« 無免許で高速を走った話-その1 | トップページ | 無免許で高速を走った話-最終回 »

2006年4月27日 (木)

無免許で高速を走った話-その2

(市況)

昨日の原油・石油製品相場は下落。米統計でガソリン在庫の減少幅が市場予想を下回る小幅な減少に留まったことが切っ掛け。今日の夜にバーナンキ議長のコメントもあるし、あえてニューロングを取りに行く動きもなく、当然といえば当然の結果であった。

一方、非鉄金属、特に銅は上昇。ファンダメンタルは引き続き強い。心理的なレジスタンスである3,500㌦を上抜け出来なかった亜鉛はテクニカルに売られた。だが、オーストラリアのBHPビリトンCannington Mineがメンテナンスの影響で、2006年の残りの期間の生産が20%程度減少する見込みである、と発表するなど新たな供給不安材料が出てきた。

非鉄金属の上値のメドがどこか?を言い当てることに殆ど意味がなくなってきた気がする...。

ちなみに一昨日、ジム・ロジャースが講演会で、「ソフトコモディティは上がるぞ。俺の娘にはオレンジジュースを買わせている。原油は200㌦まで上がる」といっていた。いつも同じこと言ってるんだけど、ポジショントークしまくりだ。そんなことして、いいのかなぁ...

(ひとりごと)

さて昨日の続きです。好きなこと話すために、お菓子を持って後ろの車に。
好きな子がいます。
お菓子を渡しました。
喜んでもらいました。
車が動き出しました。
「待って!!!」
といっても、無常にも車は何百メートルも前に。
その頃、携帯電話ないんですよ。財布も車においてきてしまったわけですよ。

で、私に残された唯一の選択。

「走る」

ですよね。やっぱり。
ってか、これしかないし。

ひたすら走りました。
ゴールデンウィークの高速道路を。
ほぼ半泣きで。
そしたら、いるんですね。地獄に仏って。

走ってる私の横を並走する1台のトラックが。
運転手が声をかけてきます。

「おーい、兄ちゃん!どうしたんだー!!」

はっと思って横を見る私。
そこには白いタオルを頭に巻いた(今で言えばラーメン屋の店員風)のお兄さんが。

運ちゃん  「何で走ってんだー!!」
私  「渋滞で車の外にいたら、急に流れ出したんです!!」
運ちゃん  「そうかー」

ひょっとして拾ってくれるのか....?

運ちゃん  「頑張れよー!!」

ええッ!!! Σ( ̄ロ ̄lll)
何にもなし!?

私は無事に東京に戻ってこれるんでしょうか...。

続く。

|

« 無免許で高速を走った話-その1 | トップページ | 無免許で高速を走った話-最終回 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33580/1589917

この記事へのトラックバック一覧です: 無免許で高速を走った話-その2:

« 無免許で高速を走った話-その1 | トップページ | 無免許で高速を走った話-最終回 »