« 日経新聞商品欄 | トップページ | ザビエルと元旦 »

2006年12月29日 (金)

ゾディアック

(市況)

「エネルギーは小幅高、非鉄は上昇」      
 昨日はエネルギーは小幅上昇し、非鉄金属は一昨日の騰勢を受けて水準を切り上げたものの年末ということもあっての買い疲れか、引けに掛けて値を切り下げる展開であった。株式市場は小幅安。貴金属は引き続きイラン問題の緊迫化等を背景に上昇している。

(ひとりごと)

今日こそ仕事納めである。   
長いようで1年短かった。歳をとるごとに1年過ぎるのが早くなるのが、うれしくもあり、悲しくもあり。
 
昨晩TBSで小田和正の毎年恒例となったクリスマスの約束をやっていた。   
テーマはメッセージを伝えたい、であった。   
私も、少しでもコモディティマーケットのことを多くの人に知って欲しいと思い、このレポートを続けているが   
ちゃんと伝わっているだろうか。

さて、湿っぽい話はさておき。

来年の干支は猪。
ちなみに私は猪である。
あ、なんでもかんでも突っ込んでいく、ってわけじゃないですよもちろん。

で。

外国の人ってこの干支に凄く興味あるんですよね。
年毎に動物が決まっているのがやっぱり面白いらしい。
私の外国人の友人でこっち(アジア)で働いている人がいるんだが、3人の子持ちである。
2人が女の子、一番下が男の子。

当然、年末が近くなると、「来年の干支は何か?自分の干支は何か?」が話題に上ることがしばしばあるわけだ。
当然、インターナショナルスクールに通うこの3人も小学校・幼稚園で干支の説明を受けることになった。
で、そのことが自宅で話題になったらしい。

詳しく覚えていないが、女の子は2人は、羊と鳥か何かだった。
しかし、一番下の男の子の干支は「猪」であった。
中国では猪ではなく、「豚」である。

そのため、その男の子は相当泣いたらしい

「俺は、しょせん豚なんだ!!」

と。
いや、あのですね、そうだとすると私も豚なんですけど...。
そんなに嫌がらなくても...。
まぁ、確かに「Dragon」とか「Tiger」とかいった方がかっこいいですけどね。
でも中国では、高級な肉=豚、なのでそんなに悪くもないんですよ。多分。

と、干支のネタで今年は締めくくりたいと思います。

今年はお世話になりました。
2007年が皆様にとって幸せでかつ、すばらしい年になりますことを心よりお祈りいたします
来年も引き続きよろしくお願い致します。

|

« 日経新聞商品欄 | トップページ | ザビエルと元旦 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

親子で猪なんていいですね~
私の子供も豚になりそうです
それに「うちの豚児が」って言いますからね(笑)
ん?へりくだる表現に使うということは
やっぱり豚(猪)は格下扱いなのでしょうか・・・

投稿: よし | 2007年1月 3日 (水) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日経新聞商品欄 | トップページ | ザビエルと元旦 »