« バジル | トップページ | 小田和正と腰 »

2006年5月12日 (金)

名前入りの果物

(市況)

すごく更新遅くなりました。

昨日の原油・石油製品相場はまたしても上昇した。米統計でガソリンを初めとする製品の需要が堅調である中、ConocoPhillips Bayway製油所(263KBD)、Valero St Charles製油所(190KBD), Texas City製油所(243KBD)の稼働率低下、といった報道がされたことや、米利上げが一旦打ち止め、との見方が強まったことから買い進まれた。

非鉄金属も上昇。中国政府が非鉄金属備蓄は「将来の青写真」と発表し、価格上昇に歯止めを掛けようとしたが、下げ局面では見透かされたような買いが入り、上昇。銅は最高値を更新、亜鉛はとうとう場中で4,000㌦をつけるに至っている。

「誰が初めに市場から退場するのか?」まさにチキンゲーム。

「いつ下がるのか」の「どこまで上がるのか」の予想は殆ど意味がなくなってきている。

しかし、ここまで価格が上がって最終商品価格が上昇しているのだから、各企業もデリバティブ、導入すればいいのに。

(ひとりごと)

祖母と父の会話。

父 「これからは食べ物が美味しい季節になる」
祖母 「そうね」
父 「スイカ等も美味しくなる。これからの時代は名前のついたスイカを買うべきだ」
祖母 「ええ!あなたの名前が書いてあるスイカが売られているの!?」

いえ。違います。食べる人の名前じゃないんだよ。作った人の名前なんだよ。

PS
バジルもどきは未だ小さいまま。自分の心の中では、雑草疑惑への思いが強まっている。

|

« バジル | トップページ | 小田和正と腰 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33580/1771883

この記事へのトラックバック一覧です: 名前入りの果物:

« バジル | トップページ | 小田和正と腰 »