« イナバウアー | トップページ | ラーメンのチャーシューと般若 »

2006年3月 9日 (木)

もてたければシャム猫を

(市況)

 原油・石油製品相場は下落。OPECが予想通り生産枠を据え置いたこと、米統計で原油在庫が著しい増加となったこと、金融政策決定会合を見極めたいとする動きがでたことが背景だ。だが、イラン問題は片付いておらずおそらく今週のどこかで底をうって、来週以降また短期的に上昇することになるんだと思う。日銀の金融緩和解除も、市場の予想の範囲内だったし。

 非鉄金属は原油に比べてしっかりしてる。との印象。年初の急騰を受けて変えなかった実需組みが押し目買いをこまめに入れている様子。ファンダメンタルズから乖離して価格が高いのはみんな分かっていること。投機マネーは各国金融政策が変更(引き締め)去れなければ、アセットアロケーションの観点から商品市場から退場しないだろう。多分。

(ひとりごと)

  「イナバウアーは稲葉さんが開発した技」と思っていた人が意外に多く、びっくりしている。

 そうだとすると「稲葉ウアー」になるわけで、そう思っていた人々は「ウアー」のところをどう解釈するのだろうか?

 稲葉さんが反るときに「ウアー」と声を出してしまったから??

 さて。日銀の量的緩和解除の話が取りざたされている。そもそも量的緩和も、目詰まりを起している資金の流れを潤滑にするべく、資金供給を大量に行うという目的の元に実施された政策だ。

 どれほど効果があるか分からない、といわれていたが実際効果はあったようである。
 
 全然話は変わるが、「悪い人」といったときに、どういう人を想像するだろうか。
私のチームでは、「部屋でガウンを着て、ブランデーグラスを手に、地球儀をまわしながら、シャム猫をなぜている人」が悪い人のイメージ、ということになっている。

 地球征服を企む金持ち、のイメージですな。
 

 さらに話は変わるが、この前昼飯を食べているときに、「どういう男がもてるのか」という議論になった。

 今、世の中は「ちょいワルおやじ」がブームだ。即ち、「悪い」ということがもてる要素になっているといってよかろう。

 つまり、もてたければ「悪くない人は、何とかして悪くならなければならない」のである。

 で。ここで日銀の量的緩和が役に立つ。つまり、「どういう効果があるか分からないけれど、とにかくやってみる」ことが重要なのだ。

 よって、当チームでは、

「もてたければ、シャム猫、ないしはガウン、地球儀、ブランデーグラスをまず買ってみること」

から始めよう。という結論に達した。三段論法的には、きっと正しいはずだ。

ちょっともてたい、と思っているあなた。さあ、シャム猫を買いに行こう。

|

« イナバウアー | トップページ | ラーメンのチャーシューと般若 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しませて頂いています。初めてのコメントです。
シャム猫、ガウン、地球儀、ブランデーグラスで完全に絵が出来上がりましたが、そこにちょっとヒゲ(ちゃんとお世話してる感じの)、葉巻、そして忘れてならないのは毛深い腕とスネではないでしょうか。
意外なところでプロピアがちょい悪オヤジに人気が出るかも。ないか。

投稿: Kong | 2006年3月14日 (火) 15時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33580/970652

この記事へのトラックバック一覧です: もてたければシャム猫を:

» 悪抜けかな、でも上がりすぎかもね [素人個人投資家の投資観察日記]
量的緩和解除で悪抜けしたようです。 昨日か、あるいは今日の朝一が買い時だったでしょうね。 [続きを読む]

受信: 2006年3月 9日 (木) 20時12分

» 師匠の教え [投資の鎧]
ライブドア問題や日銀の金融政策の転換で株にも影響がでていますね。そんな中、週末に株式投資の講義をしてくれている師匠が投資の心得を教えて下さいました。 [続きを読む]

受信: 2006年3月11日 (土) 09時33分

» 「量的緩和解除」の意味と今後の株式市場 [できる!株式投資で目指せ!3年以内に2億円!]
昨日、日銀は2001年3月から実施した「量的緩和政策」を5年ぶりに解除しました。 3月7日のブログに説明しておきましたが、一般的に悪材料が予測できる場合は、予め相場はその材料を織り込みつつ推移します。そして、その悪材料が発表された時点では、「折込済み、アク抜け」でそこまで「グズグズしていた相場」は昨日のように大反発することが多いのです。... [続きを読む]

受信: 2006年3月11日 (土) 12時52分

» 「量的緩和解除」の意味と今後の株式市場 [できる!株式投資で目指せ!3年以内に2億円!]
昨日、日銀は2001年3月から実施した「量的緩和政策」を5年ぶりに解除しました。 3月7日のブログに説明しておきましたが、一般的に悪材料が予測できる場合は、予め相場はその材料を織り込みつつ推移します。そして、その悪材料が発表された時点では、「折込済み、アク抜け」でそこまで「グズグズしていた相場」は昨日のように大反発することが多いのです。... [続きを読む]

受信: 2006年3月12日 (日) 18時16分

» 株価は必ず元の鞘(さや)におさまる。この習性を利用しない手はない! [できる!株式投資で目指せ!3年以内に2億円!]
株価は底値から上昇バイアスに乗って上がり始め、ある一定期間を経て再度下がり始めて元の底値に戻ってく習性があります。投資家全般に言えることなのですがどんな銘柄を買うにしても多少は前の高値や安値が気になるものですね・・・。 [続きを読む]

受信: 2006年3月16日 (木) 14時42分

» 決定版!知らないと損する金融機関の常識・非常識! [徹底リサーチ!使える情報大百科事典]
株式・為替・年金・税金・不動産投資・デリバティブ・投資信託・ファイナンシャルプランニング・保険・マーケットなど今が旬の有益なマネー情報が満載!あなたに必要な情報がきっとここで見つかります。 [続きを読む]

受信: 2006年4月18日 (火) 14時15分

» もてる方法 [もてる方法]
極秘のもてる方法教えます [続きを読む]

受信: 2007年5月 4日 (金) 00時50分

« イナバウアー | トップページ | ラーメンのチャーシューと般若 »