« UFO | トップページ | カービングは危険なスキー板-その① »

2006年6月26日 (月)

やっぱりUFO見たことありました

(市況)

週末の商品市場はまちまちの展開。

目立った材料がない中、週末に向けてのポジション調整の取引が中心となった。但し、FOMCでの連続利上げ観測でドルが強い中、金との関連性の高い非鉄金属は上値を押さえられる展開、Lake Charlesの製油所が原油供給の途絶によって停止していること等を背景として製品価格が高止まりのエネルギーはしっかり、といった展開であった。
いずれにしても今週末のFOMCのステートメントを受けて、2006年の下半期初となる7月にファンド勢がどういった動きを見せるかが最大のポイントとなる見込みである。今までのように「前期のパフォーマンスが良いコモディティ」というよりは、「調整幅の大きかったコモディティ」が物色される可能性が高いと見ている。

(ひとりごと)

UFO、私一回も見たことがない、といったが間違いであった。
実は18歳のころ(もう17年も前)、河合塾の「自習室」で勉強をしていたときのことだ。

あのころはひたすら「赤本」で過去問題をやっていたのだが、さっぱり分からなくなって一旦中断。
ふと窓際に歩いた。
そこから東京ドームが見えたのだが、東京ドームの上空に、何かしら丸いものが浮かんでいる。

形は中央がすこーし膨らんだバームクーヘンの輪切りのような形。
色は白色で、黒い○印のような窓がついていた。
相当大きい。
よくよく見てみると、向かって右から左に時計回りに回転している。

UFOだ!!

と思った。
隣にいた友人は、「いや、後楽園のタワーじゃないの?」といっていたが、タワーはUFOと思しき物体の左側に見えている。
確かにUFOである。
友人と顔を合わせ、「アドバルーンだろうか?」という話をしてもう一回見たところ、忽然とその物体は消えていた。

17年前の後楽園のそばです。誰か見た人いますでしょうか?

という話を陶芸教室でしたところ、教室に習いにきている青年が小学生のころ、学校の校庭にフットボール大の光る物体が
忽然として出現、ものすごい熱を発しているのを友人と発見したことがあるらしい。
ここから先が笑えるが、ものすごい熱を出しているのでヤカンでどんどん水を掛けたんだそうだ。
でも、その発光物体はその水を全て吸収。
怖くなって大人を呼びに走ったその間に、消えてなくなったらしい。
但し、そのUFOらしきものがいたところは真っ黒に焼け焦げていたという。

|

« UFO | トップページ | カービングは危険なスキー板-その① »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。