« ヒルズ(2月7日分) | トップページ | 歳をとるって »

2006年2月 8日 (水)

スポーツ心臓

(市況)

原油・石油製品相場は大幅に下落した。イラン問題が3月まで棚上げになったことから、目先の需給環境を見直す動きが出たためだ。但し期先の価格は将来のイランからの供給途絶懸念で余り下がっていない。イラン問題が収束するまでは、それほど下がらない、というのが私の見方だがさすがに市場も買い疲れ感が出たのだろうか。

非鉄金属も大幅に下落、10日移動平均線まで下落するメタルが相次いだ。米株式市場が下落していることもあり、イラン問題棚上げを価格に織り込むべく、手仕舞い売りが急速に入ったためと考えられる。でも、すごく下がった、といってもこのレベルである。逆に一旦あく抜きされたので上昇する地合いが整った、とも言える。早速今日は買戻しが入ってアクセスベースでは上場しているし。

(ひとりごと)うちの実家の犬は運動が好きだ。

マルチーズなんだが、走るのが好きで、動物病院の先生曰く、「犬にしては珍しい、スポーツ心臓の犬ですよ」とのこと。

スポーツ心臓の犬って、この世にいたんだ。確かに彼の走りは尋常ではない。この前旅先で買ったお土産のブタのぬいぐるみがお気に入りで、こいつを与えると彼の野生の本能が蘇るのか、本当に「狂った」という言葉がピッタリなぐらい10分近く全力疾走で家中を走り回る。

そして、しまいには吐く。

吐くまで走る犬も余り、というか、まったく見たことがない。

吐くまで運動していた高校時代。実はブタを咥えた犬と、同じことをしていたんだと思うと、悲しい気持ちになった。

|

« ヒルズ(2月7日分) | トップページ | 歳をとるって »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33580/646850

この記事へのトラックバック一覧です: スポーツ心臓:

« ヒルズ(2月7日分) | トップページ | 歳をとるって »