« ナンパの日-その② | トップページ | 溺れる-その① »

2006年7月12日 (水)

ナンパの日-その③

(市況)

「上昇。株価の安定を背景に期初のファンド買いか」
 昨日の商品市場は上昇した。特段新規の材料があったわけではないが、期初のファンド買いが入ったものと推測される。

このことについても今後発表されるCFTCの建玉をチェックして見ないと分からないが、少なくともQ306はエネルギー・非鉄とも強いと見ている市場参加者が多いと考えられる。尚、昨日インドでテロ攻撃が発生したが、有事の金買いを誘い、非鉄金属価格を連れ高にした可能性はあるものの、直接的にエネルギー・非鉄金属市場に与えた影響は限定されていると見ている。
いずれにせよ、ここまで価格水準を押し上げてきた年金資金がこのタイミングで退場するとは考えられず、しばらくは現状の水準での調整的な取引が中心になるものと考えられる。

(ひとりごと)

読者の方から返信が来た。
面白いので承諾を得た上で、公開します。
*********
ある時、友人が「俺のナンパテク見せたるわ。」といって雑踏に向かって
突っ込んでいったかと思うと、
いきなりすれ違いざまの女性の腕をつかんで
友人 「飲み行こ」
女性 「訴えるわよ」
成功するわけがない。。。

京都にはナンパしたい男性とナンパされたい女性の行く店(バー)がありました。
必ず男同士、女同士で行き、気に入った人がいれば場所を変えて飲むというものです。
探す時間もお金も節約できるので、大変人気でした。

店は流動性を提供して、Feeを取る(つまり出会うまでの飲食費)。
ある意味取引所ビジネスです。

|

« ナンパの日-その② | トップページ | 溺れる-その① »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナンパの日-その② | トップページ | 溺れる-その① »