« 麦茶 | トップページ | 人生五十年 »

2006年6月 2日 (金)

半そでシャツ

(市況)

昨日の原油・石油正製品相場は下落。10日移動平均線まで下落して引けた。米在庫が予想を上回る増加となったことが嫌気された様子。取引序盤はValeroのCorpusでの火災(163KBD)を受けて製品主導で上昇したが、統計で在庫が増加したことから売られた。

但し、昨日の統計で注目すべきは製品需要の回復。この高値にも関わらず、ガソリン、ディスティレートの需要はしっかりしている。このまま夏場に突入するとやっぱり供給は足りないかも。尚、カラカスで開催されたOPECミーティングでは28MBDの現状の生産枠維持を決定。

非鉄金属は、金主導で売り込まれやすくなっている地合いが継続。ドル高→金安→非鉄金属安の流れとなっている。下落、といっても4月からの価格上昇が急過ぎたことによるコレクション、と考えるべきだろう。

今後も引き続き株式市場動向に注目したい。

(ひとりごと)

6月に入って、軽装の人が増えてきた。
まさに夏到来である(寒いけど)。
皆、ネクタイを外し、半そでシャツで上着も着ないで通勤している。
一方私はどうか?
私は長袖のシャツを着て、スーツを着て通勤している。
実は私、半そでのワイシャツを1着も持っていない。
私が会社に入社した13年前。普通の預金窓口に配属されていた。
そのときの課長は非常に温厚な人であった。
だが、温厚=無口、なケースが多い。正直入社してからの1ヶ月、課長とは2~3回しかしゃべっていなかった。
とある夏の日、彼が突然私をビアホールに誘ってくれた。その頃の私は、今の通り社会人としてなっていなかったので、半分説教が目的であったやに記憶している。
いろいろ言われたが、あまり多すぎて覚えていない。
会も終盤に差し掛かり、そろそろ終わりかと思ったそのとき、課長が突然こういった。

課長「おまえ、夏だけど、半そでのシャツは持っているのか?」
私「いえ、まだ買っていませんが...」
課長「そうか...」

と、言いながら遠くを見つめた後、私の指と腕を見ながら、

課長「おまえは、半そでシャツは着ないほうがいいな」
私「は?」
課長「毛むくじゃらすぎる」
私「....」

その一言は、新入社員の胸を深くえぐった。
それ以来、半そでのワイシャツを買ったことはない。

|

« 麦茶 | トップページ | 人生五十年 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33580/2036195

この記事へのトラックバック一覧です: 半そでシャツ:

« 麦茶 | トップページ | 人生五十年 »