« 伝説のサムライ | トップページ | 女性とワリカン »

2006年5月 9日 (火)

表参道ヒルズ

(市況)

原油・石油製品相場は下落、というより全商品が下落した。足元急速に進行するドル安を嫌気して、「更にドル安に進む可能性」を懸念した投資家の一部が、ドル資産手仕舞いを行ったためと考えられる。

原油・石油製品市場固有の材料では、アフマディネジャド大統領が「国際問題を解決するための新たな提案」を記した書簡をブッシュに送ったことで、核開発問題進捗の期待感が高まったこと。これにより下落した側面も否めない。

でも、書簡を開いてみたら、「ブッシュよ、国際問題を解決するため、直ちに地獄に行くがよい」とか書いてあったりして...そしたら暴騰するんだろうな。

(ひとりごと)

行ってみました表参道ヒルズ。今度はちゃんとオープンしていた。
個人的には、六本木ヒルズよりも良い感じ。小ぢんまりとして。
だけど、お店は知らないのばかり。いろいろ見てみました。

その中に、ワインショップがあってふらりと立ち寄ったら、面白い仕組み。
入り口でワインカードを購入し(2,000円~)、好きなワインを20ml~ボトル単位で飲むことができるようになっている(すみません、名前忘れた。でも地下1階)。
高価なワインも置いてあり(コントラフォンのムルソーとか、オー・ブリオンとか。オーパスワン2002年もあった)、飲んでみて気に入ったらそこで購入することができる。イメージ、デパ地下の食品売り場のワイン版、といったところか。。
海外ではこういったスタイルのお店が既にあるらしいが、日本では初めて見た。
ワインに興味があれば、是非、行ってみる事をお薦めする。
そこで簡単なつまみ(生ハムとかチーズとか)も食べられるみたいだし。

そのお店のワインの中に、Daniel Schusterというニュージーランドの作り手が作っているワインが置いてあった。
私の友人が懇意にしているワイナリーのワインである。日本には最近入ってきたばかりなので、初めて見た。
で、ちょっと高かったがこういうものは出会いの物なので、2種類購入(2004年)。
友人曰く、「今飲んでも美味しいが、できれば3年間はセラーにおいておいて欲しい」、とのこと。
彼が帰国したら、是非一緒に飲んでみたい(でも、1本は我慢できずにすぐ飲んじゃうんだろうなぁ)。

ふらりと出かけると、こういうものとの出会いもあって、いいものだ。

(たまにはオチのない日もあります。すんません)

|

« 伝説のサムライ | トップページ | 女性とワリカン »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33580/1733284

この記事へのトラックバック一覧です: 表参道ヒルズ:

« 伝説のサムライ | トップページ | 女性とワリカン »