガムだ。
ちなみに海外では打っていないらしいので、お土産に喜ばれたりする。

これって、厚生労働省が許可した「保険機能食品」であることをご存知だろうか。
食べ方まで指定してあるのだ。入れ物の裏側に、「1日摂取量目安:1回に2粒を5分噛み。1日7回を目安に1週間食べつづけると効果的です」とある。
つまり、1日に14粒、1週間で98粒が消費されるわけで、恐らくそれでこのガム1箱(箱、という数え方が正しいのか?)がなくなるわけだ。

だが、私とS君の横に置いてあるガム。

1日でなくなります。

厚生労働省の指導に従い、私と彼は2粒づつ食べているのだが、それが1日でなくなるわけだ。
つまり、1日に50粒イーチ、25回は噛んでいる計算になる。1日の労働時間を8時間とすれば、20分に1回はかんでいる計算になる。すごい。

でもこのガム、結構高いんですよね。
最近やたらと現金がなくなることをカミさんに指摘されていたが、どうやらこういったところで消費されているようだ。

あの容器、家庭の平和のために、ぜひとも透明の容器にして欲しい。
といっている間に、また2粒....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

イカとエビ

(市況)

原油相場は上昇後、下落、製品相場は上昇しました。昨晩発表された統計は、トレンドこそ市場予想通りであったものの、①製油所の稼働率が低下(過去5年の最低レベルをも下回る。ハリケーンからの回復の遅れとアップグレード作業)したこと、②価格水準が高いにもかかわらず、需要が堅調であったこと、から石油製品が上昇、原油も石油製品に連れ高の展開となった。

イランが高速遠心分離機54,000基の製造を計画、IAEAに申請したこと、それに対しライス国務長官が、「強硬な措置を取る可能性」を示唆したことも相場を押し上げる材料となった。

しかしながら、今週末はロンドンの休日を含めば最長4日の連休であることもあり、原油が70㌦をクリアできなかったことから利食い売りで原油は下落することとなった。

非鉄金属は上昇。銅・亜鉛は最高値を更新。ファンドを中心に買い圧力が強い。価格調整があるならば、中国GW前の月末のバーナンキ議長の公演(27日)。

本日は地合いは強いものの、ロングホリデーを控えて調整売りで下落するかも。

(ひとりごと)

高架線の壁面や工事現場の壁などに、落書きがしてあるのをよく見かける。

最近は、落書き禁止の条例もできているそうで、少しずつ減ってはいるらしい。

その中で昔から皆見ていて、余り違和感がない落書きの代表選手は「○×参上!!」という落書きではないだろうか。

でもなんで、「参上!!」なんて書くんだろうか。

別に、「田中参上!!」と書いてあったって、そんなの自分に関係ないよ、と思う。

でも、そもそも人間は「ここに来た」「あそこに行った」ということを、誇示したい生き物なのだ。

南極点到達の時は、当然旗を立てたし、月にも星条旗が立っている。
なので、「参上!!」と書きたくなる気持ちはわからないでもない。
しかし、その中で非常に秀逸な落書きを先日発見した。

他に何も書いていない壁に、「イカ」と「エビ」。

何が彼に「イカ」と「エビ」と書かしめたのか?なぜ、「イカ」と「タコ」ではなかったのか。

しかも、「参上」したにも関わらず、自分の名前でなく、「イカ」と「エビ」なのだ。

彼のセンスに敬意を表したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

眞鍋かをり

(市況)

 昨日の原油・石油製品相場は上昇。イランが核開発に成功した、と報じられたことから中東の緊張が高まったためである。WTIは一時69㌦を上回り、70㌦に迫る展開となった。米国よりもイランの影響の大きい欧州ではBrentが大幅に上昇、WTIとのネガティブスプレッドを拡大している。

 石油製品も夏場のピークシーズンを控えて基本的に買い意欲は旺盛。Mogasはごく自然に200㌣を上回った。

 非鉄金属も上昇。朝方のGrupo Mexicoのフォースマジュールの影響で買い意欲旺盛。ついに6,000㌦をクリアした。中国GW前のバーナンキ議長の講演(27日)で金利引上げが示唆されない限り、暫くはこのトレンドが続きそう。

 2003年比、全てのコモディティ価格3倍説、が結構現実のものになるかも....。

(ひとりごと)

有名な人のブログを見てみた。
「人の興味を引く文章とは、どのような文章か?」を勉強するためだ。
私が使わせてもらっている「ココログ」の看板の「眞鍋かをり」のサイトを見てみたが、感想。

おもしろい。
けど自分では書けない。

私の文章の書き方とは全然組み立て方が違う。
確かにこういう文体の方が人の興味を惹きやすい。
いつもの雑感を、眞鍋かをり風に書いてみよう。

(眞鍋かをりのサイトはコチラから↓ )
http://manabekawori.cocolog-nifty.com/blog/ 

*********************
で、みんな知ってのとおり、オイラ、油売ってるわけですよ
もーそれこそ、朝から晩まで

まあ、油っていっても、毎日使ってる「健康エコナ」みたいな油じゃなくて
ほんっっっっっっとに 燃えちゃうやつ。
もーね。
こんな仕事してると濃い人ばっかりオイラの周りに集まってくるんですよね
出会い、濃いのしかないんですよね
これじゃいかん!と思い、出不精の体にムチ打ちうって飲み会に参加することにしました

参加者は見るからにこの業界っぽい人たちではない面々
オイラ小躍りしたね。だって、みんなフツー、ってかむしろ薄い?人たちなんだもの
で、一番オイラのお気に入りの子が、オイラをみるなり一言

「テロリスト....?」

Σ( ̄ロ ̄lll) んなわけねーだろ!!!
テロリスト飲み会に来たら困るし
多分、入国できないし
テロリスト、和民とか、甘太郎で飲まないし
と、つらつら思ってたら

「え、でも日本人じゃないよね?」
いちおうオイラ、日本人なんですが..._| ̄|○
*********************

うわーーーーーー。だめ。疲れる。書けない。この短い文章書くのに1時間かかった(昨日の夜、家で書いてみました)。
しかも作り話なのに。
で、よくよく眞鍋かをりの文章をよく読んでみると、この人の友達、面白い、というかネタを提供してくれる人が多い。
それに、ちょっと自分の写真を掲載すると、それだけで記事っぽくなる。これは女の子だからなのか、芸能人だからなのか。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2006年4月11日 (火)

タナメラターミナルにて

(市況)

 昨日の原油・石油製品相場は急上昇。イランに対し、米軍が空爆を検討していると、ワシントンポストで報じられたことを切っ掛けに、期初から買いを継続しているファンドが買いを入れたためである。また、AMEXに原油ETFが上場される、との報道も銀ETF同様、相場の上げを助長したと考えられる(そもそもファンドが買ってるわけなので)。

 CitgoやTotalなどの製油所がトラブルに見舞われ始めており、稼働率が上昇するこの時期、リファイナリの稼動状況からは引き続き目が離せない。こうしたリファイナリの停止もあってガソリン価格はついに200㌣を突破した。尚RBOBの価格は215.14㌣と昨年10月の上場来最高値を更新している。

 非鉄金属は銅・亜鉛・ニッケルを主導に上昇。GoroプロジェクトやGrupo Mexico(本日フォースマジュール宣言)等の現物供給懸念もあって、ファンドの買いはいっそう強い。ついに銅6,000㌦は現実のものになりつつある状況。

 当面、こうした上昇相場は続くことになると思う。結局、ファンドの動きを抑制する効果のある金利引上げに関する発言が期待される、今月末のバーナンキ議長の演説(27日)が、まずは山場か。

(ひとりごと)

2年ほど前シンガポールに駐在していたころ、インドネシアのビンタン島に旅行に行ったことがある。

船で1時間程度(だったと思う)で着いてしまうので、非常に行きやすい。

船着場はチャンギのそばのタナメラターミナルから出る。船で住んでいる国からでて、外の国に行くのは初めてなのでやや興奮していた。


しかもその頃、シンガポールでの生活を始めたばかりだったので、知らないことばかりであった。当然この船の旅行も始めての経験である。
ちなみにそのとき私は新婚だったので、「嫁には格好いいところを見せないと」と思い、行動するときは常に率先して嫁をリードしていた(といっても、チケットを取ったりするのは、全部嫁がやったんですけどね)。

で。暫く待っていたら、

「あと30分ほどで乗船開始になります」

とのアナウンスが。

人々がわらわらと列を作り始める。基本的に全席自由なので、なるべく前の方に並びたい。なので、

「早く並ぶぞ」

と偉そうに言って、30番目ぐらいのところに並んだ。

既に私たちの後ろには100人ぐらいの列が。

「見たか」

とやや誇らしげな私。

で。30分待ちました。

「乗船開始します」とのアナウンス。

「!!!」

みんな列を無視して乗船していきました.....。

って、みんな、何のために列作ってたの!?この国、順番を守らないんだ。

私の後ろにいた100人もゲートに殺到したため、最終的に我々はビリに近い順番で、乗船することとなった...。

彼らに比べれば、スーパーの特売で割り込むオバちゃんは、極めて可愛いものである。

「郷に入りては郷に従え」

でも、従いたくないこともあるもんだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

しば漬け

(市況)

 原油・石油製品相場は下落した。米雇用統計で、非農業部門雇用者数が市場予想を上回る+211千人となったことからドル高が進行、週末ということもあって利食い売りが優勢となったためである。だが、期初のファンド買い圧力は旺盛であり、今週は上昇することになりそう。70㌦を上抜けると、84㌦程度までの上昇はありえる。①各国の戦略備蓄や企業の在庫積み増しの動き、②ファンドマネーの流入、がベース価格を押し上げているようだ。

 非鉄金属も下落。そもそも高値警戒感が根強い上、ドル高もあったことから週末を控えた利食いが先行している。今週は一旦下値を探る動きになると考えるが、基本的には買い(もう、ファンド・ファンドといい飽きてきたが...)圧力強く、上値をトライすると考えている。

(ひとりごと)

今日はまさに「ひとりごと」です。面白くないかも。というより、笑える話じゃないです。すみません。

週末京都に小旅行に行ってきた。
気温のせいもあって京都は東京から1週間遅れで桜が満開であった。東京のときもそうであったが、
「この道路の木は何の木かと思っていたが、桜だったんだ」と思ったように、京都の町もいたるところ桜と雪柳で一杯であった。
日本が世界に誇る町、と声を大にして言いたくなる人々が多いのも全く頷ける。
ただそのせいもあって、死ぬほど込んでいた。

いくところ、いくところ、人の山。
祇園白川の有名な枝垂桜も、橋に立ち止まれないほどの人だかりで、向かいの甘味処、小森は、いつものとおり大行列になっていた。
食べたことないがあそこのお店、美味しいのだろうか?

今年のJR東海では、円山公園の桜が採り上げられていたからか、こちらも凄い人手であった。
ただ、枝の数がどうも前に見たときよりも、少なく見える。聞いてみると、人がぶら下がったりして、枝が痛んでしまったのでいくらか伐採したとのこと。
桜を維持するためには仕方のないことだが、心無い人の行為でそうなったのならば非常に残念である。

昨年「義経」で出てきた建礼門院徳子が余生を(といっても36歳で死んでしまう)過ごした寂光院も、平成12年に放火で本堂が消失してしまったのだそうだ(昨年修復が終了)。一度失ってしまった時間は取り戻せないんだがなぁ。
何を思ってそういうことをするんだろうか?
昔のものがそのままの形で後世に伝わって欲しい、と思いつつ珍しく神妙に観光をした2日間であった。

全然関係ないが、「しば漬け」の名づけ親って、建礼門院なんだそうだ。
「紫の葉で漬けた漬物=紫葉漬」。ということで寂光院のあたりはしば漬屋がたくさんあった。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年4月2日 - 2006年4月8日 | トップページ | 2006年4月16日 - 2006年4月22日 »