« タイの楽しいご旅行は-その⑭ | トップページ | タイの楽しいご旅行は-最終回 »

2006年9月 1日 (金)

タイの楽しいご旅行は-その⑮

(市況)

「総じて上昇。テクニカルな買戻しによるものか」
昨日の商品市場は総じて上昇した。一旦底打ち感がでたエネルギーは、イラン問題が「若干」緊迫化したこともあって買い戻され、非鉄金属はエスコンディダ鉱山のスト終結の報道があったものの、金の上昇もあって総じて上昇する展開となっている。だが、明確な方向性が出ているわけではない。市場は今晩発表される米雇用統計の内容を見極めたい、と考えている可能性が高く少なくともアジア時間は方向感なく揉み合う動きになろう。

(ニュース)

・フィリピンQ206GDP 前期比+1.7%(Q106+1.1%)、市場予想+1.9%
・8月独失業率 10.6%(前月10.6%)、市場予想10.6%
・8月ユーロ圏CPI速報 前年比+2.3%(前月+2.4%)、市場予想+2.3%
※上昇が鈍化。但しトリシェ総裁はインフレリスク抑制のための手を緩めない、とコメント。
・米週間新規失業保険申請者数 前週比▲2千人の316千人、市場予想315千人
・7月米個人消費支出 前月比+0.8%(前月+0.4%)、市場予想+0.8%
・7月PCEコア価格指数 前月比+0.1%(前月確報+0.2%(速報比+0.2%))、市場予想+0.2%
・7月米製造業新規受注 前月比▲0.6%(前月確報+1.5%(速報比+0.3%))、市場予想▲0.9%
・8月シカゴ購買部協会指数 57.1(前月57.9)、市場予想57.0
※米統計数値は相変わらずまちまちの内容。但し一時期の力強い成長はやや鈍化した感あり(小職所見)。
・韓国Q206GDP改定 前期比+0.8%(UC)、前年比+5.3%(UC)

・アフマディネジャド大統領「平和的な核の開発は同国の権利」
・ブッシュ大統領「(イランが期限までに核開発を停止しなかったことで)このような挑戦的な態度は重大な結果を招く」

(ひとりごと)

嵐のピィピィ島の日程が終了し、我々の旅も終わりを迎えつつある。
帰りの船でも、ソムチャイがどうでも良い話をしてきた。

ソムチャイ 「タナカさん(←山口のことです)」
山口 「なに?」
ソムチャイ 「みてください、あちらを」

と、ふと目をやると海岸で子供と大人が貝を拾っているのが見える。

ソムチャイ 「彼らは、営利目的の、漁民です」
私 「ええ??何?」
ソムチャイ 「営利目的の漁民です」
私 「ああ、漁師か」

どうも複雑な日本語ばかりしゃべる。どこで日本語を覚えたんだろうか...。
そうこうしているうちに、プーケットについた。最後の1.5日はプーケットのステイである。
初日の夜は、オプショナルツアーでキャバレーに行くことにした。要はニューハーフのショウである。
このツアーに参加したのは、われら2人と、日本人の女の子2名。ガイドはもちろんソムチャイ。
一緒に参加する予定の女の子も「なんだか、凄い美人らしいじゃない、ニューハーフって」なんて、話をしている。

と、突然、ソムチャイが口を開いた。
相当大きな声で
ソムチャイ 「タナカさん!彼らは病院に行った!!」

??どうしたんだろう??彼らって!?

ソムチャイ 「そこで、彼らのモノを切った!!」

....全員沈黙。
皆、うなだれていた。気まずい空気が車中に流れる。
ニューハーフ、って言えば分かるよ...。

ショウの間じゅう、「彼らのモノを切った!!」が頭から離れない。
どんなショウだったかも覚えてないよ...。
とにかく、結構綺麗だった、ということしか覚えていない。
さあ、とうとう明日がタイ旅行の最終話です。お楽しみに。
(続く)
 

|

« タイの楽しいご旅行は-その⑭ | トップページ | タイの楽しいご旅行は-最終回 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイの楽しいご旅行は-その⑭ | トップページ | タイの楽しいご旅行は-最終回 »