« キチン・サイクル | トップページ | 回り将棋-② »

2006年10月26日 (木)

回り将棋-①

(ひとりごと)

この前、「坊主めくり」に関して話をしたが、その話をする中で「回り将棋」のルールも覚えていない、との声が聞かれた。
うん。確かに回り将棋はすっかりやらなくなったが、どんなルールであったか。
個人的なツテで、将棋の7大タイトルホルダーと話をする機会があったので、聞いてみた。
丁寧な方なので、答えは、

「回り将棋はあまり対局でやることはないので、ルールは知らないですね。すみません」

とのこと。

当たり前である。本将棋のタイトルホルダーに聞くべきことではない。

でも、どういうルールだったんだろう?
なおさら疑問は深まる。そもそも歩からスタートして最後は王様になるんだが、

①どういった順番で出世してゆくのか
②追い抜かれたときに、なんだか1回休みとか、2回休みとかあった気がするがそのあたりはどうなっているのか
③盤の角で止まった場合には反対側の角に飛べるとか
④振りごまに使う金将(だったと思うが)の数え方(金将が縦に立つと、10とか)とか。

誰か知っている人いませんかね?

|

« キチン・サイクル | トップページ | 回り将棋-② »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キチン・サイクル | トップページ | 回り将棋-② »