« 2006年3月19日 - 2006年3月25日 | トップページ | 2006年4月2日 - 2006年4月8日 »

2006年3月26日 - 2006年4月1日

2006年3月31日 (金)

パンチェッタジローラモ?パンツェッタジローラモ?

(市況)

 昨日の原油・石油製品相場は上昇した。期末の利食いが若干出ていたが、イラン海軍が安保理決議を前に軍事演習を行ったこと、(それが影響したとは思わないが)国連安保理が30日以内の核研究活動の全面停止をイランに求めたこと、それに対しイランは即日拒否の方針を表明したこと、から「暫く市場から材料として意識されていなかった」イラン問題が噴出した格好。

 これにより利食いを予定していた投機筋も売りを手控えざるを得なくなり、相場を押し上げることとなった。Q206から新規設定の商品ファンドも増えるらしいし(詳細な数値はなし)、イラン問題、実際は供給がストップしてるわけではないけれど、暫く相場の下支え材料になりそうな感じ。少なくとも30日間は。ってことは、Q206も強い、と見るべきだろう。

 貴金属はETF認可の報道(実際は、米SECはまだ認可していないので、結果的には誤報)を受けて銀が急騰したこと、ドル安の進行、から金が急騰。これによって非鉄金属も騰勢を強めることとなった。うーん。高い。以前、「油の価格が3年前の3倍だから、銅も3倍で6,000ドルになるんじゃないの?」といっていたのが現実のものになりつつある状況。でも、そんなに単純なのか?もはや他の商品と比べて高いか安いかの判断(庶民的だけど)もファンダメンタルの1つ、というべきだろう。

(ひとりごと)

私の友人でチョイ悪オヤジ風の男がいる。格好も、パンチェッタ・ジローラモ風である。
あだ名はスケベ大王。

なので、「パンチェッタ・ジローラモを意識してるのか?」と聞いてみたら、

「なんだそれ?食い物の名前みたいな人だな」

だって。またー。意識してるくせに。

...でも確かに、パンチェッタって、食べ物の名前だ。豚バラ肉の塩漬けのことである(詳しくはコチラ↓)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%BF

親もどういう気持ちでつけた名前だろうか?パンチェッタはスープの出汁に使ったりする肉だから、さしずめ日本では鰹節、と言ったところだ。

「山田鰹節」「佐藤鰹節」

どうも乾物屋の名前のようだ。
いつか、パンチェッタジローラモに会うチャンスがあったら、聞いてみよう。

そんなチャンスあるのか?....とまた考えているうちにスペリングを調べたら、「豚肉=Pancetta」「人間の方=Panzetta」であった。
ちッ。1字違い。

(味噌汁のアンケート)
味噌汁の具で何が好きか、というアンケートを取ってみた。いろいろな意見がある。

わかめと豆腐 3件
大根とキビナゴ(九州方面、味噌は九州方面の甘めの味噌がいいらしい) 1件
豚汁 2件
蓮根のすりおろし(金沢) 1件
なめこ(信州味噌指定) 1件
エビの頭入り(すし屋でよく出てくるやつ) 1件
岩のり 1件
しじみ(赤だし指定) 1件

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月30日 (木)

晴れたらいいね

(市況)

 昨日の原油・石油製品相場は上昇した。EIA発表の統計で、ガソリン在庫が2003年8月以来の大幅な減少となったことから、製品主導で上昇することとなった。原油の在庫は輸入の増加等の影響で2.0MBの増加となったが、材料視されることはなかった。

 EIAのオフィサーがMTBEの廃止に自信を見せた(というよりも、「予定通り実施される」といったこと)ことが、新基準適用延期を想定していた向きの買戻しを誘った可能性も高い。

 非鉄金属は、銅以外は上昇。銅はGrupo Mexicoのスト、Grasbergの供給不安が残存していることから他メタル比下落し難い。銀が何時まで続くのか分からないETF認可期待で上昇したことを受けて、金が上昇、それに連れる、という形での上昇となっている。期明けには利食い、入ると思うんだがなぁ。

(ひとりごと)

Dreams Come Trueの「晴れたらいいね」という曲をご存知だろうか。
私は夏祭りの縁日が出始めると、毎度この歌を思い出す。
 

学生の頃、この歌が話題になったことがあり、突如私の友人が、

「あの歌って、クワガタマニアの人の歌だよね」

と、言い出した。

「???」

議論の中心となった歌詞が次の歌詞である。

「いっしょに行こうよ 小桑の実 また採ってね」

ところが彼はずっとこの歌詞は、

「いっしょに行こうよ 『コクワのみ』 また採ってね」

だと思っていたらしい。「コクワ=コクワガタ」(女性は分からないかもしれないが、男性はコクワガタのことをコクワと略す)。

彼曰く、

「そこにはいろいろな種類のクワガタがいたのだが、彼はあえて『コクワガタのみ』採った。

普通はミヤマクワガタとか、オオクワガタの方が好きなはずだ。クワガタマニアと言わざるを得ない。

なので、クワガタマニアの歌だと思っていた」

とのこと。

....そんなはずないでしょう。

 なので、縁日でコクワガタを売っているとこの歌を思い出すのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月29日 (水)

悪魔のイナバウアー

(市況)

 昨日の原油・石油製品相場は上昇しました。FOMCを控えて小動きの中、テクニカルな買いが相場を主導、「節目」と言われていた65ドルを上抜けたことで一気に上げが加速した。まぁ、ダブルボトムをつけていたので材料がないと上がり安いのも事実なので、そうかな、という気もするがでもちょっと上がりすぎの気もする。

 非鉄金属市場は朝方から利食い売りが先行。軟調に推移していたが、夜間の米消費者信頼感指数が好調な内容であったことなどから支えられ、下げ渋る展開となった。

 今日はFOMCで25bpの利上げが予想通り実施され、先々も追加利上げの可能性について言及されたことから投機資金の流動性の低い市場からの退場、が発生する可能性が高く、一旦下値を探ると考える。ただ、夜発表の統計はブルな内容になる見通しであり、NY時間に掛けては反発する動きになるのではなかろうか。

(ひとりごと)

隣で働いているS君。ナイジェリアのオバサンジョ大統領は女だと思っていたらしい。
「名は体をあらわす?」

 さて。世の中のイナバウアーブーム、WBCネタで完全に消えてしまった。荒川静香ファンの私としては非常に残念であるが、まあ世の中のブームとはそんなものだろう。
でも、荒川選手のイナバウアーの影響で、今公開している「エミリーローズ」のテレビコマーシャル、悪魔に取り憑かれるエミリーがイナバウアー並に反るシーンが「余りにも怖い」との理由で放送中止となっていたが、どうも期間限定で復活するらしい
(公式サイトはこちらから↓)

 http://www.sonypictures.jp/movies/theexorcismofemilyrose/site/

 反るだけなら怖くないんですが、実際に夜中にそういった光景を目の当たりにすると非常に怖い、ということを皆さんご存知だろうか。

 とある夜、私は金縛りにあって死ぬほど苦しんだ。数分間煩悶した後、目が覚めてほっとし、隣を見た。
 そこには通常カミさんが寝ているはずなのだが、高さ60センチほどの見たことのない生き物が!!!

 「助けて!!!」

 思わず叫び声をあげた。

 が、良く見るとカミさんがブリッジをしているだけだった。

 ...筋トレが趣味なのは知っているが、頼むから夜中までやらないでくれ。

 本当に怖かったんですよ。
 もしそれがカミさんではなく荒川静香だったとしても、夜中に暗闇でイナバウアーをやっているのを起き抜けに目撃したら、ものすごく怖いと思う。

 ということで、今日はこのへんでお終い。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年3月28日 (火)

吉野家のインド人

(市況)

 原油・石油製品市場はいってこい。中国の国内石油製品価格引き上げ報道、中国の2月の石油製品需要が前年比+4.4%となったこと、ペトロブラスがテキサス製油所のキャパシティを150KBD(+50KBD)に拡大すること、ナイジェリアで人質が解放されたが「攻撃は止めない」とコメントされたこと、等、結局消化しきれない材料が提供されたが基本的にはFOMCのステートメントまちで、引けベースでは大きく変動することはなかった。

 石油製品も10日移動平均線を挟んでの揉み合いとなった。

 非鉄金属は続伸。そもそも先週のインドネシアGrasbergの地滑り事故以来強含み推移していたが、先週末の年金資金流入の報道を切っ掛けに上昇トレンドが鮮明となった格好。FOMCで利上げに積極的な発言が出なければ、このままの水準で3月末を越すことになりそうだ。

(ひとりごと)

  近所に吉野家があるので、カミさんがいないときに一人で食べに行ったりする。牛が使えなくなっても豚キムチ丼があれば、私は吉野家で全く構わない。
 どこの吉野家でも言えることであるが、吉野家で働いている従業員、中国人が増えてきている。ごたぶんに漏れず、このお店でも中国人の女の子をバイトとして雇っていた。要は余り日本人のバイトがいない、ということである。

 ある日、吉野家に行ったところ、中国人ではなく、インド人のバイトが入っていた。今までインド人バイトは見たことがない。ところがこのインド人、

「いらっしゃいませ、ようこそいらっしゃいました!!」

 と、カタカナ日本語ではない流暢な日本語を喋る。おお、と軽い驚きを受けつつ豚キムチ丼を注文。
 それに対しこのインド人は、

「豚キムチ丼の並一丁。かしこまりました!しばらくお待ちください」

 とそつない返事。うーむ。私は日本語以外は英語しかしゃべれないが、その英語に関しても「ボビーオロゴンがしゃべる、日本語のような英語(英会話教室の先生談)」。
彼のように流暢に他国後を話せる自信はない。きっと日本でバイトしながら勉強しているんだろなぁ、偉いなぁ、と思いつつ店を出た。

 数日後、またこの吉野家に行ってみた。そうしたらこのインド人に加えて日本人のバイトがいた。簡単に言えば、このインド人に日本人の部下がついた、という状態である。ところがこの学生(推定年齢18歳前後)、たいそうこのインド人にしかられていた。

インド人  「さあ、もっと大きな声で『いらっしゃいませ』といいなさい」
学生  「いらっしゃい...」
インド人  「だめだ!もっと丁寧な言葉でしゃべらないと、お客さんに失礼だろう!!」
学生  「すみません...」
インド人  「それから挨拶をするときには、お客さんの顔を見て、にこやかに」
学生  「はい...気をつけます.....」

....うーむ。外国人に日本語を習うようでは世も末である。ちなみにこのインド人は日本で生まれた、というわけでなくどうやら留学生で間違いないらしい。
数日後、この日本人の姿はなかった。

もっと頑張れ!日本の若者。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

オーッス!!

(市況)

 原油・石油製品相場は続伸した。年金資金の流入、ナイジェリアのフォースマジュール、ExxonMobileの大型製油所のメンテナンス、といった支援材料に支えられた。

 非鉄金属は上昇。昨日までの流れを引き次いだ強い上昇トレンドが継続している。

 期末に退場すると考えていた運用資金は、年金資金の流入観測で吹き飛んでしまった格好。暫くは市場から退場しない資金になってしまったと考えられ、イラン問題の解決等の分かりやすい売り材料がなければこのままの可能性が高い。

(ひとりごと)

先週、規程の休暇を取り忘れていたために急遽休んだが、急に休むと、何もすることがないことに気づいた。
家で読もうと思っていた資料も会社に忘れてきちゃうし。

で、することがないので日々気になっていたことをネットで検索してみた。

最近お気に入りのCM。
あんまり宣伝してもしょうがないが、「オースッ!」じゃなくて、「オーフッ!」って言ってたんだ。ふーん分からなかった。

CMはこちらから↓
http://www.kirin.co.jp/brands/greenlabel/cm/index.html 

しかし、志村けん以外は似てますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月19日 - 2006年3月25日 | トップページ | 2006年4月2日 - 2006年4月8日 »