« 坊主めくり-その① | トップページ | アジフライ »

2006年10月20日 (金)

坊主めくり-その②

(ひとりごと)

坊主めくりに関して、やはり知恵袋の方から返答がきた。
ですが、私の記憶にある「坊主めくり」のルールと若干違うような気がします。

おそらくルールに「地域格差」が発生しているため、と考えられます。
 
他人に頼ってばっかりではいけないので、一応蝉丸について得意の大辞林で調べてみた。

坊主めくりではあれだけ嫌がられる蝉丸だが、やんごとなき人の様だ。

ちなみに関が原近辺には「蝉丸トンネル」という、トンネルがあるそうです。

なんだか罰を受けそうなトンネルだが。

「蝉丸」
平安前期の伝説的歌人。宇多天皇の皇子敦実(あつざね)親王の雑色(ぞうしき)とも、醍醐天皇の第四皇子とも伝えられる。
盲目で琵琶に長じ、逢坂(おうさか)山に住んで源博雅(みなもとのひろまさ)に秘曲を授けたという。生没年未詳。

*********************
「坊主めくりルール」
よくシャッフルした札を一つにまとめ、山札とする。
各プレイヤーは山札の上から順番に1枚ずつ引く。
最終的に手元にある札(手札)が一番多い人が勝利となる。

【基本ルール】
坊主が出た場合、手札から5枚を選んで捨て札置場に送る。
台に色がついている人(色つき、天皇含む)が出た場合、捨て札置場にある札を全て手札へ加える。
女性札(色つきは除く)が出た場合、引く順番を逆転させる(ウノのリバース)。
蝉丸(後ろを向いている坊主)が出た場合、手札を全て捨て札置場に送り、さらに次の自分の順番を飛ばす。

【特殊ルール】
自分の順番のとき、山札から札を引く代わりに、特殊札を手札から捨てる(ゲームから取り除く)ことで発揮される効果を持ちます。

坊主:自分の順番を終了する(パス)。
女性:山札から札を2枚引く(基本ルールは適用する)。
色つき:指定した相手から札を1枚ランダムに奪う(基本ルールは適用する)。
天皇(名前に「天皇」と書かれている札):指定した相手から札を5枚ランダムに奪う
(基本ルールは適用しない)。
蝉丸(特殊):坊主を引いたときに手札から捨てることで、坊主の効果を無効にする。

|

« 坊主めくり-その① | トップページ | アジフライ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 坊主めくり-その① | トップページ | アジフライ »