« 回り将棋-② | トップページ | ダイヤモンドは世界で一番硬い鉱物 »

2006年10月30日 (月)

バジルと室町幕府

(ひとりごと)

 非常に大きく育った我が家のバジル。どうやらかれてしまったようだ。
そもそもバジルは雑草なので、暫く水をあげずにおいて時々上げるようにしていると色と味がよくなるのでそのような運用にしていたのだが、やりすぎてしまったようだ。何事も物事はほどほどが大切だ、と言うことを実感した。
 
 思えばこのバジルも結構苦労していた。ある日突然青虫が大発生して、一夜のうちに全ての葉がなくなる、という目にあったことがあったが、そのあとカミさんの献身的な努力により、3倍近くに大きくなっていたのだが、特段大きな事件が合ったわけでもないのにかれてしまった。
 室町幕府が、誰も知らないところで滅亡したのと似ている。

|

« 回り将棋-② | トップページ | ダイヤモンドは世界で一番硬い鉱物 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 回り将棋-② | トップページ | ダイヤモンドは世界で一番硬い鉱物 »