« MI3 | トップページ | 雨の中のセミ »

2006年8月 8日 (火)

誰も使えないマッサージ機

(市況)

「上昇」
 昨日の商品市場は上昇した。米FOMCでの利上げ観測が後退する中、米アラスカのBP Prudhoe Bay油田(400KBD)のトラブルで原油価格が上昇したことを受けて、商品市場全般に買いが入ったためである。また、銅に関してEscondida鉱山でのストが確定的となったことも、商品市場を押し上げる材料となった。ハリケーンシーズン本番を控えて、「有事に対応するに充分な在庫が確保されていないこと」が露呈した格好。 

Prudhoe Bayの生産量は全米の約8%を占めており、今回のニュースのインパクトは決して小さいものではない。少なくともこの油田からの生産が回復するまではこの高値水準での推移が続くものと考えられる。
また、OPECが今回の生産停止に関して、「必要なだけ原油を生産する」、といっているが、Heavy/Sour原油が大層を占める中東原油は、現在でも売り手が見つからない状態の原油も多く、Gasoline~Distillateリッチの原油を望む欧米の石油製品生産者のニーズにマッチしない(
現に、OEPCの生産量は28MBの公式生産枠を下回る生産しか行っていない)。

そのため、確かに400KBDの生産不足を補う原油供給能力はあると考えられるが、その原油が望まれる原油なのかどうかは些か疑問である。このように、トラブルがあった場合に相場が上昇しやすい地合いにある以上、ハリケーンやイスラエル・レバノン、ナイジェリア、イラン問題の長期化といった不確定要素が山積している状況下、Q306は基本的には強い、と考えておくべきであろう。

(ひとりごと)

夏がくれば思い出す。学生の頃の夏合宿を。

私が学生の頃、群馬県のMカントリーというところで合宿をやっていた。
そのとき決まって泊まっていたのが「M山荘」という、ゴルフ場が経営してるんだか、契約してるんだか不明の、非常に微妙な宿があった。
大体、1年生は大部屋に寝泊りするのだが、この部屋に「誰も使うことの出来ないマッサージ機」があった。

ほら、皆さん、どんなマッサージ機か、興味津々でしょ?
今いろいろ考えてますよね?

そこのマッサージ機の上の張り紙にはこうあった

「一人以上乗らないで下さい」

.....誰も乗れません。
誰も乗らず、触らず、そっとしておかなければならないマッサージ機なのです。

|

« MI3 | トップページ | 雨の中のセミ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MI3 | トップページ | 雨の中のセミ »