« 坊主めくり-その② | トップページ | ヒゲとカラオケ »

2006年10月23日 (月)

アジフライ

(ひとりごと)

アジフライに何を掛けて食べるべきか?

結構意見が分かれるところである。
我が家はアジフライは絶対ソースと決めている。

カラシもたくさんつけて。ああいった食べ物は、一生懸命育ったアジには非常に申し訳ないのだが、「ソースとカラシを食べるもの」と考えている。アジだけでご飯3杯、みたいな。

でも、ここでソースといったときに、実はひとつの問題が生じる。

とんかつソースにするのか?ウスターソースにするのか?

同じソースではあるが、それこそ味が違う。ものの本(美味しんぼ)によれば、世界で初めてのソースはイギリスのウスターシャーでできたものなんだそうだ。

魚肉なども入れて(おそらくナムプラーの代わり)作ったらしい。そうなると魚を食べるときには、とんかつではなく、ウスターを使うべきだ、との結論に達する。

だが、私は個人的にはウスターソースは、どんどんアジに染み込んでしまって、良くないと考えている。実験してみると分かるが、微妙にカラシにも合わない。

という話をしていると、

「いやいや、魚を食べるのにソースを掛けるやつがあるか。当然醤油だ」

といってくる人もいれば、

「いや、塩だけであっさり行きたいね」

という人もいる(ちなみに我がカミさんは塩派だったらしいが、改宗させた)。

ということで、私はパン粉をつけてあげてあるものは、全部とんかつソースを掛けている。個人的にはブルドックソース(中濃)が好きだ。

皆はどうやってアジフライを食べているのだろうか。

きっとこの話題を出すと次は目玉焼きの話になる気がする。

|

« 坊主めくり-その② | トップページ | ヒゲとカラオケ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。